【高評価ガスストーブ】冬キャンプおすすめのガス暖房7選【ソロ必須】

ガスストーブ
  • ガスストーブにはどんな種類があるのかな?
  • 冬におすすめの特徴と石油ストーブとの違いも知りたい。
  • 一酸化炭素中毒は怖いな…。使用する上での注意点も教えて!

こういった疑問にお答えします。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

今回は冬キャンプで使える『ガスストーブ』を解説します。

「ガスストーブと石油ストーブって結局何が違うの?」

「ソロキャンプにはおすすめのガスストーブは?」

「一酸化炭素中毒は大丈夫?CB缶とOD缶はどっちがいいの?」

悩む父

今回の記事はこういった悩みを持っている人におすすめです。

かんたんにいうと、

冬キャンプでの「ガス暖房」に関してまとめた記事です。

この記事を読むメリットはこちら。

  1. ガスストーブと石油ストーブとの「違い」や「選び方」がわかる
  2. 自身のニーズに合った「おすすめのガスストーブ」がわかる
  3. 一酸化炭素中毒を防ぐための「注意点がわかる

それで、さっそく解説していきましょう。

スポンサーリンク

【高評価ガスストーブ】冬キャンプおすすめのガス暖房7選【ソロ必須】

出典:Amazon

ガスストーブを選ぶためには、事前にやるべきことがあります。

それがこちら。

  • ガスストーブの特徴を知る
  • 自身のニーズを知る
  • ニーズにあったガスストーブを選ぶ

①ガスストーブの特徴を知る

出典:Amazon

冬キャンプで使うストーブには大きく分けて3種類あります。

ガスストーブ』、『石油ストーブ』、『薪ストーブ』ですね。

それぞれの特徴はこちら。

暖かさ重さ大きさ手軽さ
ガスストーブ
石油ストーブ
薪ストーブ

ガスストーブは、石油ストーブや薪ストーブに比べて暖かさでは劣りますが、重さ、大きさ、手軽さでは圧倒的な性能を誇ります。

つまり、メインの暖房としては火力不足ですが、手や足といった末端を暖める『補助的な暖房』として活躍します。

しかし、これには例外があります。

それは、ソロテントを使う場合です。

ソロテントであれば、テントが小さいので、そもそも高火力を必要としません。

例えば、広い部屋を暖めるためには、大きなストーブや暖房が必要になりますが、小さな部屋だと小さい電気ヒーターでもすぐに暖まりますよね?

それは、ソロテントでも同じなのです。

したがって、

石油(薪)ストーブの『サブ暖房』として、ガスストーブを購入する。

ソロキャンプの『メイン暖房』として、ガスストーブを購入する。

大きく分けると、この2つの目的があります。

②自身のニーズを知る

ここで自身のニーズを整理しましょう。

ガスストーブを購入する目的は2つです。

・サブ暖房としての購入

・メイン暖房としての購入

そして、サブ暖房としての購入なら、高火力を必要としないので、こちらがおすすめ。

  • 持ち運びが簡単なコンパクトサイズ
  • オシャレな見た目のガスストーブ

また、ソロキャンプでのメイン暖房としての購入なら、こちらがおすすめ。

  • 暖かさ重視の高火力タイプ

③ニーズに合ったガスストーブを選ぶ

出典:Amazon

それでは、これらを踏まえておすすめのガスストーブを見ていきましょう。

■『コンパクト』で選ぶならこの2種類

この2つの商品は、コンパクトで持ち運びが本当に楽です。

そのため、バックパック一つで、キャンプに行くスタイルにピッタリ。

もちろん、暖かさは限定的なので、これ一つで完結は出来ません。メイン暖房も忘れずに。

※ヒーターアタッチメントはシングルバーナーが必要なのでお忘れなく。

■『おしゃれ』で選ぶならこの2種類

個人的にアラジンのレトロな見た目が、どストライクです。

アラジンの石油ストーブでは少し大きすぎる


アラジン (Aladdin) 石油ストーブ ブルーフレーム グリーン BF3911-G

という人にピッタリのガスストーブですね。

見た目が本当にカッコイイ♪

ふるさと納税でアラジンがもらえるんです!

実はこのセンゴク・アラジンのガスストーブは、兵庫県 加西市のふるさと納税の返礼品なんです。

「ふるさと納税なら手が届くかも」

そんな人はコチラ

■『高火力モデル』ならこの3種類

はい。オールイワタニですね。

やはり、ガスといえばイワタニです。

特に、一番上の『デカ暖』はamazonランキング1位のベストセラー商品です。

「石油ストーブと間違うような暖かさ」

というレビューもありますね。

また、一番下の『風暖』はカセットガスのファンヒーターなので、暖かい風が出てきます。

そのため、お子さんが小さくても、ヤケドの心配はありませんよ。

スポンサーリンク

事故を防ぐための注意点

gas

最後に、ガスストーブを使用する際の注意点をお話しします。

ガスストーブだけでなく、石油ストーブや、薪ストーブにも言えることですが、密閉された空間での暖房器具の使用は、一酸化炭素中毒の危険があります。

一酸化炭素の特徴

  • 無味、無臭
  • 空気とほぼ同じ重さで強い毒性
  • 軽度の頭痛、吐き気等からはじまり、その後、昏倒、致命傷
  • 発生原因⇒酸素が少ない状況での不完全燃焼

そのため、適度な換気が必要です。

また、適度な換気とプラスして一酸化炭素チェッカーを使用するのが最も安全です。

ちなみに、

私は一酸化炭素中毒になりました。

どんな状況が危険なのか?

私の事例を反面教師にして下さい。↓

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は【キャンパー推薦】冬キャンプで使えるガス暖房7選【事故の注意点】を紹介しました。

大切なことは、ガスストーブの特徴を踏まえながら、自身のニーズに合うガスストーブを選ぶことです。

ちなみに私はサブ暖房として、こちらの手軽なガスストーブを使用しています。

春と秋にはこれ一つで十分です。

皆さんもぜひ検討してみて下さい。

また、今回は説明できなかったのですが、ガス缶に関してはCB缶とOD缶の2つがあります。

そして、

冬キャンプ』にCB缶とOD缶のどっちのガス缶を持っていくべきか?

という問題は多くの方が悩むポイント。

間違えると冬キャンプでガスが使えないなんてことに…。

悲しい男性

興味がある方はこちらをご覧ください。↓

それでは、楽しい冬キャンプを。

今回紹介した商品はこちら。

手軽さを重視
おしゃれを重視
暖かさ重視
命を守るために

コメント