【人気急上昇⤴】なぜ人は『冬キャンプ』にハマるのか?【魅力を解説】

冬キャンプの魅力

冬キャンプに興味がある人

「冬キャンプに行こうか迷っています。でも、冬は寒いでしょ?本当にキャンプをして大丈夫かな・・・。そもそも『冬キャンプの魅力』って何なんだろう?なんでみんな冬キャンプに行くのかな?詳しく知りたいな・・・」

こんにちは!tatsuです。

今回は、私が大好きな『冬キャンプの魅力』についてご紹介いたします。

冬キャンプは行きたいけど、正直ハードルが高いですよね。

ご存知の通り、冬は夏とは違い寒いので、準備する物が多かったり、寒さ対策も色々あって、正直大変です。

ですが、それでも多くのキャンパーは『冬キャンプが大好き』です。

それは何故でしょう?

なぜ、そんな辛い思いまでして、冬キャンプに行くのでしょう?

皆さん、その『理由』を知りたくありませんか?

それを今から解説していきます。

スポンサーリンク

【人気急上昇⤴】なぜ人は『冬キャンプ』にハマるのか?【魅力を解説】

雪の中にいる女性

ちなみに、

この記事を書いている私は、冬キャンプを50泊以上体験し、たくさんの『喜び』と『失敗』を積み重ねてきました。

だからこそ分かる『冬キャンプの魅力』を紹介します。

なぜ、人は冬キャンプにハマるのか?

その理由はコチラです。

  1. 満天の星空がお出迎え
  2. 虫がいない。そして人もいない。
  3. 焚き火が本能を呼び覚ます
  4. 絶品の『鍋料理』に舌鼓
  5. 『お酒』が味覚と嗅覚を刺激する
  6. 薪ストーブでテントの中も癒される

それでは、一つずつ解説していきます。

①満天の星空がお出迎え

星空

冬は星が本当にきれいに見えます。なぜなら、空気が乾燥しているからです。

星を見て『うわぁ~、すごい!』と感動したことはありますか?

冬のキャンプではそれがあります。ある意味『人生観が変わる体験』です。

私が家族と一緒にはじめての『冬キャンプ』に行ったときです。

私は子供たちに喜んで欲しくて『天体望遠鏡』を買いました。

少々セッティングに時間がかかりましたが、準備はOK。

子供たちは初めて見る月の細かい隆起や星々にとても興奮していました。

家族で綺麗な星を見ながら、焚き火を囲い、暖かい飲み物を飲む。

たったそれだけの事ですが、そこには家の中では体験できない『感動』があります。

それが冬キャンプの魅力なのです。

天体望遠鏡に興味がある人はコチラを。選び方が簡単なので迷いません。

②虫がいない。そして人もいない。

雪国のキャンプ

続きまして冬の魅力2つ目は、『虫がいない。そして人もいない』です。

みなさん夏のキャンプはお好きですか?

申し訳ございませんが、私は嫌いです。(好きな方がいたらすみません)

なぜなら、虫が多くて人も多いからです。

夏にキャンプに行った人はわかると思います。あの虫と人の多さを。まだ、人が多いのは許せます。

ですが、虫が多いのは許せません。

なんど私のタレ皿に虫がダイブしてきたことか。

さらには、ランタンにどんどん虫が群がりますし、蚊がテントに入ってくると最悪です。

しかし、冬キャンプは大丈夫です。

虫がいません。人もいません。だから、本当にゆっくりできるのです。

冬こそキャンプの醍醐味。『冬=キャンプ』そう考えてもらって構いません。

虫が多くて騒がしい夏ではなく、ゆっくり過ごせる『冬キャンプ』に行ってみませんか?

夏には想像もできない静かな時間が、あなたを迎えてくれますよ。

③『焚き火』が本能を呼び覚ます

仲間と焚き火

続きましては、『焚き火』の魅力です。

ところで皆さん。『火』が人類にもたらした恵みをご存じですか?

人類は火を手に入れたことで急速に個体としての数を増やしました。

なぜなら、火を手にしたことで、夜には天敵である獣からの襲撃を真逃れることができ、食事は火を通すことで栄養価が増し、夜目がきかない夜の活動も可能にしました。

さらには、暖を取ることで寒冷地域までの移動を可能とし、火を絶やさないように交代制で火の番をすることで、周りの人間との協調能力が向上しました。

だから、急速に数が増えたのです。

話は戻しますが、寒いときにみんなで焚き火を囲って暖をとる。

これは昔の人類と全く変わらない光景なんでしょうね。

つまり、焚き火には『本能的な安心感』があるといっても過言ではありません。

みんなで『焚き火』を囲う

ただそれだけでいいのです。

それだけで十分『冬キャンプの魅力』になります。

■焚き火には、科学的に説明できる『癒し効果』があることをご存じですか?

『1/fゆらぎ』(エフぶんのいちゆらぎ)というのものです。

簡単にいうと規則的なゆらぎと、不規則的なゆらぎが合わさったものです。

人間の『聴覚』と『視覚』でこのゆらぎを感じることができます。

その1/fゆらぎが焚き火の炎の揺らめきと『ぱちぱち』という木が燃える音に含まれているのです。

④絶品の『鍋料理』に舌鼓

鍋料理

冬キャンプの魅力4つ目は『鍋料理がおいしい』です

『鍋料理』は本当においしいです。

もちろん、家で食べる『鍋料理』もおいしいです。

暖かい部屋で家族で囲む鍋。コタツもあります。もう、何も言うことはありません。

しかし、冬キャンプで食べる鍋は『レベル』が違います。いや『格』が違います。

なぜなら、体がそれを欲しているからです。

キャンプなど、外で食べるご飯は普段より1.5倍おいしいと言われます。

しかし、寒い中で、食べる鍋は1.5倍どころの騒ぎではありません。小分けした皿を持つ手ですら、そのお皿から感じる暖かさに歓喜します。

一口食べると

『うまい!!』

以外の言葉がありません。

さらに、鍋は翌日もおいしいです。朝の冷え切った体に味がしみ込んだ鍋を食べると生き返ります。

なので、冬キャンプの『鍋料理』は大切な魅力の一つなのです。

その他のおすすめの料理はこちらを。

⑤『お酒』が味覚と嗅覚を刺激する

宴会

冬キャンプの魅力5つ目は『お酒』です。

特に、あたたかいお酒です。

ここまで読んでくださった方なら、理解できると思います。

満天の星空を眺めながら、虫や人がいない空間を、焚き火を眺めて、家族や友達と談笑しながら、鍋をつつく。

そんな時に飲む『お酒』はどんな味がすると思いますか?

控えめに言って『最高!』です。

そんな最高のお酒の中で、今回は『おすすめの飲み方』も2つご紹介します。

①大定番『熱燗』です。

これは単純に鍋に合います。

熱燗と鍋は切っても切りはなせない関係です。

特に『アチィ!』ってぐらいの温度がおすすめです。

なぜなら、気温が低いので熱燗がすぐにぬるくなります。ですので、熱すぎるぐらいがちょうどいいんです。

また、鍋だけでなく、ブリ窯をアルミホイルで包んで焚き火に投下します。

そして10~15分ぐらいで中身を確認し、中まで焼けていれば完成。

それを塩のみをふっていただきます。その後に熱燗をあおります。

どんな味がすると思います?

ぜひ、冬のキャンプ場でお試しください。

②匂いだけでKO級!ホットバターラムの衝撃

これは『衝撃』でした。

もうね。『匂いが反則』なんです。匂いだけでよだれが出ます。

『ホットラムだけでもすごいのに、そこにバターって』

はい。皆さんもお試しください。

詳しい作り方はコチラの動画をご覧ください。

【キャンプ】寒い季節にピッタリ!ホットラムに挑戦してみた!

家でも作れますが、『冬のキャンプ』で飲むともっとおいしいのです。

※本当にグイグイいけるので、飲みすぎにはご注意を

⑥薪ストーブでテントの中も癒される

薪ストーブ

最後に紹介するのは『薪ストーブ』です。

もちろん、せっかくの冬キャンプです。

野外で『友達』や『家族』と焚き火で暖を取りながら談笑する。それも、幸せです。

しかし、テントの中でゆっくりと過ごす時間も、同じくらい『幸せ』なのです。

それを可能にするのが『薪ストーブ』です。

あの独特の『雰囲気』

テントから飛び出す『煙突のシルエット』

そして、テントの中でも見ることができる『炎のゆらめき』

そこで椅子に座りながら飲む『お酒』

想像しただけでも、Amazonをポチっとしそうです。

詳しくはこちらでまとめています。

スポンサーリンク

まとめ

焚き火で団欒

皆さん如何でしたでしょうか?

この記事を読むことで、『冬キャンプの魅力』がイメージ出来たなら幸いです。

正直、他にも『温泉が気持ちいい』だったり、『タープが必要ない』だったり、『クーラーボックスの食材がずっと冷たい』だったり・・・。数え上げればきりがありません。

ですが、あとは行ってからのお楽しみです。

それでは、楽しい冬キャンプを。

よし決めた!冬キャンプに行こう。それで、必要なものって何があるの?

冬キャンプに行く予定だけど、注意すべき点って何かあるのかな?

そういった疑問をお持ちの方は、こちらをご覧ください。

コメント