【結論:合理的です】冬キャンプにおすすめのドームテント7選【ソロ用】

おすすめのドームテント

冬キャンプでも使えるソロ用のドームテントを探しています。「選び方」や「おすすめのテント」が知りたいな…。あと、冬の寒さがとても心配。一緒に「寒さ対策」も教えてほしい…。

こういった悩みにお答えします。

✔この記事でわかること

ポイント
  • 冬キャンプにおすすめの「ソロ用ドームテント」がわかる
  • ドームテントの「選び方」や「メリット」がわかる
  • ドームテントで必要な「暖房」や「寒さ対策」がわかる

テントの種類はたくさんありますが、その中でも「ドームテント」はコンパクトで設営もかんたん。

そのため「テントの設営が不安だな…」こんな人におすすめできるテントです。

ですが、そんなドームテントの魅力は「コンパクトさ」や「手軽さ」だけではありません。

実は、ドームテントは「冬キャンプに最適なテント」なんです。

なぜなら、

テントは小さいほど、かんたんに「暖まる」からです。

例えば、広いリビングで暖房をつけてもすぐに暖まりませんが、小さい部屋だと短時間で暖まりますよね?

そして、それはテントでも同じこと。

寒い冬でも、テントが「コンパクト」だと暖房効果は抜群です。

そのため今回は、

そんな合理的なドームテントの「選び方」と「おすすめモデル」をご紹介。

さらには、ドームテントで必要な「寒さ対策」も解説しますよ~!

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

スポンサーリンク

冬のドームテントの「選び方」

ドームテント

まずは、冬のドームテントの選び方を解説します。

「いや、選び方はいいから、すぐにおすすめのテントが知りたい!」

という人は下のリンクを押してください。↓

こちらをクリック!

冬のドームテントの選び方は3つです。

  • 使用人数+1~2の広さ
  • ダブルウォールテント
  • 耐水圧は1500mm以上

選び方①:使用人数+1~2名の広さ

ミニッツドーム Pro.air 1

テントには、目安となる使用人数が書いてあるのですが、それに+1~2名のテントを選びましょう。

なぜなら、

あまりに狭いテントだと「荷物が意外と置けない…」だったり「なんか窮屈に感じる…」だったりと快適性が落ちるからです。

たしかに、狭い方が暖房効果は高いですが、狭すぎても快適性が犠牲になるので気を付けましょう。

基本的に、ソロであれば2~3名用のテントがベスト。

もちろん

「将来的に軽登山を考えている!!」

なら話は別ですが「車でキャンプ場のみ」というなら、重量は気にしなくていいので、2~3名用のテントで十分ですよ。

選び方②:ダブルウォールテント

ミニッツドーム Pro.air 1

ダブルウォールテントとは、インナーテントの上にフライシート(幕)を被せるタイプのテントです。

こういったタイプのテントですね。

つまりは、テントが2重構造になっているイメージです。

じつは、

この2重構造によって「寝床への結露を軽減すること」ができます

冬は、テントの中と外の温度差が激しいので、結露ができやすい環境です。

ですが、このダブルウォールテントを使うと寝床に結露が垂れにくいので、安心して眠ることができますよ。(2重構造で寝床への結露をガードです)

選び方③:耐水圧は1500mm以上

ニーモテント

耐水圧とは、テントの生地が水の浸透を抑え込む強度を表したものです。

そのため、この耐水圧が高いほど、水漏れの心配がありません。

基本的には、耐水圧1500mm以上のテントを選びましょう。

ですが、テントによっては耐水圧が1500mmよりも低かったり、そもそも耐水圧がわからないものもあります。

個人的には「大雨予報の日でもキャンプに行きたい!」「Amazonで激安テントを購入したい!」という人以外は、

「特に耐水圧は気にしなくていいですよ」というのが本音です。

なぜなら、テントは雨が降る環境を「想定して」作られているので、よっぽどの豪雨や激安テント以外は、目安として確認する程度で大丈夫なのです。

スポンサーリンク

冬キャンプにおすすめのソロ用ドームテント7選

冬キャンプにおすすめのドームテント5選

ここからは、おすすめのドームテントをご紹介。

先ほどの選び方のポイントに加えて、

「おしゃれでカッコイイ!」

そういったテントを紹介していきますね。

①NEMO(ニーモ・イクイップメント) オーロラストーム3P AURORA STORM 3P CY 3P NM-ARST-3P-CY

NEMO(ニーモ・イクイップメント) オーロラストーム3P
出典:Amazon

コチラはニーモのオーロラストームです。

3人用のテントなので、ソロでは広々と快適に過ごせますし、子供と2人のキャンプではちょうどいい大きさになります。

フットプリントも付属しているテントで、重量もわずか2.8kg。

荷物が置ける前室も確保されており、バランスが取れたオールシーズンテントです。

就寝人数3人 最小重量2.8kg W335×D224×H112 耐水圧:未記載 

②ノースフェイス ホームステッドルーミー2

ノースフェイス ホームステッドルーミー2
出典:ノースフェイス

こちらは、ノースフェイスのホームステッドルーミー2です。

こちらは余裕のスペースをもった2人用テント。なので、クイーンズサイズのマットも使えます。

さらには、

シンプル構造なので、設営がとてもかんたん。

実は、設営がかんたんなことは、冬キャンプでは大きなメリットなのです。

なぜなら、

寒い中で長時間テントを設営すると、寒さで手も痛くなってテンションが鬼下がりだからですね(๑ŏ _ ŏ๑) ↯↯サガルワー

なので、体が冷え切る前に設営が終わるのは本当に助かるんですよ。

重量は約2.28kgで、もちろん前室のスペースもあります。

就寝人数2人 最小重量2.28kg W223×D165×H116 耐水圧:フライ/約1200mm フロア/1500mm

楽天はコチラ⇒ノースフェイス ホームステッドルーミー2

③Snugpak(スナグパック) スコーピオン2

Snugpak(スナグパック) スコーピオン2
出典:Amazon

こちらは、無骨なメーカー、スナグパックの スコーピオン2です。

2人用のテントですが、どちらかと言えばソロ用に適している大きさですね。

こちらは、フライシートを先に設営して、中にインナーテントをかけるような簡単な設計になっています。

また、このテントは、

キャンプ芸人で有名な『ヒロシさん』の愛用しているテントでもあります。

テント紹介 Snugpak SCORPION2

特に、『色が良い!!』そうですよ(笑)

重さは、約2.65kgです。また、3人用のスコーピオン3もあります。

少し狭いと感じるなら、3人用も検討できるかと。

就寝人数2人 最小重量2.65kg W300×D130×H105 耐水圧:フライ/約5000mm 

④コールマン(Coleman) ツーリングドームST+ 2000036435

コールマン(Coleman) ツーリングドームST+ 2000036435
出典:Amazon

こちらは定番のコールマンのツーリングドームです。

ですが、こちらはただのツーリングドームではありません。

実は、

噂のダークルームテクノロジーを導入したテントで、室内は昼間でも真っ暗。

それもそのはず、このテクノロジーは日光を90%以上ブロックするので、夏は涼しく、日が出てもゆっくり寝ることが出来ます。

さらには、夜にテント内をランタンで照らしても、外に光が漏れないので、プライバシーを守ることが出来ます。

2人でも眠ることができる大きさで、かつ前室がとても広い。

ですが、重さが約5kgあることが少しネックですね…。

この重さはダークルームテクノロジーによるものなので、「重さを取るか」「快適さを取るか」悩みどころです。

就寝人数1~2人 最小重量5kg W265×D210×H110 耐水圧:フライ/約3,000mm 

楽天はコチラ⇒Coleman ツーリングドーム/ST+ 2000036435

⑤POLER(ポーラー)2MAN TENT

POLER(ポーラー)2MAN TENT
出典:楽天

コチラは、ポーラーの2MAN TENTです。

この写真のとおり、外国の男性が2人でも十分に眠れる大きさになります。

ポーラーのテントの特徴は、その遊び心満載の『デザイン』です。

実際に、キャンプ場で見ると遠くからでもポーラーだと分かる『個性』が魅力

他人とカブりたくないという人におすすめの『おしゃれテント』です。

就寝人数2人 最小重量:未記載 W216×D152×H101 耐水圧:約2,000mm 

Amazonはコチラ⇒POLER(ポーラー)2MAN TENT BLACK

⑥オガワ ステイシーST-Ⅱ

ステイシーST-Ⅱ
出典:Amazon

こちらは、有名メーカー「オガワ」から発売されているステイシーST-Ⅱです。

オガワの超ロングセラー商品で、最大の特徴は「広い前室」になります。

寝室も確保しながら、十分に前室でもくつろげる。

この利便性が大人気の理由ですね。

ちなみに、ステイシーST-Ⅱの形状はそのままに、さらに軽量化された「ステイシーネスト」はキャンプ芸人の「バイきんぐ西村さん」も使っています。

テント紹介とムール貝@道志の森キャンプ場

信頼と実績があるドームテントですね。

就寝人数2~3人 最小重量3.9kg W300×D230×H130 耐水圧:フライ/約1800mm 

⑦MSR Elixir3 エリクサー3 欧州 ヨーロッパ限定 グリーン

エリクサー3
出典:Amazon

こちらは、MSRから発売されている エリクサー3です。

こちらのテントの特徴は、なんといっても「見た目」です。

このカラーリングが最高にカッコイイ!!

この渋いグリーンもいいのですが、MSR独特の「赤色のインナーテント」も映えるんですよね。

エリクサー3
出典:Amazon

もちろん、登山メーカーでもあるMSRのテントなので、スペックも超一流。

それに加えて、おしゃれなルックスも合わせ持つ最強のテントです。

就寝人数3人 最小重量3.04kg W324×D213×H104 耐水圧:フライ/約1500mm 

スポンサーリンク

ドームテントの「寒さ対策」

冬キャンプでの注意点

ここからは、ドームテントで冬キャンプを過ごす際の「寒さ対策」を解説します。

合理的だろうが、何だろうが、結局は、

暖かく眠れるか

そこに尽きます。

そして、ドームテントを冬キャンプで使う際は、インナーテントがメッシュの場合だと注意が必要です。

こういったテントですね。↓

インナーテントがメッシュの場合
出典:楽天

インナーテントがメッシュだと、夏では風を通すので涼しく眠れますが、

冬ではそれが寒さの原因になります。

しかも、結構本気で寒い(((寒゚Д゚寒)))カタカタ

対策としては、

きちんとした『冬用装備』を持っていく必要があります。

それがこちら

  • コット
  • マット
  • 冬用シュラフ

これらの装備がインナーがメッシュのドームテントでも、暖かく眠るための必須アイテムです。

詳しくは【一匹狼に贈る】冬キャンプでソロ必須のアイテム7選【手軽さ重視】をご覧ください。

冬のソロキャンプで必要なアイテムを厳選して紹介しています。

でも、コットを子供と2人分買うのはちょっと…。

という方は3つの選択肢があります。

  • 電源サイトで電気毛布を利用する
  • マットを2重にして使う
  • エアーマットを使う

おすすめは「電源サイトで電気毛布」ですが、「マットを2重」にすることでも対応できます。

特に、「できるだけ安くすませたい!」という方には「ダンボールを重ねる」という選択肢もありますよ。

これなら「無料」なので、ふところも痛みません。

詳しくはこちらで解説しています。↓

▶【コットなしの条件】冬キャンプで暖かく眠る方法【無理は禁物】

また、

冬用シュラフは高いでしょ?そんなの買えないよ…。

という方もいらしゃるかと。

その気持ちわかります。私もそうでした。

冬用シュラフは羽毛で作られたシュラフで、軽くて、コンパクトになり、冬キャンプでも暖かく眠れます。

しかし、価格が3万円以上するのがデメリット。

この冬用シュラフを購入するということが、冬キャンプのハードルを上げている原因のひとつです。

でも、安心してください。

今お持ちの3シーズンシュラフでも冬キャンプで使える方法があります。

それがこちら。

  • 3シーズンシュラフを2重にする
  • 3シーズンシュラフの中にインナーシュラフを追加する。
  • シュラフカバーをつかう

などですね。

また、登山に行く方は、冬の温度対策をシュラフだけに頼りません。

自身の服装を調整することで、暖かく眠ることができるのです。

詳しくはこちらの記事で「3シーズンシュラフ」で暖かく過ごす方法をまとめています。↓

▶【組合せの科学】冬キャンプを3シーズンシュラフで過ごす方法

スポンサーリンク

ドームテントにおすすめの暖房は「ガスストーブ」

ドームテントにピッタリの暖房はコレです

先程は、暖かく眠るために「コット、マット、冬用シュラフ」が必要だと説明しました。

ただし、それだけでは暖かく眠れても『テント内は寒い』ままです。

そのため、

テントの中を暖める「暖房」が必要になります。

しかし、ドームテントはテントがコンパクトなので、石油ストーブなどの大きな暖房器具は必要ありません。

では、どんな暖房がピッタリなのか?

それはこちらです。

■ガスストーブ

ガスストーブはもっとも「手軽」な暖房器具です。

大きさは軽量でコンパクト。しかも、家庭用で使われるCB缶で使えるモデルもあります。

しかし、ガスストーブは手軽である一方で、火力が弱いことがネックです。

そのため、大型テントの場合では、テント全体を暖めることができません。

しかし、ドームテントのようにコンパクトなテントであれば、火力はじゅうぶん。

つまり、ガスストーブは

ドームテントに『ピッタリの暖房』なのです。

おすすめはこちらのガスストーブです。

私も使っていますが、コンパクトでOD缶ひとつあれば使えるので本当に便利です。

さらに、お値段も高くないのでおすすめですよ。

また、ガスストーブに関してはこちらで「キャンパー人気の商品」をまとめています↓

▶【高評価ガスストーブ】冬キャンプおすすめのガス暖房7選【ソロ必須】

また、ガスに関してはこんな問題も…。

家庭用で使うCB缶は冬は使えないと聞きました。でも、OD缶は高いから買いたくない…。どうしたらいいの?

結論としては、

冬キャンプでも「CB缶」は使えます。

ただし、『条件』があります。

それは

①普通のCB缶ではなく、寒冷地用のCB缶を使うこと

-2℃までは、寒冷地用のCB缶でOK!

これらの条件に当てはまるなら、CB缶でも大丈夫ですよ。

じつは、冬キャンプにガス缶が使えなくなるのは「ドロップダウン現象」が関係しています。

「ドロップダウン現象」とは、かんたんに説明すると、ガス缶の中の液体ガスが、寒さでうまく「気化」できないことで起こります。

そのため、

「ガスが使えなくて暖房も使えない!!」

こうなってからでは遅いので、冬キャンプに行く前には「ガスの知識」は必ず押さえておきましょう↓

【CB缶?OD缶?】冬キャンプにどっちのガス缶を持って行くか問題

スポンサーリンク

まとめ

冬用テント

いかがでしたでしょうか?

今回は、冬キャンプにおすすめのドームテント7選を紹介しました。

最初に説明したとおり、冬キャンプにドームテントを選ぶことは、

とても『合理的』です。

なぜなら、

テントが「コンパクト」なので、すぐにテント内を暖めることができるからです。

また、ドームテントはコンパクトだけでなく、「設営」もかんたん。

この手軽さは、寒い気温の冬キャンプでは『正義』なんです。

なぜなら、

「すぐに設営できるので寒くない!(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!」

ということですね。

さらには、設営が「かんたん」ということは、撤収も「かんたん」だということ。

そのため、

お子さんと一緒のキャンプでも、作業が少ないので、ゆっくりと過ごせますよ。

それでは、楽しい冬キャンプを。

P.S.「冬キャンプに行くのがちょっと不安だな…」

そんな人へ、冬キャンプで必要なすべての『寒さ対策』をまとめました。

これを読めば冬キャンプの全体像と、必要な対策が全てわかりますよ。↓

▶【冬キャンプ入門】寒さ対策のまとめページ【結論:初心者必須です】

今回紹介した商品はコチラ
楽天はコチラ⇒ノースフェイス ホームステッドルーミー2楽天はコチラ⇒Coleman ツーリングドーム/ST+ 2000036435

コメント