【冬キャンプの大失敗】経験者が語る注意点と失敗8選【初心者必見】

Winter camp failures and advice

冬キャンプが心配な人

「冬キャンプに行こうか迷っています。行きたいけど、夜は冷えるだろうし、正直、何に注意したらいいのか分からない…。経験者が失敗したポイントが分かると、安心して準備できるのにな…。」

こういった疑問にお答えします。

こんにちは!tatsuです。

今回は、『失敗から学ぼう!』と題して、私や他のキャンパーが、実際に冬キャンプで経験した、数々の失敗を紹介します。

今回は特に、

冬キャンプに行きたいけど、何に注意したらいいのか分からない。

こんな人が、安心して冬キャンプに行ける内容を解説します。

✔この記事の信頼性

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

この記事を書いている私は、冬キャンプ歴1,000時間以上。そして、たくさんの失敗を重ねてきました。

だからこそわかるリアルな失敗事例をお伝えしますね。

スポンサーリンク

【冬キャンプの大失敗】経験者が語る注意点と失敗8選【初心者必見】

失敗とアドバイス

まずは、私が失敗した事例を5つ紹介します。

正直、色々ありました。

私が失敗したのは、こういう状況でした。

私の失敗①『電源サイトで延長コードを忘れる』

延長コード

これは、冬キャンプに慣れた頃にやってしまった失敗です。

電源サイトというのは、家庭用のコンセントが使えるキャンプ区画の事です。

価格は3,000円~5,000円程度。電源サイトはファミリーで冬キャンプをするなら、おすすめのサイトです。

なぜなら、

キャンプ場で『電気カーペット』が使えるからです。

電気カーペット

電気カーペットは、冬キャンプの必需品。

これがあれば、冬キャンプにおける地面からの『底冷え』を軽減してくれます。

しかし、皆さん。

絶対に『延長コード』を忘れてはダメです。

なぜなら、

電源サイトにある電源コンセントは、テントから若干距離があるため、延長コートが無いと届かないのです。

そのため、『延長コード』が必須です。

延長コードのポイントは3つ。

  • 長さは10m程度
  • 防水使用
  • 夜に目立つ色

長さは10mあれば、全ての区画で安心です。また、雨が降る可能性があるので、防水使用を選びましょう。さらに、夜に目立つ色だと子供が転ぶ可能性が低くなります。

私のおすすめはこちらです。

野外で使うことに特化した延長コードですよ。

「電源サイト=延長コード」忘れちゃダメ絶対!!

私の失敗②『凍てつく水の冷たさで、両手が・・・』

水場

はい。2つ目はこちら『水の冷たさ』における失敗です。

「・・・私は舐めてました」

みなさん。冬場は本当に水が冷たいです。特にキツイのは、『食後の皿洗い』ですね。

想像してください。

冷え切った冬の夜に、食器を持って水場に向かいます。食器はたくさん。なぜなら、家族分ありますから。すでに耳が痛い。寒さで鼻も出ます。そんな状況で、蛇口をひねり、手を近づけ、水に触れてみると

『ギャーッ』c(>_<。)ゞ*イタイ~

これは、本当に過酷な作業です。冬の水を舐めてはいけません。

したがって、水場に

『沸かしたお湯』と『ゴム手袋』を持っていくと効果的です。

また、最初から『食器を紙皿にする』こともおすすめです。

ソロはまだしも、ファミリーキャンプだと食器の量が多いので大変です。

今では100円ショップにオシャレな紙皿もありますので便利ですよ。

あと、お湯が使える『高規格』のキャンプ場もあるので、事前に確認してみて下さい。

冬は洗い物が少ない方がベター。できれば、紙皿を使うべし。

私の失敗③『底冷えで、夜、眠れず。・・・家族は熟睡』

寝不足の男性

「・・・これは本当に辛かった」

これは、私が初めて冬キャンプに行った時のことです。

冬キャンプの対策を事前に勉強して準備はOK。電源サイトを予約して『電気カーペット』も持ってきました。そして、銀マットを敷いて、コールマンで買ったシュラフも並べます。さあ、寝よう!

って何これ。『電気カーペット』の長さが足りない…。

唖然

そうなんです。電気カーペットを準備しましたが、広げてみると、私の所までは届きません。結局、一人だけはみ出して寝ることに…。

この時に初めて『底冷え』という寒くて眠れない地獄の体験をしました。

正直に言います。冬場の冷気は本当にきついです。なので、必ずカーペットのサイズも確認しましょう。

目安としてはこちらを参考にして下さい。

・2畳用寸法:175cm×175cm
・3畳用寸法:195cm×235cm

「電気カーペットを持っていくから」と安心してはダメ。サイズ的に家族全員が寝れるのか要確認。(またそのサイズがテントに入るかの確認も忘れずに

私の失敗④『ストーブをつけたまま泥酔。危うく・・・』

危険

これは、ソロキャンプでの出来事です

外が寒くなってきたので、テントの中に入りつつ、ストーブをつけました。そこでもお酒をのみ、寒くなったのでシュラフに入って、そのまま泥酔。

しかし、夜中にあまりの頭痛に目が覚めると、そこには点けっぱなしのストーブが・・・。

ストーブ

これは、本当に危険です。

幸いなことに途中で頭が痛くなり、たまたま起きましたが。そのまま寝ていたら…。

実は、テントの中で換気せずに暖房器具をつけたままだと、『一酸化炭素中毒』になる危険があります。

そもそもメーカーは、テント内での火気類は推奨していません。

そのため、火気類を使う時は小まめな換気と、寝るときには必ず消す必要があります。

とはいえ、ソロキャンプでは油断してしまうことも…。

したがって、必ず一酸化炭素チェッカーも使いましょう。

値段もそこまで高くないので、命を守るためにも検討してみて下さい。

ちなみに、一酸化炭素の特徴を下記にまとめています。

  • 無味、無臭
  • 空気とほぼ同じ重さで強い毒性
  • 軽度の頭痛、吐き気等からはじまり、その後、昏倒、致命傷
  • 発生原因⇒酸素が少ない状況での不完全燃焼

詳しい一酸化炭素中毒の症状や対処法を知りたい方はこちらを↓

▶【こうして私は一酸化炭素中毒になりました…】冬キャンプでの大失敗

テント内での火気使用時は必ず換気を。特にソロキャンプは油断しがち。そのため、できる限り『一酸化炭素チェッカー』も使いましょう。

私の失敗⑤『翌朝、CB缶のガスが使えない』

ガス缶

これは、初めてのソロキャンプで経験しました。

ソロキャンプの翌朝。朝の冷え込みで芝生一面に霜が降りています。

とても寒い。

「こんな時は暖かいコーヒー」

という事でガスコンロを使おうと思ったら、アレ?火が点かない。

いや、よく見ると若干は点いてますが、火力が弱い。これではまったくお湯が沸かせません。

結局、気温が暖かくなるまで、火は使えませんでした…。

実は、

家庭用のCB缶は推奨温度が10℃なので、冬キャンプでは使えないのです。

したがって、冬キャンプではOD缶(outdoor缶の略)がおすすめ。

OD缶には通常用と寒冷地用の2つがありますので、冬キャンプでは寒冷地用のOD缶を購入しましょう。

ただし、OD缶は値段が高いです。CB缶の2倍~3倍の値段はします。

ですが、ここは節約する部分ではないので、きちんとしたガスを購入しましょう。

しかし、皆さん朗報です。

CB缶にも寒冷地用があります。(当時の私は知りませんでした・・・)

そのため、CB缶を使うならこの寒冷地用でも大丈夫です。実際に、外気温が0℃付近の環境では問題なく使えます。(雪中キャンプでは寒冷地用のOD缶がいいですよ)

冬キャンプは寒冷地用のOD缶推奨。どうしてもCB缶を持っていくなら寒冷用のCB缶を推奨。(雪中キャンプを除く)

スポンサーリンク

キャンパー達の失敗『やっちまった~!!』

やっちまった。

ここからは、キャンパー達の失敗を紹介します。

⑥焚き火での失敗

寒いので焚き火に近づきすぎたら、大事なダウンジャケットに穴が空いた。

燃えやすい素材で焚き火に近づく。

燃えにくい素材のアウターを着る。

これは、よく聞く失敗ですね。特に冬場は寒いので、より焚き火に近づきます。そのため、火の粉が飛んでくる可能性が高くなるのです。

ですので、燃えにくい『綿素材の服』を着ることが大切です。

私も愛用していますが、ワークマンの『綿アノラックパーカー』は安くて、ガシガシ使えて便利ですよ。

⑦石油ストーブでの失敗

車で移動中に石油ストーブの灯油が漏れた

灯油が入ったままストーブを車に積んで移動する。

ストーブを持っていくときは、必ず灯油を抜く。

これは私も失敗しました。1ヵ月は車内の匂いが取れませんでした。

ストーブに関しては、正直、形にもよります。私は2つ持っていますが、タンク分離型はこぼれ、タンク一体型はこぼれませんでした。

ストーブ
タンク分離型
石油ストーブ
タンク一体型

しかし、タンク分離型でも灯油を抜く作業は5分で終わりますから、そこまで面倒くさい作業でもないですよ。

⑧水道の凍結による失敗

翌朝、起きて水を汲みに行ったら、蛇口が凍結していた。結局、キャンプ場の売店が開くまで何もできなかった。

水を確保せずに、就寝する。

氷点下を下回るキャンプ場では、あらかじめ水を確保しておく。

これは、念のため準備した方がいいです。

注意点として、ジャグなどで確保した水をテントのに放置しないこと

外に放置すると、同じように凍りますよ。

水が使えないと、顔や手を洗ったりできないので、地味に困ります。

忘れずに準備しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、冬キャンプが心配な方に向けて『経験者の失敗』を紹介しました。

冬キャンプは、場合によって命の危険があります。

したがって、

私や他のキャンパーの失敗を踏まえて、冬キャンプの準備をしましょう。

また、キャンパーの失敗をリサーチしていくと、忘れ物がとても多いことに気づきました。

面倒ですが『持っていくものリスト』を作成し、出発前に最終確認するのがベストです。

さあ、準備は整いました。これで心置きなく冬キャンプに向かえますよ~!

いや、ちょっとまってよ!正直、まだ不安なんだけど!

安心してください。そう感じる人はこちらをどうぞ。

冬キャンプで必要な『寒さ対策』をすべてまとめました。

▶【冬キャンプ入門】寒さ対策のまとめページ【結論:初心者必須です】

今回紹介した商品はコチラ

コメント