【抜け漏れ防止】冬キャンプの持ち物リスト|初心者おすすめの入門装備

冬キャンプの持ち物リスト

冬キャンプに行く際の「持ち物」で悩んでいます。とりあえず何を持っていけばいいのかな?「優先順位」や経験者の「持ち物リスト」がわかると参考にできるのにな…。

こんな疑問にお答えします。

✔この記事でわかること

ポイント
  • 経験者の持ち物リストを参考に「抜け」や「漏れ」を確認できる
  • 冬キャンプ初心者に必要な「持ち物」がわかる
  • 必要な「理由」もわかるので、状況にあった持ち物が選べる

「キャンプ場で寒くないか心配だな…」

冬キャンプの準備をする中で、誰もが思う不安です。

なぜなら、

キャンプ場で「寒い!」という状況になっても、山奥のキャンプ場では「荷物」を取りに戻ることは難しいからです。

そのため、事前にしっかりとした準備が必要です。

そこで今回は「冬キャンプで失敗したくない」という人に向けて、

経験者が必ず持っていく「持ち物リスト」をご紹介。

この記事を読めば、足りない装備に気づけるので、キャンプ場で困ることがありませんよ。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

スポンサーリンク

【抜け漏れ防止】冬キャンプの持ち物リスト|初心者おすすめの入門装備

冬キャンプの必需品

まずは、私が冬キャンプで「必ず持っていく持ち物」を紹介します。

それはこちらです。↓

経験者の持ち物リスト
  • テント
  • コット
  • シート 
  • 銀マット
  • マット
  • 冬用シュラフ
  • シュラフカバー 
  • まくら
  • 石油ストーブ
  • ガスストーブ
  • 一酸化炭素チェッカー
  • ブランケット
  • 電気カーペット
  • 電気毛布
  • 延長コード
  • 毛布
  • ラグ
  • 湯たんぽ

結構ありますよね?

ですが、リストだけでは「必要な理由」や「効果的な使い方」がわかりません。

そのため、ちょっと長くなりますが、ここから詳しく解説していきますね。

冬キャンプの持ち物①:テント

テント

テントはキャンプの必需品ですが、冬キャンプとなると大切なポイントが2つあります。

  •  ポリコットン素材
  •  スカートつき

この2つの冬用装備があることで、保温性能が向上するので、暖かく眠れるのです。

しかし、

今持っている「3シーズンテント」で冬キャンプはできないのかな?

という疑問もあるかと。

結論:「3シーズンテント」でも冬キャンプはできます

基本的には、石油ストーブなどの「冬用装備」を揃えると暖かくすごせますね。

そのため、きちんと準備をすればテントを買い直す必要はありませんよ。

冬キャンプの持ち物②:コット

コット

コットとは「簡易ベッド」のことです。

コットを使うと、地面と寝床の間に空間ができるため、地面からの「底冷え」を軽減できます。

そのため、私はソロキャンプの時には必ず持っていきますね。

もちろん、

コットは高いから買いたくないな…。

という意見もあるかと。

たしかに、ソロキャンプならまだしも、家族分のコットを買うとなるとお金がかかります。

ですが、そんな方には下記の3つの方法がおすすめです。

  • マットを2重にする
  • エアーマットを使う
  • 電源サイトを使う

一番コスパが高いのは「マットを2重」にする方法ですね。

しかも、「無料」のダンボールを利用する方法もあります。(ゆるキャン△でも解説してましたね)

そのため、

「できるだお金をかけたくない!」

そんな人におすすめの方法ですよ。

 ▶【コットなしの条件】冬キャンプで暖かく眠る3つの方法【無理は禁物】

冬キャンプの持ち物③:シート 

コット組立

 シートは、

  • テントのグランドシートを汚したくない
  • 地面がビチャビチャで汚い

こんな時に、浸水しないように何枚か重ねて使います。

 私が使っているのは、こちらのシートですね。

正直、シートは一番下に敷くものなので、何でもいいです。

ですが、

ブルーシート」はおすすめしません。

素材自体は何も問題ありませんが、鮮やかな青色が悪目立ちして、サイトの雰囲気を壊してしまいます。

なので、グリーンシートのようにできるかぎり「目立たない色」がいいですよ。

冬キャンプの持ち物④:銀マット

銀マットは、寝床の「保温効果」を高めるために使います。

私の場合は、家族で「電源サイト」を使用し、電気カーペットを使う際にその下に敷いています。

ちなみに、銀マットのよくある質問として

銀側の面」はどっちに向けたらいいのかな?

といった質問があります。

結論:冬は銀側の面が「上」です。

基本的には、「温度が高い方」に銀側を向けることで、温度が反射して保温効果を高めます。(夏は逆になります)

たとえば、お風呂の保温シートと一緒ですね。

暖かいお湯の面に銀側を向けることで、温度が反射して保温効果が高まります。

おすすめの商品はこちらですね↓

詳しくは「【結論:厚さ8mm以上】冬キャンプでおすすめの銀マット6選」でおすすめ商品をまとめていますので、興味がある方は参考にして下さい。

冬キャンプの持ち物⑤:マット

マットには、

  • 「寝心地を高める効果」
  • 「地面からの底冷えを防ぐ効果」

この2つの効果があります。

ただし、

そもそも、コットを使うなら「マット」はいらないんじゃないの?

と疑問に思う方もいるかと。

たしかに「他の季節」ならその通りなのですが、「冬キャンプ」では事情が少し異なります。

なぜなら、

冬にコットを使うと、コットと地面の「すきま」に冷気が入り込んでしまい、それはコットの布一枚では防げないからです。

そのため、マットを使うことで、この冷気を遮断するのです。

ちなみに、私が使っているのはこちらのマットですね。

冬キャンプの持ち物⑥:冬用シュラフ 

シュラフ

冬用シュラフとは、羽毛で作られたシュラフのことです。

軽量でコンパクトになり、冬でも暖かく眠れます。

しかし、冬用シュラフは高額なのがデメリット。だいたい3万円以上はしますね。

この「3万円以上する冬用シュラフを購入する」ことが、冬キャンプのハードルを上げている要因のひとつです。

私も冬用シュラフを買う時は本当に悩みました。

しかし、

冬用の羽毛シュラフは「10年は使える」ので、長い目でみればそこまで大きな出費ではありません。

また、10年使えるとなると、もはや「相棒を誰にするのか?」といった重要な問題なので「失敗しないシュラフ」を確実に選びましょう。↓

▶【失敗しないシュラフ特集】冬キャンプおすすめの冬用シュラフ/寝袋10選

もちろん、

でも、まだ最初なので、長く続けるか分からないから「冬用シュラフ」には手を出せないな…。

そう思う方もいらっしゃるかと。

それなら「3シーズンシュラフ」でも冬キャンプができる方法がありますよ。

基本的には服装と一緒で、3シーズンシュラフの上に「重ね着」をすることで、保温効果を高めることができるのです。↓

▶【組合せの科学】冬キャンプを3シーズンシュラフで過ごす方法

冬キャンプの持ち物⑦:シュラフカバー 

シュラフカバーは、冬用シュラフ(羽毛)の上にかぶせて使う装備です。

実は、とても暖かい冬用シュラフ(羽毛)にも弱点があります。

それが「濡れ」です。

そもそも羽毛シュラフが暖かいのは、羽毛が「空気」をまとって膨らむことで「保温効果」を高めるからです。

ですが、羽毛が濡れてしまうと空気をまとえなくなり保温効果がガタ落ちします。

たとえば、晴れた日に「羽毛布団」を干すと、その夜はふわふわで暖かく眠れますよね?

あれは、羽毛布団の中の湿気(水分)が抜けることで、より羽毛が空気をまといやすくなり、保温効果が上がるからです。

したがって、この「濡れ」を防ぐために「シュラフカバー」が必要になります。

ちなみに、私が使っているのがこちらのシュラフカバーです。

大人気「ナンガ」のシュラフカバーで値段もそこまで高くないのでおすすめですよ。

もしくは、

シュラフカバーも必要なの?そんなにたくさん買えないよ…。

という方は、

お持ちの「3シーズンシュラフ」(化繊)でも代用できますよ。

じつは、「化繊の3シーズンシュラフ」は濡れに強いので、シュラフカバーの代わりになるのです。

ちなみに、私はこちらを使っています。↓

冬キャンプの持ち物⑧:まくら

まくらは、寝心地を向上させるために必要な装備です。

私も最初は、丸めた衣服を枕代わりにしていたので

「無くてもいいかな?」と思いましたが、次第に首が痛くなってきたので、やはり「あった方がいい」です。

おすすめはこちらのアイテム。

冬キャンプの持ち物⑨:石油ストーブ

石油ストーブ

石油ストーブは、冬キャンプ定番の「暖房器具」です。

持ち運びは少し大変ですが、

  • 家で使い慣れている
  • 単純に暖かい

こういった特徴がおすすめの理由です。

私はいつも家族と行く時にはこちらを持っていきます。↓

ただし、石油ストーブには「注意点」があります。

それは、

ストーブの目安サイズ(例:6畳用)は、実際のテントよりも大きいサイズを選びましょう。

ということです。

なぜなら、

ストーブの目安サイズはあくまでも、室内が前提なので、外の冷気がはいる「野外」のテントでは、それ以上の「火力」が必要なのです。

ちなみに、ツールームテントなどの大型幕では火力6.00kwあると安心ですよ。

その他の石油ストーブの正しい「選び方」は、こちらで解説しています。↓

▶【結論:火力重視】冬キャンプおすすめ石油ストーブ5選+正しい選び方

冬キャンプの持ち物⑩:ガスストーブ

ガスストーブ

ガスストーブは、もっとも手軽な暖房器具です。

持ち運びが「かんたん」なので、ソロキャンプにもピッタリ。

ただし、ガス暖房は「火力が弱い」というデメリットがあります。

そのため、多くのキャンパーは、

ガスストーブを手や足を暖めるための補助暖房として使います。

私も家族で使う場合は「補助暖房」として使っていますね。

ちなみに、私が使っているのがこちらです。↓

OD缶ひとつで使えるので、とても便利ですよ。

「おすすめのガスストーブ」はこちらの記事にまとめています。↓

▶【高評価ガスストーブ】冬キャンプおすすめのガス暖房7選【ソロ必須】

冬キャンプの持ち物⑪:一酸化炭素チェッカー

一酸化炭素チェッカー

一酸化炭素チェッカーはテント内でストーブなどの火気を使用する際に使います。

一酸化炭素ってよく聞くけど結局なんなの?

一酸化炭素とは、燃料(薪、ガス、石油、ガソリン)を燃やすことで発生する「有毒ガス」です。

基本的に、火が出ている煙には含まれていることが多く、少量であれば吸い込んでも問題ありません。(なので「たばこの煙」や「焚き火の煙」にも含まれます)

また、

一酸化炭素は「無味無臭」なので、人間は頭痛などの症状が出るまで、気づくことができません。

そのため、一酸化炭素チェッカーが必要なのです。

ちなみに、

私は一酸化炭素中毒になりました。

どんな「状況」で一酸化炭素中毒になるのか?

私の失敗を反面教師にして下さい。↓

▶【こうして私は一酸化炭素中毒になりました…】冬キャンプでの大失敗

冬キャンプの持ち物⑫:ブランケット

ブランケットは、万能なアイテムです。

焚き火で肌寒くなった時に、ひざ掛けにもなりますし、シュラフの中に入れると、さらに暖かく眠れます。

私が昨年購入して大満足したブランケットがこちらです。

普通に使ってもいいのですが、ベルトがついているので、スカートとしても使えます。

これがあると「焚き火」の時でも下半身が寒くないのです。

その他の「おすすめブランケット」はこちらでまとめています。↓

▶【おしゃれ度NO.1】冬キャンプにおすすめのブランケット6選

冬キャンプの持ち物⑬:電気カーペット

電気カーペットは、冬キャンプが初めての方におすすめです。

特に「家族分のコットを買うには予算が足りない…」という人におすすめしたい装備ですね。

ただし、

電気カーペットを使うということは、必然的に「電源サイト」の利用が前提です。

電源サイトとは、家庭用のコンセントが使えるサイトで、普通のサイトよりも値段は割高になります。

だいたい、普通のサイトよりも1,000円∼2,000円プラスされるイメージですね。

ですが、電源サイトを利用し電気カーペットを使うと、かんたんに暖かくなるので「コット」や「冬用シュラフ」といった高額な装備を買う必要がありません。

なので、

できるかぎり予算を抑えたいな…。

という人には、電源サイトで「電気カーペット」がおすすめですよ。↓

▶【電源サイトのメリット】結論:手軽で安くてコスパ最高【冬キャンプ初心者向け】

冬キャンプの持ち物⑭:電気毛布

電気毛布は、万能な暖房器具です。

電気カーペットの代わりにもなりますし、ひざ掛けにも使えます。

私は、家族で冬キャンプをする際には「電源カーペット」と「電気毛布」の両方を持っていきます。

正直、電気毛布は「保険」としての意味合いが強いですね。

  • 想定よりも寒い環境になる
  • 電気カーペットが壊れる

こういった状況を見越して「保険」として持っていきます。

特に、値段も高くなく「荷物」にもならないので、検討しやすい商品です。

ちなみに、私が使っているのはこちらです。

電気毛布と言えばスギヤマですね。

実は、多くのキャンパーがこの「スギヤマの電気毛布」を使っています。

「間違いない商品がほしい」ならスギヤマがおすすめですよ。

冬キャンプの持ち物⑮:延長コード

延長コード

延長コードは、電源サイトを使用する際に必要になります。

実は、

電源サイトの「コンセント」とテントを「設置する場所」は少し離れているので、延長コードがないと電化製品を使うことができないのです。

レンタル品もありますが、2~3回借りると商品と同じぐらいかかるので、購入した方がいいですよ。

延長コードのポイントは3点

  • 長さは10m
  • 防水加工(雨が降っても平気)
  • 夜に目立つ色(転ばないように)

おすすめの延長コードはこちらです。↓

冬キャンプの持ち物⑯:毛布

毛布は、想定以上に寒かった時の「保険」としてもっていきます。

電気毛布と一緒ですね。

確かに荷物は増えるのですが、

過去に「電気カーペットが壊れた」なんてこともあったので、必ず持っていくようにしています。

荷物に余裕があるなら、保険はかけるべきですよ。

冬キャンプの持ち物⑰:ラグ

ラグ

ラグは電気カーペットの上に敷くために持っていきます。

電気カーペットは直接使うと低温ヤケドの可能性があるので、必ずラグやブランケットを敷きましょう。

私はこちらを使っています。

低温ヤケドもそうですが、このような民族柄を使うと一気にサイトがオシャレになりますよ。

その他にもおすすめのラグはこちらでまとめています。↓

▶【民族柄の美術館】冬キャンプおすすめラグ8選+魅せるポイント

冬キャンプの持ち物⑱:湯たんぽ

湯たんぽ

湯たんぽは、昔からある暖房器具ですが、経済的でとても暖かいです。

値段もそこまでしませんし、なによりも燃料が「水」ですからね。

お金がかかりません。

ポイントは、直火がOKな湯たんぽを選ぶことです。

直火がOKだと、石油ストーブの上に置いても使えます。

ストーブ

おすすめは、こちらのマルカの湯たんぽです。

湯たんぽといったら、マルカ一択。

こちらも、多くのキャンパーが愛用している商品です。詳しい使い方は、こちらで解説しています。↓

▶【湯たんぽのリアル】冬キャンプおすすめ湯たんぽ+効果的な使い方

スポンサーリンク

まとめ

ルミエールランタン

いかがでしたでしょうか?

今回は、冬キャンプ愛好家の持ち物リストを紹介しました。

ボリュームがかなりありましたね。(笑)

お疲れ様です。

今回、たくさん持ち物を紹介しましたが、

大切なことは「最初からギリギリのラインを狙わない」ということです。

一番危険なことは、手軽さや、荷物の少なさを優先するあまり「必要最低限」しか持っていかないことです。

他の季節ならいいですが、冬キャンプは寒すぎて本当に命の危険があります。

そのため、

最初は荷物が多くなっても、十分に「余裕を持たせた装備」を持っていき、その後、問題ないなら、少しづつ荷物を減らしていきましょう。

くれぐれも、最初から「ギリギリ」を狙わないでください。

それでは、楽しい冬キャンプを。

P.S.「冬の服装はどうしたらいいの?」そんな人にはこちらの記事がおすすめです。↓

▶【秒でわかる】初心者が選ぶべき冬キャンプの服装【経験者の服装も公開】

コメント