【冬専門キャンパーが教える】冬のソロキャンプの始め方【初心者の注意点】

冬のソロキャンプ

冬のソロキャンプはどうやって始めるの?お金は?総額でどのくらいかかるのかな?最初だから、最低限の装備があればいいかな…。あと、怖いので注意点も教えてほしい。

こういった疑問にお答えします。

✔この記事でわかること。

  • 冬のソロキャンプの始め方がわかる
  • ソロで最低限必要な装備がわかる
  • 必要なお金の総額注意点もわかる

「冬キャンプはハードルが高い」

これはみなさん言われていること。

「じゃあ、実際どうなんだ?」

と言われると

「まあ、簡単ではないです」

と答えます。

嘘をついてもしょうがないですからね。

実際、冬キャンプは知識ゼロでは難しいです。

しかし、ポイントさえわかれば誰でもできます。

それも事実。

そこで今回は、冬キャンプをできるだけ簡単に始める方法を解説。

全体像を掴んで、必要な装備を準備しましょう。

前提条件:他の季節のキャンプは経験済みで、装備は一通り揃っている。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

スポンサーリンク

【冬専門キャンパーが教える】冬のソロキャンプの始め方

筆者愛用の軍幕

冬キャンプを始める方法は簡単です。

基本的には、夏のキャンプと変わりません。

違うのは、寒さ対策の装備が増えるということ。

そして、冬キャンプで必要な装備は7つです。

  1. テント
  2. コット
  3. マット
  4. ブランケット
  5. 冬用シュラフ
  6. ストーブ(石油orガス)
  7. 湯たんぽ

この7つの装備さえあれば、誰でも簡単に冬キャンプができます。

それでは、順番にポイントを解説します。

最低限必要な装備:①テント

ソロテント

すでに、家族用のテントを持っているならそれで大丈夫です。

私も最初は、家族用の大きいテントでソロキャンプをしていました。

ちなみに下の写真が、家族用のサーカスTC BIGでソロキャンプをしているものです。

サーカスTC BIG
サーカスTC BIG

たしかに大きいので少し大変ですが、ソロキャンプができないわけではありません。

新しく購入すると金銭的な負担が増えるので、まずは家族用のテントで冬キャンプを楽しみましょう。

慣れてきてから、新しいソロテントを検討しても遅くはありません。

むしろその方が、冬キャンプのコツがわかるので、より自分のキャンプスタイルに合ったテントが選べますよ。

ただし、

自分が持っているのは3シーズンテントなんだけど大丈夫かな?

という不安もあるかと。

ですが、安心してください。

結論:大丈夫です。

3シーズンテントでも、冬用装備を揃えれば、むしろ余裕です。

3シーズンテントで心配なのは、インナーテントのメッシュ部分。

しかし、それも保温効果を高めることで解決できますよ。

詳しくは、下の記事をご覧ください。↓

▶【コスパ重視】3シーズンテントで冬キャンプを過ごす方法【寒さ対策】

また、

スカートがついてないけど大丈夫かな?

という疑問もあるかと。

これも結論:大丈夫です。

私も実際に「スカートなし」で冬キャンプをしていました。

ソロベース

最初は「本当に大丈夫かな?」と心配でしたが、実際にやってみると楽勝でした。

たしかに、テントの下から冷気は入ってきますが、暖房器具があれば暖かく過ごせます。

特に、石油ストーブは必須でしたね。

私が「スカートなし」で冬キャンプをした時はこういう状況でした。↓

▶【スカートは必要?不要?】冬キャンプ経験者がスカートのリアルを解説

それとも、

どうせなら新しいソロテントを買おう!!

と思うなら、こちらの記事をご覧ください。

このブログで人気NO,1の記事です。↓

▶【結論:このソロテントが最強です】冬キャンプのおすすめテント7選

続いての装備はコットです。

最低限必要な装備:②コット

シュラフ

コットとは、簡易ベッドのことで、この装備があると、地面からの底冷えを防ぐことができます。

ただし、コットの購入には注意点があります。

それは、安すぎるコットは買わないこと。

私の友人は5千円のコットを買いましたが、その日のうちに壊れてしまいました。

やはり、自身の重さを支えるものなので、丈夫な装備がいいです。

だいたい1万円前後のコットであれば、問題ありません。

実際に私が使った中では、こちらがおすすめですよ。

こちらは、軽量で持ち運びもかんたんなので

「バックパックひとつでキャンプがしたい」

だったり、

「ツーリングキャンプに行きたい」

といった手軽さ重視の人におすすめです。

もちろん、大人気の『ヘリノックスのコット』もおすすめ。

確かに、値段は高いですが、テンションが高く、寝心地も最高です。

さらには、私もヘリノックスのコットを2年以上使用していますが、全然張りがへたれません。

また、リセールバリューも高いので、結果としてそこまでの費用はかからないのです。

下の記事で「どんなコットを買ったらいいのか?」その考え方をまとめたので、興味がある方はご覧ください↓

▶【高品質VSコスパ】冬キャンプおすすめコット5選【結論:リセール重視】

もちろん、

コットは高いから買いたくないな…。

という声もあるかと。

そんな方には「コットなし」で過ごせる3つの方法がおすすめです。

  • マットを2重にする
  • エアーマットを使う
  • 電源サイトを利用する

特に、「マットを2重にする」選択が一番コスパが高いです。

また、ゆるキャン△で紹介されたように、段ボールを使うことでも暖かく眠れますよ。

「コットなし」の詳細はこちらの記事で解説しています。↓

▶【コットなしの条件】冬キャンプで暖かく眠る3つの方法【無理は禁物】

次はマットです。

最低限必要な装備:③マット

サーマレスト
出典:Amazon

コットを買った場合でも、マットは必要です。

なぜなら、

コットと地面との空間に冷たい空気が入り込み、それはコットの布一枚では防ぐことができないからです。

そのため、必ずマットをコットの上に敷きましょう。

使うマットは、夏に使っていたマットで大丈夫です。

私はこちらのマットを使用しています。↓

Amazon人気NO.1のアイテムで価格も安くて使いやすいですよ。

その他にも、おすすめのマットはたくさんあります。

注意点として、

冬キャンプでは、厚さ8mm以上のマットを選びましょう。

それをまとめたのがこちらの記事です。↓

▶【結論:厚さ8mm以上】冬キャンプでおすすめの銀マット6選

お次はブランケットです。

最低限必要な装備:④ブランケット

ブランケット

「え?ブランケットも必要なの?」

という方もいるもしれませんが、冬キャンプには必須のアイテム。

じつは、

ブランケットは、使う用途が広く万能なアイテムなのです。

焚き火を楽しんでいる時に、寒くなったら、ひざ掛けにもなります。

また、眠る時に「肌寒い!」と感じればシュラフ中にいれて、暖かく眠ることができます。

さらに、ブランケットはサイトの差し色としても使えるのです。

例えば、このようなペンドルトンのブランケットがあるだけで、一気にサイトがおしゃれになります。

また、2020年に私が購入したキャンプ道具のベストバイがこちら。↓

グリップスワニーお得意の難燃素材を使っているので、焚き火の近くでも安心。

さらに、簡易的なベルトがついているので、腰に巻いてスカートにもなります。

これは、冬キャンプには本当にありがたい機能で、どんなに寒くても足がヌクヌクなんです。

しかも、見た目は無骨なオリーブカラー。

もうひとつコヨーテもあるので、そちらもおすすめですよ。

ブランケット」と「ラグ」に関しては、こちらで「おしゃれなアイテム」をまとめています。↓

続いては、冬キャンプの最重要装備です。

最低限必要な装備:⑤冬用シュラフ

2重シュラフ

冬用シュラフとは、羽毛でできたシュラフのことで、化繊シュラフと違って、軽量でコンパクトになり、暖かく眠ることができます。

ですが、値段が高いことがデメリットです。

基本的には、3万円以上します。

この高価な冬用シュラフを買わなくてはいけないことが、冬キャンプのハードルをあげている要因のひとつです。

そのため、

冬用シュラフを買わずに、冬キャンプはできないかな?

こういった声もあるかと。

結論:3シーズンシュラフでも冬キャンプはできます。

基本的には、こういった対策が必要です。

  • シュラフを2重にする
  • インナーシュラフを使う
  • シュラフカバーを使う

今お持ちのシュラフに、重ね着をしていくイメージですね。

詳しくは、こちらの記事をご覧下さい。↓

▶【組合せの科学】冬キャンプを3シーズンシュラフで過ごす方法

それでも、

いや、どうせなら冬用シュラフを買いたい!

という人には下記の記事がおすすめです。

冬用シュラフの購入で必要な情報をすべてまとめました。↓

▶【失敗しないシュラフ特集】冬キャンプおすすめの冬用シュラフ/寝袋10選

続いては、暖房器具になります。

最低限必要な装備:⑥ストーブ(石油orガス)

ストーブ

ストーブが必要な理由は2つあります。

  • 焚き火はそこまで暖かくない
  • テントの中で体を暖める時間が必要

冬のキャンプは想像以上に寒いので、焚き火だけでは体を暖めることができません。

それでも、こういったアイテムを使うと、だいぶマシにはなります。↓

▶【焚き火を2倍楽しむ】冬キャンプの焚き火装備6選【初心者向け】

しかし、焚き火は「火にかざしている部分」だけが暖かいので、どうしても足元や背中が寒くなるのです。

したがって、寒すぎてテントの中に避難する必要あるのですが、その時にテントの中も寒いと、いつまでも体が冷えきったままです。

だから、

ストーブが必要になってきます。

基本的には、家で使っている石油ストーブで十分です。

ですが、

この際だから、石油ストーブも購入しようかな?

とお考えなら下の記事をご覧ください。

石油ストーブは「ポイント」を押さえて購入しないと失敗する可能性があります。↓

▶【結論:火力重視】冬キャンプおすすめ石油ストーブ5選+正しい選び方

また、

ソロテントだと小さすぎて石油ストーブが入らない…。

ということもあります。

そんな時には、こういったガスストーブが最適ですよ。

OD缶ひとつで使えるのでとても便利。

コンパクトなサイズで持ち運びも簡単です。

さらに、値段も安いのが安心ポイント。

詳しくはこちらの記事でまとめています。↓

▶【高評価ガスストーブ】冬キャンプおすすめのガス暖房7選【ソロ必須】

最後は、湯たんぽです。

最低限必要な装備:⑦湯たんぽ

湯たんぽ

「湯たんぽ」は昔からある暖房器具ですが、とても暖かいです。

私も当初は「湯たんぽ」を使用していませんでした。

家でも使ったことが無かったので「なんかメンドクサイ…」と思い敬遠していたのです。

しかし、ある時にガスストーブを忘れて、ずっと車に積んでいた「湯たんぽ」を使ってビックリ!

めちゃくちゃ暖かいです。

例えば、寒くて手が痛いときの缶コーヒーの暖かさですね。

持っているだけで、幸せになるあの気持ちです。

その「湯たんぽ」を膝の上に乗せたり、シュラフの中に入れたりするだけで、ホッカイロの何倍も暖かい。

しかも、燃料は水だけですからね。

とても経済的

私のおすすめは『マルカの湯たんぽ』です。

湯たんぽと言ったら「マルカ」一択ですね。

ほとんどのキャンパーさんが「マルカ」を使っています。

人気の理由は、直火で使用ができること。

ストーブの上に置いて暖められるので、とても便利なんです。

湯たんぽ

しかも、値段もそこまで高くありません。

個人的に、今では一番使っている暖房器具です。

「湯たんぽ」の詳細はこちらで解説しています。↓

▶【湯たんぽのリアル】冬キャンプおすすめ湯たんぽ+効果的な使い方

スポンサーリンク

結局、冬のソロキャンプの総額は?

疑問

今回の7つの装備はこちら。(金額はだいたいの相場で算出)

  • テント(3万円)
  • コット(1万円)
  • マット(2千円)
  • ブランケット(5千円)
  • 冬用シュラフ(3万円)
  • ガスストーブ(3千円)
  • 湯たんぽ(3千円)

もちろん、物によって値段は違いますが、

合計で83,000円します。

いや、無理です。冬キャンプあきらめます

そうですよね。(笑)

驚愕の数字です。

ですが、安心してください。

あくまでも、すべて買った場合です。

基本的に冬キャンプを始める方は、他の季節のキャンプを経験して、装備は揃っているので、ここまでの値段にはなりません。

高くて2万円、安くて5千円です。

例えば、

テント、3シーズンシュラフ(×2)、マット、ブランケットを持っている人は、

▶コット(1万円)+ガスストーブ(3千円)+湯たんぽ(3千円)=合計1万6千円です。

上記にプラスして、「コットなし」で過ごしたい人は、

▶2枚目マット(2千円)+ガスストーブ(3千円)+湯たんぽ(3千円)=合計8千円です。

上記にプラスして、石油ストーブが家にある人は、

▶2枚目マット(2千円)+湯たんぽ(3千円)=合計5千円です。

こういった感じですね。

そのため、今お持ちの装備によっては、そこまでお金をかけずに冬キャンプができますよ。

また、こちらでは「最安値3,000円の方法」も解説しています。↓

▶【最安値3,000円】冬のソロキャンプの総額は?【初心者のお金事情】

最後に、冬のソロキャンプの「注意点」を見ていきましょう。

スポンサーリンク

冬のソロキャンプの注意点

焚き火

冬のソロキャンプの「注意点」は3つです。

  • 一酸化炭素中毒
  • ガス缶問題
  • 忘れ物

とても大切なので、詳しく説明していきます。

注意点①:一酸化炭素中毒

一酸化炭素中毒

一酸化炭素中毒とは、一酸化炭素(火を燃やした煙に含まれている無味無臭の気体)を大量に吸い込んだ時に起こる中毒症状です。

症状としては、

  • 軽度(頭痛、吐き気、めまい、など)
  • 中度(錯乱、痙攣、息切れ、など)
  • 重度(死の危険)

の3種類あり、重度までいくと死の危険性があります。

発生原因は、酸素が不足することで起こる「不完全燃焼」で顕著に発生します

例えば、締め切ったテントの中でストーブを点けっぱなしにするなどですね。

どんどん、テント内の酸素が薄くなることで起こります。

これを防ぐ方法は2つです。

  • 適度な換気を行う(1時間に一回、1~2分程度)
  • 一酸化炭素チェッカーを使う

特に、一酸化炭素は無味無臭なので、人間は症状が出ない限り、一酸化炭素には気づきません。

また、気づいたときには手遅れの可能性もあるので、一酸化炭素チェッカーは準備しておきましょう。

命の危険がありますし、値段もそこまでしないので、検討してみて下さい。

ちなみに、

私は一酸化炭素中毒になりました。

私の不注意が招いた大失敗です。

「どういった状況が危険なのか?」

私の失敗を参考にしてみて下さい。↓

▶【こうして私は一酸化炭素中毒になりました…】冬キャンプでの大失敗

注意点②:ガス缶問題

ガス缶

ガス缶問題とは、冬の気温があまりに寒いために、持ってきたCB缶やOD缶が使えず、火を使えないトラブルのことです。

これは、ガス缶の中に含まれている、ガスの種類によって起こります。

基本的には、家庭用のCB缶にはノマルブタン(ブタン)が充填されています。

しかし、ノマルブタン(ブタン)では、気温が10℃以下になったら十分な火力が出せません。

そのため、こういった寒冷地用のガス缶が必要なのです。

また、

OD缶』と『CB缶』のどっちのガス缶を冬キャンプに持っていくべきなの?

こういった疑問もあるかと。

私の経験では、

  • 最低気温が-2℃を下回るなら寒冷地用のOD缶
  • 最低気温が-2℃を上回るなら寒冷地用のCB缶

これが目安です。

ガス缶問題に関しては、こちらで詳しく解説しています。↓

▶【CB缶?OD缶?】冬キャンプにどっちのガス缶を持って行くか問題

注意点③:忘れ物

忘れ物

そして、よくあるのがこの忘れ物です。

これは、多くのキャンパーが必ず体験する失敗かと。

私は、以前に「冬用シュラフ」を忘れて大変なことになりました。

「やばい、どうしよう…。」

急遽、近くのアウトドアショップでシュラフを購入して、何とか過ごせましたが、手痛い出費をすることに…。

そのため、

「寒さ対策」の装備に関してはチェックリストで確認することが大切です。

こちらに、私が冬キャンプに行く時の「持ち物リスト」をまとめましたので参考にして下さい。↓

▶【初公開】冬キャンプ愛好家の持ち物リスト|初心者おすすめの入門装備

スポンサーリンク

まとめ

焚き火とヨカ

いかがでしたでしょうか?

今回は冬のソロキャンプの始め方を解説いたしました。

最後にまとめると、

冬キャンプに必要な装備は7つです。

  • テント
  • コット
  • マット
  • ブランケット
  • 冬用シュラフ
  • ストーブ(石油orガス)
  • 湯たんぽ

そして、冬キャンプにかかるお金の総額は、

高くて2万円、安くて5千円です。

(前提条件:他の季節のキャンプは経験済みで、一通りの装備は揃っている)

そして、注意点は3つです。

  • 一酸化炭素中毒
  • ガス缶問題
  • 忘れ物

ここは大切なポイントので、きちんと理解しておきましょう。

いろいろと準備することはありますが、実際に冬キャンプに行くとその苦労がすべて報われます。

虫は少なく、人も少ないキャンプ場で、お酒を飲みながら、焚き火を眺る幸せ…。

見上げると、満天の星空が。翌朝も朝日と一緒に飲むコーヒーの暖かさ。

すべてが最高の癒しタイムです。

それでは、楽しい冬キャンプを!

P.S.服装はどうしたらいいの?

それならこちらをご覧ください。↓

▶【秒でわかる】初心者が選ぶべき冬キャンプの服装【経験者の服装も公開】

今回紹介したアイテム

コメント