【コットなしの条件】冬キャンプで暖かく眠る3つの方法【無理は禁物】

寝るキツネ

冬キャンプにコットなしで行けるのかな?みんな「コットは必須」っていうけど、お金もないし、できればコットは買いたくないな…。でも、冬キャンプは寒いって聞くし、実際にコットなしで過ごしている人はどうしてるの?

こういった疑問にお答えします。

✔この記事でわかること

ポイント
  • 冬キャンプで必要な断熱性(R値)の理屈がわかる
  • 自分の状況に合った「コットなし」の選択肢がわかる
  • 「コットなし」にプラスする寒さ対策がわかる

「冬キャンプにコットは必須」

そんな言葉はよく聞くでしょうが、実際はそんなことはありません。

私も、コットの組立がめんどくさい時は、マットだけで過ごします。

コットを購入する人の多くは、冬キャンプでの底冷えを対策するのが目的。

冬の底冷えは強烈ですからね。

寒くて眠れなかったら大変です。

ですが、コットなしで眠れることもまた事実。

そのため、今回はコットなしで眠れる3つの選択肢を解説します。

大切なことは、断熱性(R値)の理屈を知ることと、自分に合った選択肢を知ることです。

それでは、解説します。

※最低温度は-2℃前後を想定。雪中キャンプではありません。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

スポンサーリンク

【コットなしの条件】冬キャンプで暖かく眠る3つの方法

寝る女性

「コットなし」で眠る3つの方法がこちら

  • マットを2重にする
  • エアーマットを使う
  • 電源サイトを利用する

状況によって取るべき選択肢が違うので、それぞれ説明していきます。

ですが、

まずは基本となる「断熱性=R値」の理屈と冬キャンプの「基準」を説明します。

「R値」ってよく聞くけど何のこと?

という方は参考にして下さい。

R値とは、正式名称をR‐Value【Thermal resistance value】といって、日本語の直訳で「熱抵抗値」と訳します。

かんたんに言うと、

断熱性を表した数値で、数値が高いほど、断熱性が高いとされます。

冬キャンプに必要はR値は3.0~4.0以上

そして、下の表がサーマレストで標記されている季節ごとの目安となるR値です。

出典:サーマレスト

基本的に日本の冬キャンプでは、R値3.0~4.0以上が必要とされています。

なぜ「3.0~4.0以上」と幅があるのか?

というと、

それは、体感温度に個人差があるからです。

そのため、

寒さに強い人はR値3.0以上

寒さに弱い人はR値4.0以上

と考えて下さい。

ちなみに、有名なサーマレストZライトソルのR値は2.6です、

つまり、

「Zライトソル単体では冬キャンプはむずかしい」

ということですね。


さて、話は戻って、

ここからは、コットなしで眠る3つの方法を解説します。

  • マットを2重にする
  • インフレーターマットを使う
  • 電源サイトを利用する
スポンサーリンク

コットなしの条件①:マットを2重にする

出典:Amazon

コットなしで暖かく眠る方法のひとつ目は、「マットを2重にする」です。

実は、先ほど説明したR値は足し算をすることができます。

つまり、

今お持ちのマットのR値が冬キャンプの基準であるR値3.0~4.0に届いてなくとも、別のマットを重ねることで、断熱効果が追加されるという訳です。

例えば、先程のサーマレストZライトソルのR値は2.6なので、それを2重にすればR値5.2になります。

したがって、1枚だと冬キャンプは無理でも、2重にすることで底冷えを遮断できるのです。

実際に、私もコットを組み立てるのが面倒なときに、この方法で冬キャンプをします。

私の場合は、サーマレストのZライトソルと、財布にやさしいキャプテンスタッグのマットを2重にして使っています。

ですが、ひとつ問題があります。

それは、キャプテンスタッグのマットにはR値が記載されていないのです。

おそらく、皆さんの中にもここまで読んだなかで、

そもそも、自分が使っているマットのR値がわからないんだけど…

という方がいるかと。

実は、R値の表記は登山用の商品を取り扱っているメーカーしか採用しておらず、キャンプ商品を取り扱っているメーカーは採用していないのです。

理由は、登山の方がよりシビア(危険)な環境だからです。

なので、R値の目安を調べてまとめました。

商品名厚みR値その他
サーマレストZライトソル2.0cm2.6
薄い銀マット0.2cm0.2~0.5
段ボール2.5cm3.0~4.04~5枚を重ねる
キャンプテンスタッグマット2.0cm1.0~2.0予測値
R値の目安

キャンプテンスタッグR値の根拠は3つです。

  • 私がZライトソルと2重にして寝ているので、R値1.0以上はある
  • マットの厚さが2cmあると、R値1.0~1.5以上はある
  • 同じEVA素材で実験しているブログを参照▶こちら

これらの理由で、キャンプテンスタッグのR値を予測しています。

そのため、持っているマットのR値がわからなくても『厚さ2cmでR値1.0~2.0の範囲』だと考えておけば大丈夫です。

そして、驚きなのは『段ボール』ですね。

厚み2.5cm(段ボール4枚~5枚)でR値3.0~4.0もあります。

そのため、

どうしても2枚目のマットを買うのがもったいないな…。

という方には、段ボールはおすすめですよ。(4~5枚を重ねて下さい)

そういえば、ゆるキャン△でも紹介されていましたね.

ただし、

このマットを2重にするという方法は、荷物が増える」というデメリットがあります。

そのため、

「車で行くから荷物の量は関係ないかな…」

「何よりも寒さ対策が優先!」

と言う人には、マットを2重にする方法はおすすめできます。

ですが、

やっぱり、できるだけ荷物は少ない方がいいな…。

という人におすすめできません。

「じゃあ、荷物を少なくしたい人はどうしたらいいの?」

というと、

そんな人には、エアーマットを紹介します。

スポンサーリンク

コットなしの条件②:エアーマットを使う

出典:Amazon

エアーマットとは、インシュレーテッドマットとも呼ばれ、専用のポンプで内部を膨らませるマットです。

インフレーターマットよりも厚みがあり、断熱性に優れます。

また、冬用エアーマットの内部構造は単なる空洞ではなく(それは夏用)、メーカー毎の特殊な断熱構造によって底冷えを遮断します。

※インフレーターマットとは、内部にウレタンなどのクッション材が入っており、専用のバルブを開放すると自動で空気が入ります。しかし、エアーマットよりも断熱性、重量、コンパクト性、クッション性で劣ります。

エアーマットのメリットは3つです。

  • 軽量コンパクトになる(ペットボトルくらいの大きさ)
  • クッション性が高い(空気の入れ具合で調整できる)
  • 断熱性が高い(製品によっては冬の雪山もいける)

そのため、

  • 将来は軽登山をやってみたい
  • 荷物はバックパックひとつで、手軽にソロキャンプがしたい
  • バイクに乗って少し遠いキャンプ場に行きたい

という方に向いてます。

一方で、デメリットも3つです。

  • パンクする可能性がある
  • 物によっては値段が高い
  • 空気を入れる作業が発生する

特に、エアーマットの購入で迷う人は、「パンク」を心配していると思います。

寝てるときにパンクしたらどうするの?

せっかく高いお金で買ったのに、パンクしたら泣く…。

そうですね。(笑)

その気持ちはわかります。

ですが、パンクのリスクに関してはどうしようもありません。

したがって、

「どうやったらそのリスクを軽減できるのか?」

と言う方向で考えてみましょう。

✔パンクのリスクを防ぐ3つのポイント

  • ゴツゴツした岩場や地面に直接敷かない(何かしらシートを敷く)
  • 熱い物を置かない(クッカーや食器やライターなど)
  • ストーブやバーナーなどの熱源の近くに置かない(熱で素材が溶ける)

この3つのポイントを意識するだけで、パンクのリスクはかなり下がりますよ。

確かに、エアーマットはパンクのリスクがあります。

一方で、

エアーマットは、軽量コンパクトで断熱性が非常に高いのが魅力です。

それによって、荷物は最小限で、かつ暖かく眠れます。

したがって、将来的に軽登山などを考えている人は、検討してみてください。

おすすめのエアーマットはこちらでまとめています。↓

▶【R値を徹底比較】冬キャンプで使えるソロ用エアーマット5選

ここからは、

「マットの2重も、エアーマットも正直怖い。もっと、安全にすごせる方法はないの?」

という方への提案です。

スポンサーリンク

コットなしの条件③:電源サイトを利用する

電源サイト

電源サイトを利用することが、一番安全に「コットなし」で眠れます。

なぜなら、

電源サイトを使うと電気カーペットが使えるからです。

したがって、私も家族で冬キャンプに行く際には、必ず電源サイトで電気カーペットを使います、

そして、あまりにも暖かいため、3シーズンシュラフで眠ることができるのです。

▶【電源サイトのメリット】結論:手軽で安くてコスパ最高【冬キャンプ初心者向け】

そもそも、電源サイトとは、家庭用のコンセントが使えるサイト(区画)のことで、キャンプ場によっては電源サイトが無い場所もあります。(むしろ、無いところが多いです)

値段も、約3,000円~5,000円と一般的なサイトよりも割高になっているのが特徴です。

そのため、電源サイトはこういった人におすすめ。

  • どうしても寒さが心配な人
  • 子供連れのファミリーキャンプ
  • 初めて冬キャンプをする人

正直、電源コンセントが使えることで、携帯の充電だったり、子供のゲームだったり、プロジェクターを使って映画をみたり、至れり尽くせりのキャンプになります。

しかし、ひとつ大きなデメリットがあります。

それは、電源サイトを中心にキャンプ場選びをすると、そもそも電源サイトがある場所がすくないので、冬のキャンプ場が限定されてしまうことです。

つまり「好きな場所キャンプができない」ということですね。

そのため、

星がきれいな場所でキャンプがしたい

だったり、

川のせせらぎを見ながら冬キャンプがしたい

といった願いを叶えることができないのです。

ーーー

ですが、安心してください。

そんな人のために、『電源なし』で冬キャンプを快適に過ごす方法をまとめています。

大切なことは、冬用装備を揃えること。

個人的には、ソロから始めるのがおすすめですよ。

▶【祝:電源なし】冬キャンプを快適に過ごす冬用装備【結論:無敵です】

スポンサーリンク

「コットなし」にプラスする寒さ対策

寒さ対策

ここまで、コットなしで冬キャンプを過ごす3つの選択肢を解説しました。

ですが、この3つの選択肢はあくまでも「冬の底冷え」を対策しているだけです。

残念ながら、冬キャンプで暖かく眠るためには、

  • シュラフ
  • 暖房
  • 服装

これらの対策をプラスする必要があります。

ですが、ここで説明すると長くなるので、詳細記事のリンクを貼ります。

自信が無いところだけ、確認してみて下さい。

①シュラフ

シュラフ

シュラフのポイントは、

冬用シュラフを「買うか?or買わないか?

正直、この選択で対応が変わります。

もし、資金に余裕があり、軽登山も考えている人は、こちらの記事をご覧ください。↓

▶【爆睡率NO.1】モンベルの冬キャンプ用シュラフ5選【軽登山もOK】

もしくは、

今お持ちの3シーズンシュラフで過ごしたい人はこちらの記事を。↓

▶【組合せの科学】冬キャンプを3シーズンシュラフで過ごす方法

②暖房

石油ストーブ

暖房を選ぶ際に大切なことは、

暖房の選択肢」をすべて知ることです。

その上で、自分の予算やスタイルにあった暖房器具を選ぶことが大切です。

そしてそれは、この記事でわかります。↓

▶【最強のギア】冬キャンプおすすめの暖房グッズ9選【初心者必見】

③服装

冬の服装

服装のポイントは、

「どんな服を着るのか?」

ではなく、

「どの順番で服を着るのか?」

この一点に尽きます。

なぜなら、登山家の人たちが、まさにこの方法を使って体温をコントロールしているからです。

そして、その順番を紹介しているのがこの記事です。↓

▶【秒でわかる】初心者が選ぶべき冬キャンプの服装【経験者の服装も公開】

スポンサーリンク

まとめ

車中泊

いかがでしたでしょうか?

今回は、コットなしで暖かく過ごす3つの選択肢を紹介しました。

もう一度、まとめると、

コットなしの選択肢は3つです。

  • マットを2重にする
  • エアーマットを使う
  • 電源サイトを使う

この中で、

予算をできるだけ押さえたい人はマットを2重にするのがベストです。

特に、ダンボールの断熱性がものすごく高い(R値3.0~4.0)ので、お金をかけなくても冬キャンプができます(見た目の悪さも、マットの下に敷けば目立ちません)

また、

将来的に軽登山を考えている人はエアーマットが一番です。

値段は高いですが、あとから買い直すことが一番コストがかかるので、それなら最初から検討するのがよいかと。

最後に、

初めての冬キャンプなら電源サイトを利用することがベストです。

一番、確実で安全な方法ですよ。

そして、コットにプラスする寒さ対策は3つ

  • シュラフ
  • 暖房
  • 服装

これらすべての寒さ対策ができるなら、間違いなく冬キャンプで暖かく眠れます。

今回は長くなりましたが、ここで解説を終わりにします。

それでは、楽しい冬キャンプを。

P.S.それでも、冬の寒さ対策が不安なら。↓

冬キャンプに必要なすべての「寒さ対策」をまとめています。

▶【冬キャンプ入門】寒さ対策のまとめページ【結論:初心者必須です】

今回紹介したアイテムはこちら

コメント