【電源サイトの必需品】冬キャンプで必要な持ち物7選【初心者必須】

スノーピーク奥日田

冬キャンプデビューする人

「電源サイトを利用して冬キャンプに行こうと思っています。でも、何を持っていけばいいのかな?石油ストーブはやっぱり必要?持ち物や注意点などいろいろ教えてほしい…」

こういった疑問にお答えします。

✔この記事でわかること。

  • 経験者が持っていく「電源サイトの必需品」がわかる
  • 自身の装備の「抜け」や「漏れ」を確認できる
  • 電源サイトの「注意点」がわかる

「冬キャンプに行くなら電源サイトを利用した方がいいよ!」

これは、よく聞くアドバイスであり、実際その通りです。

電源サイトとは、家庭用のコンセントが使えるサイトのことで、通常のサイトよりも+1,000円~2,000円高い料金となっています。

しかし、冬キャンプ初心者の方でもかんたんに暖かくすごせるので、冬には大人気なのです。

ですが、

結局、何を持っていけばいいの?

こんな悩みを持つ方も多いはず。

そのため今回は、電源サイトで暖かく過ごすための「必須アイテム」をご紹介。

この記事を読めば、電源サイトで安全に暖かく冬キャンプがすごせますよ。

この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶ブログ歴1年半で90,000PV達成
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

スポンサーリンク

【電源サイトの必需品】冬キャンプで必要な持ち物7選【初心者必須】

スノーピーク奥日田

多くのキャンパーが「電源サイト」を利用する理由は、暖房器具を使うことで手軽に安く「寒さ対策」ができるからです。

たとえば、電源サイトを利用せずに冬キャンプを過ごすと「コット」や「冬用シュラフ」といった多くの『冬用装備』が必要になります。

しかし『電源サイト』を利用すると、そういった『冬用装備』がなくても、かんたんに寒さ対策ができるのです。

じゃあ、どういった「持ち物」が必要なの?

私が実際に持っていく『持ち物』はこちらです。

  1. ホットカーペット
  2. 3シーズンシュラフ
  3. 人数分の毛布(保険)
  4. 電気毛布(保険)
  5. 延長コード
  6. 石油ストーブ
  7. 湯たんぽ(保険)

電源サイトの必需品①:ホットカーペット

ホットカーペットは電源サイトの必需品です。

なぜなら、

冬キャンプの大敵である『地面からの底冷え』を軽減できるからです。

地面からの「底冷え」は本当に強烈です。

私が初めて冬キャンプへ行ったときは「底冷え」で寒くて眠れない『地獄の体験』をしました。

しかし、ホットカーペットがあれば地面からの底冷えを軽減してくるので、暖かく眠ることができます。

さらには、家でホットカーペットをつかっているなら、新たに買い直す必要がありません。

もしお持ちでないなら、アイリスオーヤマのホットカーペットが安くておすすめですよ。

しかし、ホットカーペットには「注意点」も

ホットカーペット

家で使い慣れているホットカーペットも、野外で使うとなると勝手が違います。

じつは、

野外で使うホットカーペットは「敷き方」を工夫する必要があるのです

具体的には、こういった順番で敷きます。

  1. 地面
  2. ブルーシート
  3. テントグランドシート(テント)
  4. 銀マット(銀側が上向き)
  5. ホットカーペット
  6. ブランケットorラグ

これが「屋内」と「屋外」の違いですね。

詳しくは「【冬キャンプ初心者必見】ホットカーペットの上手な使い方+注意点」でまとめているので、冬キャンプに行く前にご確認ください。

電源サイトの必需品②:3シーズンシュラフ

私が家族で冬キャンプに行く場合には、

3シーズンシュラフ」を使います。

えっ!3シーズンシュラフで眠れるの?

と驚かれると思いますが、ホットカーペットを使うことで眠れます。

なぜなら、

ホットカーペットは地面からの冷気を遮断するだけでなく、熱源にもなる暖房器具だからです。

これも電源サイトのメリットのひとつで、ホットカーペットを使えば「3シーズンシュラフ」でも暖かく眠れるのです。

そのため、新しく「冬用シュラフ」を買う必要がありません。

冬用シュラフとは羽毛で作られたシュラフのことで、値段は最低でも3万円以上します。

3万円は高すぎる…。

そうですよね。

この高額な冬用シュラフの購入が、冬キャンプのハードルを上げている原因のひとつです。

ですが、

電源サイトでホットカーペットを使うと、高額な冬用シュラフを購入する必要がありません。

なので、コストを大幅に抑えることができるのです

ちなみに、私が使っているのはこちらの「3シーズンシュラフ」ですね。

洗濯機で洗えますし、シュラフ同士で連結もできるので、小さいお子さんと一緒に眠れますよ。

電源サイトの必需品③:人数分の毛布(保険)

出典:Amazon

さらには、保険として『人数分の毛布』も持っていきます。

なぜなら、

寒さが想定以上だった…。

であったり、

電気カーペットが壊れた…。

といったトラブルも起こる可能性があるので、こういった「備え」も大切なのです。

使い方としては、3シーズンシュラフの上にかけるイメージですね。

ですが私の子供たちは、毛布を掛けると暑いらしく、汗をかきすぎるので夜中には外しています。

それぐらいホットカーペットが『暖かい環境』だということですね。

でも、想定外も起こりうるので必ず毛布は持っていきましょう。

電源サイトの必需品④:電気毛布(保険)

電気毛布』も寒かった時の「保険」として必要なアイテムです。

夜中に寒すぎた時や、ひざ掛けなど、用途は幅広く本当に便利です。

値段もお手頃なので、ひとつは持っておくことをおすすめします。

ちなみに、私が使っているのはこちら。

キャンパーに大人気のSugiyamaの電気毛布です。

Sugiyamaの電気毛布は「耐久性」と「価格」に優れたコスパが高いアイテム。

私も2年以上使っていますが、いまだに現役ですね。

詳しくは「【電気毛布が最強】冬キャンプで本当に使える暖房は電気カーペットじゃない理由」をご覧ください。

電源サイトの必需品⑤:延長コード

そして、

忘れてはいけないのは『延長コード』です。

電源サイトは「電源コンセント」と「テントを設置する場所」が少し離れています。

そのため、

延長コードが無いとコンセントに届かないため、電化製品が使えません。

キャンプ場によってはレンタルもありますが、2~3回で元が取れるので買った方がお得ですよ。

購入する際のポイントはこちら。

  • 長さは10mあればOK
  • 雨が降っても大丈夫な防水使用
  • 子供が夜に転ばない様に目立つ

こちらのシリーズは野外専用で作られているのでおすすめですよ。↓

電源サイトの必需品⑥:石油ストーブ


石油ストーブは、電源サイトでもフリーサイトでも必要です。

なぜなら、テントの中を暖めるのに一番適した暖房器具だからです。

もちろん、電気カーペットや電気毛布も優秀です。

しかし、

電気カーペットや電気毛布は、地面からの「底冷え」を軽減したり「体を暖める」もので、テント内の空気を暖めるものではありません。

だから『石油ストーブ』が必要なのです。

もちろん、石油ストーブでなくても『ガスストーブ』『薪ストーブ』と種類はたくさんあります。

じゃあ、どのストーブを選べばいいの?

基本的な違いはこちらです。

暖かさ重さかさばり手軽さ
石油ストーブ
ガスストーブ
薪ストーブ

個人的には、家族と一緒なら石油ストーブがおすすめですね。

なぜなら、暖かさを優先した中では、一番バランスが取れているからです。

「ガスストーブ」はソロ向け

ガスストーブ

もちろん、

ガスストーブではダメなの?

といった意見もあると思います。

ガスストーブはもっとも「手軽」なストーブですが、一方で「火力が弱い」といったデメリットがあります。

そのため、家族と一緒に過ごす「大型テント」の冬キャンプには向きません。

しかし、小さなテントのソロキャンプであれば、ピッタリの暖房器具ですよ。

「薪ストーブ」はおすすめしません

いっぽうで、

薪ストーブはどうなのかな?

という意見もあると思います。

個人的には、薪ストーブはおすすめしません。

なぜなら、めんどくさいからです。

個人の好みにもよりますが、薪ストーブは圧倒的に暖かく、独特の雰囲気の良さがありますが、それを吹き飛ばすくらい「準備」や「片付け」の手間がかかるのです。

ですが、そんな薪ストーブも最近では大人気。

なぜこんなにも「薪ストーブ」が売れるのでしょうか?

くわしくは「【覚悟が無いなら買うな】冬キャンプおすすめ薪ストーブ5選」で解説しています。

覚悟」がある方のみご覧ください。↓

電源サイトの必需品⑦:湯たんぽ(保険)

湯たんぽ

『湯たんぽ』は昔ながらの暖房ですが、とても暖かいです。

野外があまりにも寒かった時に、湯たんぽを膝に置くと「ぬくぬく」です。

また、寝袋は足元が寒くなるので、湯たんぽを入れると、暖かく眠ることもできますよ。

そして、

湯たんぽを選ぶなら絶対に『直火タイプ』を選びましょう。

じつは「湯たんぽ」は、お湯を沸かして本体に入れる作業が一番メンドクサイ。

しかし、直火タイプなら、水を入れてストーブの上に置くだけでOK

湯たんぽ

これは、本当に助かりますよ。

スポンサーリンク

電源サイトを利用する際の「注意点」

電源サイトで一番注意すべきこと。

それは、

電源サイトの上限W数を把握し、そのW数内で電気を使うことです。

なぜなら、もし容量をオーバーしてしまうと、お隣さんのブレーカーまで落ちる可能性があるからです。

そのため、きちんと上限W数を守って使いましょう。

ちなみに、

電源サイトの上限W数は1,000W~2,000Wが一般的です。

場所によってはW(ワット)ではなく、A(アンペア)表記になっていますので、こちらを参考にして下さい。

A(アンペア)W(ワット)
10A1,000W
20A2,000W
30A3,000W

また、基本的には電化製品自体に使用W数が標記されていますが、一応、下記を参考までに。

A(アンペア)W(ワット)
電気カーペット8A800W
電気毛布0.4A40W
電気ストーブ10A1,000W
こたつ6A600W

これらを踏まえて、上限を超えない様に上手に使いましょう。

冬キャンプには「注意点」がいっぱい

基本的に冬キャンプは寒いので、荷物も増えますし、暖房器具も使うので「注意点」がたくさんあります。

具体的にはこういったものですね。

  • 一酸化炭素中毒
  • 寒さでガス缶が使えなくなる
  • 焚火での注意点
  • 忘れ物

結構たくさんあるんだね。

そうなのです。

そのため、少しでも不安になるものがあれば「【冬キャンプの大失敗】経験者が語る注意点と失敗8選【初心者必見】」をご確認ください。

冬キャンプでよくある「失敗」と「注意点」をまとめています。↓

スポンサーリンク

電源サイトのデメリット

冬キャンプ

手軽で安く「寒さ対策」ができる電源サイトですが、唯一デメリットがあります。

それは『好きな場所』でキャンプができないことです。

つまり、キャンプ場選びの優先順位がどうしても『電源サイトがあるキャンプ場』になってしまうので、本来であれば行ってみたい『湖がキレイなキャンプ場』であったり、『海が目の前のキャンプ場』なども、電源サイトが無ければいくことができません。

これが一番のデメリットですね。

最初のうちはそれでいいんです。

いやいや電源サイトで十分だよ!

と大満足です。

ですが、しばらく冬キャンプを繰り返すと、だんだん物足りなくなってきます。

「もっと色々な場所で冬キャンプがしたい…」

悲しい人

これは私も経験しましたが、とても自然な欲求です。

「もっといい景色で、もっとワクワクするような冬キャンプをしてみたい」

「でも、家族分の冬用装備を買うとお金がかかるし…」

そんなときには、

ソロキャンプから始めてみましょう!

私の場合もそうでしたが、家族と一緒だと、万が一があってはいけないですし、家族分の冬用装備を購入すると予算オーバーになるので、やはり家族と一緒なら「電源サイト」を使うのが安心です。

一方で「ソロキャンプ」だと、冬用装備を買うコストも抑えられますし、何よりも自分一人なので「気が楽」です。

そのため、冬キャンプに慣れてきたら、ソロから「脱:電源サイト」にチャレンジしてみて下さい。

「冬キャンプ」がもっと楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は『電源サイトで必要な持ち物と注意点』を解説しました。

何度もお伝えしていますが、

電源サイトを利用すると手軽に安く『寒さ対策』ができます。

そのため、初めて冬キャンプをする方は、ぜひ検討してみて下さいね。

それでは、楽しい冬キャンプを!

P.S.冬キャンプの「寒さ対策」はこちらを読めば解決します。

コメント