【スカートは必要?不要?】冬キャンプ経験者がスカートのリアルを解説

テントスカート

テントにスカートが付いてない人
「冬キャンプに行こうと思っています。でも、テントにスカートが付いてなくて大丈夫かな?それとも、スカート付きのテントを買った方がいいの?寒さで眠れないのは嫌です。経験者のリアルな話を教えてください」

こんな疑問にお答えします。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

冬キャンプでスカートの有無は確かに迷うところ。

「テントにスカートが付いてないけど、本当に大丈夫かな?」

悩んでいる人

そんな、悩みをお持ちの皆さん。

安心してください。

冬キャンプに『スカートは不要』です。

もっと正確に言うなら、

冬キャンプにスカートは不要です。

でも、あったら便利』

正直、スカートとはこの程度の装備です。

もちろん、雪中キャンプは別です。

しかし、それ以外の環境であれば、スカート無しでも冬キャンプはできます。

ちなみに、

この記事を書いている私は、冬キャンプ歴1,000時間以上。

特に、ソロキャンプではスカート無しのテントで、何度も冬キャンプを過ごしています。

その経験を活かした、リアルな話をしていきますね。

今回は、こういった内容でお話しします。

  1. スカートが不要な理由(そもそもスカートは何のため?)
  2. スカートなしの『必須装備』
  3. 私の『リアル体験談』
  4. それでもスカートが欲しいなら?
スポンサーリンク

冬キャンプに『スカートが不要』な理由

冬キャンプにスカートは不要です。

なぜなら、

『冬用装備』を使うことで暖かくすごせるからです。

つまり、スカートがなくても、それ以外の冬用装備を使うことで暖かくすごせます。

え?本当に大丈夫なの?

そう感じた皆さん。安心してください。

そんな疑問への納得感を高めるために、

まずは、スカートのメリットを整理していきましょう。

スカートのメリットは?

スカート
出典:YOKA
  • 虫の侵入を防げる
  • 雨の跳ね返り防止
  • 保温性能が高い

スカートがあることで、

夏場はなどのテントへの侵入』を防ぐことができます。

そして、

雨天時はなどのテントへの侵入』を防ぐことができます。

最後に、

冬場は冷気のテントへの侵入』を防ぐことができます。

つまり、スカートは『防壁の役割』を果たしているんです。

結局、どういうこと?

考える

つまり、スカートがない問題点は、防壁がないことによる『保温性能』の低下です。

したがって、

保温性能が低下しても、暖かく過ごせる『冬用装備』を活用できれば問題ありません。

対策は2つ。

  • 冷気より暖かい暖房対策
  • 冬用装備で保温性能を高める

では、どんな冬用装備を使えば、快適に過ごせるのでしょうか?

それを、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

冬キャンプ”スカートなし”の『必須装備』とは?

出典:Amazon

これには、2パターンあります。

簡単に言うと、電源サイト

使うのか?』or『使わないのか?』

これによって、持っていく装備が違います

電源サイトを使う場合

電源サイト

電源サイトにはこちらの装備が必要です。

  • 電気カーペット
  • 3シーズンシュラフ
  • 電気毛布(予備)
  • 人数分の毛布(予備)
  • 石油ストーブ
  • インナーテント(カンガルースタイル)

■冷気より暖かい暖房対策

まずは、

電源サイトを利用し『電気カーペット』を使用すること。

これが最も大切な装備です。

なぜなら、

冬の天敵である地面からの『底冷え』を軽減してくれるからです。

これによって、冬でも快適に過ごせます。

具体的な方法はこちらを。↓

▶【冬キャンプ初心者必見】電気カーペットの上手な使い方+注意点

そして、『電気カーペット』には底冷えを軽減するだけでなく、

体を暖める効果もあります。

そのため、

なんと『3シーズンシュラフ』でも眠れるのです。

え、本当に眠れるの?

はい、本当です。

私の場合は、4人家族(子供2人)で、3シーズンシュラフと、保険として人数分の毛布と電気毛布を持っていきます。

ですが、子供の場合は毛布も掛けると熱すぎるらしく、汗をかきすぎてしまうので、いつも夜中には外しています。

それぐらい、電気カーペットが暖かいということです。

さらには、

『石油ストーブ』があると完璧です。

ギアミッション

テントにスカートが付いていないので、当然、外から冷気が入ってきます。

しかし、石油ストーブが冷たい空気を暖めてくれるので、むしろ「ちょうどいい」という感覚になります。

石油ストーブで大切なことは、『火力』とテントの『大きさ』を合わせること。

これに失敗するとスカートがないテントでは、いくら石油ストーブで温めても寒いままです。

そのため、必ずテントの大きさに合った石油ストーブを買いましょう。

でも、どうやって選ぶの?

安心してください。こちらで詳しくまとめています↓

▶【結論:火力重視】冬キャンプおすすめ石油ストーブ5選+正しい選び方

■冬用装備で保温性能を高める

最後に、保温性能を高めるために『インナーテント』が必要になります。

付属しているインナーテントが無ければ、他のテントのインナーテントでも構いません。

大切なことは、

テントを2重にすることで、空気の層をあえて作り出し、断熱効果保温効果を高めることです。

これは別名「カンガルースタイル」とも呼ばれています。

カンガルー

親テントの中に子テントがあるイメージですね。(笑)

このスタイルによって、スカートがないテントでも冷気遮断し、子テントの中で暖かく眠れます。

おすすめのインナーテントはこちら。

おしゃれキャンパーにはノースフェイスかMSRが人気ですよ。

電源サイトを使わない場合

  • コット
  • 冬用シュラフ
  • 石油ストーブ

電源サイトを使わない場合は、電気カーペットが使えないので、その代わり『コット』『冬用シュラフ』が必要です。

ヘリノックス コット

『コット』とは簡易ベッドのことで、地面に接地していないので、地面の底冷えを軽減することができます。

また、

『冬用シュラフ』とは羽毛で作られたシュラフのことで、シュラフ内での保温効果を高めることができます。

この2つの冬用装備を使用することで、スカートがないテントでも暖かく眠ることができるのです。

もう少し詳しい話が聞きたい方はこちらを。↓

▶【祝:電源なし】冬キャンプを快適に過ごす冬用装備【結論:無敵です】

スポンサーリンク

私のリアル体験談

私が冬キャンプに行く場合は、ファミリーキャンプソロキャンプでテントを使い分けています。

そして、ソロキャンプではスカートなしのテントを使って冬キャンプをしているので、その状況を説明していきます。

ソロキャンプの時には…

ソロベース

バンドックのソロベースという軍幕タイプのテントを使っています。

このテントはポリコットン素材ですが、『スカート』がありません。

なので、『コット』『冬用シュラフ』『石油ストーブ』を使って冬キャンプをしています。

ソロキャンプの時には…②
ソロキャンプの時には…③

基本的に、私が冬キャンプをする際の気温は-2℃前後です。

実際に、何度もこのスタイルでキャンプをして感じることは、

「スカートがなくても問題ない

ソロベース

ということです。

「寒いかな?」と感じるのは寝ようと思って、石油ストーブを消し、テントを締めた時ですかね。

その時は、下の隙間から風が入ってきて、少し寒いです。

ですが、

『冬用シュラフ』に入ってしまえば、中は暖かいので熟睡できます。

そのため、やはり冬用装備があれば、スカートが無くても安心して眠れますよ。

スポンサーリンク

それでも、スカートが欲しいなら・・・

スカート付き

スカート』は自作も出来ます。

多少不格好にはなりますが、暖かさには代えられないと思うのであれば、こちらをご覧ください。

また、

う~ん。やっぱり新しいテントを買おうかな?

と思う人にはこちらの記事を。

このサイトで一番人気のある記事です。↓

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は、冬キャンプ経験者がスカートのリアルを説明しました。

基本的には、スカートの有無はそこまで重要ではありません。(でも、あったら便利)

それよりも、

寒さ対策に必要な『冬用装備』の方が重要です。

ファミリーキャンプなら、

電源サイトで『電気カーペット』を使用し、『石油ストーブ』と『インナーテント』を使用することが一番。

また、ソロであれば

『コット』と『冬用シュラフ』と『石油ストーブ』があれば完璧ですね。

きちんとした冬用装備さえ準備できたら、スカートがなくても暖かく過ごせますよ♪

それでは、楽しい冬キャンプを。

P.S.スカートがなくても私のように一酸化炭素中毒の危険があります。↓

▶【こうして私は一酸化炭素中毒になりました…】冬キャンプでの大失敗

コメント