【冬キャンプの総出費】忖度なしのガチ金額を公開【初心者必見のお金事情】

冬キャンプを始めたい人
「今年は冬キャンプに行こうと思っています。でも、初めてだと総額でいくらかかるのか分かりません。なので、怖くてなかなか踏ん切りが…。経験者の方に、大体の金額を教えてもらいたいな。あと、出来れば、お金をかけずに暖かく過ごす方法も教えてほしい」

こういった疑問にお答えします。

今回は、初めて冬キャンプに行く人に

お金って総額でいくらかかるの?

というお話をしていきたいと思います。

正直、どれくらいかかるか分からないと、なかかな行動に移せませんよね?

なので、今回は全体像をイメージできるように。また、出来る限りお金をかけない方法を解説していきます。

ちなみに、こういった条件を前提とします。

①キャンプ自体は初めてではない(春、夏、秋は経験済み)

②最低限必要な装備は揃っている(テント、3シーズンシュラフ、テーブル、チェア、焚き火台など)

スポンサーリンク

冬キャンプのお金の総額は?

私が、冬キャンプを始めた時の明細と総額がこちら。(ちなみに、私は子供2人の4人家族です。)

冬キャンプの固定費】

  • サイト使用料(電源サイト)5千円
  • 交通費(ガソリン代、高速代)4千円
  • 食事代(4人家族、鍋、朝ごはん)5千円
  • 延長コード(電源サイトで必要)3千円
  • 一酸化炭素チェッカー(新規購入)2千円
  • 灯油代(半分使ったので)1千円
  • ホッカイロ(張る用と普通用のまとめ買い)1千円

冬キャンプの変動費】

  • 4人分の服装代(詳細は後述)1万円程度
  • 電気カーペット(自宅兼用)0円
  • 3シーズンシュラフ(購入済み)0円
  • 人数分の毛布(自宅兼用)0円
  • 石油ストーブ(新規購入)2万円
  • ラグ×2(しまむらで購入)4千円
  • ブランケット(自宅兼用)0円
  • 電気毛布(寒かった時の保険)2千5百円程度
  • 湯たんぽ(寒かった時の保険)2千5百円程度

私の場合はこんな感じでしたね。

上の青リストが、ある意味『固定費』です。(合計2万1千円)

下の赤リストは、すでに持っているなどの個人差があるので、ある意味『変動費』です。(合計3万9千円)

合わせると、私の場合は一泊二日の初めての冬キャンプ費用が、

総額6万円でした。=͟͟͞͞( ꒪⌓꒪)ヤバイ

2回目以降が、総額1万5千円ぐらいですね。(サイト使用料と交通費と食事代と灯油代)

まあ、交通費は場所によるので除外すると、食費とサイト使用料と灯油代で1万1千円程度です。

ちなみに、「家に石油ストーブはあるよ~」って人の場合は、交通費も除くと、

初回費用が総額で3万6千円ぐらいで冬キャンプが出来ます。

2回目以降は、1万1千円ぐらいですね。(食費とサイト使用料と灯油代)

※もちろん、自宅に電気カーペットが無いなど、個人差があるので、参考までに。

やっぱり、電源サイトがいいのかな?

普通のサイトよりも、電源サイトの方が1,000円~2,000円程度割高なので、敬遠する人も多いかと思います。

ですが、家族で初めて冬キャンプをするなら、絶対に電源サイトの利用を勧めます。

なぜなら、電源サイトを利用すると、電気カーペットが使用でき、それが地面からの『底冷え』を軽減させるからです。

実は、冬キャンプで暖かく過ごす為には、この地面からの底冷えを対策しなくてはなりません。

仮に、電源サイトを使わないのであれば、コットを購入する必要があります。コットとは簡易ベッドの事で、地面に直接触れないので、底冷えを軽減できる装備です。

ですが、一つのお値段が1万円前後してしまうので、それを家族分となると、なかなか手が出せません。

一方で、電源サイトを利用すると、コットを購入しないで済むので、サイト使用料だけで過ごせます。

なので、圧倒的に電源サイトを利用した方が、費用を抑えられるのです。

ちなみに、電源サイトを使用するなら『延長コード』を忘れずに

実は、電源コンセントとテントまで若干距離があります。

なので、延長コートが無いと暖房器具を使用できません。

おすすめはこちら。長さは10m、防水使用で、夜に子供が転ばないように目立つ色がポイントです。

3シーズンシュラフで眠れるの?

寝床対策

「上のリストには『冬用シュラフ』が無くて、『3シーズンシュラフ』と書いてあるけど…」

『本当に3シーズンシュラフで眠れるの?』

こう疑問に思う方も多いかと思います。

結論としては、3シーズンシュラフで眠れます。

なぜなら、電源サイトで電気カーペットを使うからです。

実は、電気カーペットは地面からの冷気を遮断するだけではなく、それ自体が熱を発する暖房器具なので、体を暖めることも出来るのです。

実際に、寝るときはどんな感じ?

実際に、私が家族で冬キャンプに行く時には、電源サイトで電気カーペットを使用し、3シーズンシュラフで寝ます。

一応、寒くなった時の保険として人数分の毛布を持っていくので、子供達にもシュラフの上から毛布を掛けます。

ですが、子供たちは暑がりなので、毛布を掛けると熱いらしく、寝袋からはみ出てきます。

なので、夜中になると毛布を外しています。

それぐらい、暖かい環境だということです。ヌクヌク(温ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )

じゃあ、冬用シュラフはいらないでOK?

はい。基本的に電源サイトで、電気カーペットを利用するなら必要ありません。

冬用シュラフは羽毛で作られているため、非常に高価です。

平均的な価格だと、1つ30,000円はしてしまいます。

なので、これを家族分となると、絶対に冬キャンプには行かないですよね(笑)

ところが、電源サイトを使うと冬用シュラフを購入しなくていいので、だいぶ経費を抑えられるかと。

服装はどんな感じなの?

服装に関しては、基本的には家にある冬用の服を持っていきます。

なので、実際に購入したのは、こちらです。

  • UNIQLO超極暖(これは本当に暖かい!)
  • UNIQLOネックウォーマー
  • UNIQLO手袋
  • UNIQLOヒートテックタイツ

私と妻はすでに持ってるものが多かったので、足りない子供の分を購入した感じです。

これで、総額1万円ぐらいでした。

服装に関しては、こちらの記事に詳細をまとめています。

服を着る際の『大切なポイント』や『子供の服装や注意点』などをまとめています。

また、冬用サンダルの『SUBU』ってご存知ですか?

毎年、人気の色とサイズは早々に売り切れてしまうのですが、本当に暖かくて冬キャンプにピッタリです。

さらに、ビックリするぐらいお安いですよ。Σ(゚Д゚;)アラマッ!

やっぱり、石油ストーブは必要なの?

正直、出来ればあった方がいいです。

なぜなら、電源サイトに電気カーペットのみだと、地面からの底冷えを軽減し、寝るときにも暖かく過ごせます。

ですが、それだけだとテントの中を暖めることは出来ないのです。

なので、テントの中を暖める専用の暖房器具が必要になります。

それが『石油ストーブ』です。

また、冬のキャンプは本当に寒いので、

「もう少し外で過ごしたいけど、寒くて外に居られない」(;>_<;)

といった環境になります。

そうなった時に、石油ストーブでテントの中が暖められていると、テントに避難することが出来ます。

また、居住性が高いツールームのようなテントだと、テントの中で料理や食事、またお酒を飲みながらゆったりと過ごすなど、とても快適に過ごせますよ。

電気毛布や湯たんぽは本当に必要?

電気毛布や湯たんぽは、カイロと同じように補助的な暖房器具という位置づけです。

電気カーペットや石油ストーブで、テントの中を温めていても、

「ちょっと手足が寒いな~」

といった事があります。

また、寝ているときも同様で、

「ちょっと足元が寒い…」

なんてことも。

そんな時に、使えるのが『電気毛布』『湯たんぽ』です。

ちょっとしたときに使える補助的な暖房。なので、必要無いと思えば購入はしなくてOKです。

ですが、私は購入してよかったと思っています。やはり、簡単に使える便利さが魅力です。

電気毛布のおすすめはコチラ

私も2年以上使っていますが、丈夫で本当に暖かいです。電気毛布と言ったらコレを選べば間違いありません。

湯たんぽのおすすめはコチラ

私も使っていますが、湯たんぽはマルカ一択です。ほとんどのキャンパーがこのマルカを愛用しています。値段も手頃で、直火もOKなので、ストーブの上に置いて、そのまま使えますよ。

一酸化炭素チェッカーって何?

一酸化炭素チェッカーとは、その名の通り一酸化炭素を検知するために使うアイテムです。

実は、テントの中で石油ストーブのような火気類を使用すると、一酸化炭素中毒になり、最悪死の危険性があります。

一酸化炭素とは、無味無臭で人間は症状が出ないと気づくことは出来ません。

なので、以下の対策が必要になります。

①テント内の適度な換気を行う(1時間に1回、1~2分程度)

②一酸化炭素チェッカーを使用する。

私も使っていますが、こちらの商品が値段も手頃でおすすめですよ。

ちなみに、

こんな偉そうに説明していながら、私はソロキャンプで『一酸化炭素中毒』になりました。Σ(‘◉⌓◉’)ぇぇ

なぜなったのか?どういった環境だったのか?詳しくはコチラの記事で。

実は、その時は一酸化炭素チェッカーを使っていませんでしたヾ(-ω-;)ォィォィ

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「冬キャンプには総額でいくらかかるの?」といった疑問を中心に解説しました。

どうでしたか?

以外にかかりますよね…(lll-ω-)チーン

でも、『初回だけ』です。やはり初回だけは、費用はかかってしまいます。

「やっぱり、冬キャンプはやめとこうかな…」(ヾノ・ω・`)ムリムリ

もちろん、その選択もありかと。

予算をオーバーしているのに無理に行く必要はありません。

ただ、これだけは言わせてください。

冬キャンプの楽しさは『不便さ』と『非日常』にあります。

いつもの日常とは違って、寒くて体がガタガタ震える時の、暖を取る焚き火の『ありがたさ』や、その環境で食べる熱々の鍋の驚くほどの『美味さ』。どうしても寒くて耐えられなくなった時に、テントの中で感じる石油ストーブと電気カーペットの『無敵感』。周りには、人も少なく、見上げると満天の星空が輝いていた時の『幸福感』

こんな環境で過ごす冬キャンプは、人生観が変わるような『言葉にできない感動』を与えてくれます。

なので、会社での疲れや、人間関係でのストレスを貯めている方たちこそ、冬キャンプはおすすめですよ。

ぜひ、ご検討ください。(≧∇≦)/

それでは、楽しい冬キャンプを。

P.S.ちなみに、冬キャンプでのおすすめ料理を知りたいならコチラ

コメント