【知識武装せよ!】冬キャンプのツーバーナー対策|ドロップダウン対策

冬 ツーバーナー

冬でも安心して料理がしたい人
「冬は寒すぎてツーバーナーが使えくなるって聞いたけど、本当なの?そんな時はどうしたらいい?何か対策はあるのかな?いろいろ教えて!!」

こういった疑問にお答えします。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶ブログ歴1年半で90,000PV達成
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

冬キャンプで心配なこと。

それは、

寒くてバーナーの火が点かなかったらどうしよう?

ということ。

この不安は冬キャンプを検討している人なら、だれしも考えること。

ですが、実際に対策を調べてみても、

「正直、よくわからない…」

このように感じることはありませんか?

ちなみに、

私はソロキャンプで実際に火が使えなくなりました。

正直、冬キャンプで火が使えないということは「死活問題」です。

寒くても、暖かい「食べ物」や「飲み物」が作れませんからね。

私の場合は、幸いにも翌朝のことだったので、特に問題はありませんでしたが、前日の夜であれば大事になっていました。

そのため今回は「冬キャンプでもツーバーナーが使える方法」をお伝えします。

ところで、

なぜ冬はツーバーナーの火が点かなくなるのでしょう?

結論から言うと、

ガス缶に『ドロップダウン現象』が発生するからです。

では『ドロップダウン現象』とは何なのか?

それを今から説明していきますね。

スポンサーリンク

【冬キャンプで火が点かない問題】原因は『ドロップダウン現象』です。

ドロップダウン現象とは、ガス缶が外気温によって冷やされ『気化できない』ことで起こります。

つまり、

ガス缶の中にある「液体状のガス」が寒さで気化できないので、火が点かなくなるのです。

そして、このガス缶が冷やされる原因2つあります。

  1. 外気温が低すぎるので、ガス缶が冷たくなる。
  2. ガスが気化すると熱を奪うので、ガス缶が冷たくなる。

①の場合は、『冬特有の症状』です。

ですが、

②の場合は、ガス缶を『長時間使用』すると起こります。

例えば、夏にガス缶が問題なく使えるのは、長時間ガス缶を使用して冷たくなっても、外気温が高いので、すぐにガス缶が暖まるからです。

だから、夏場など温度が高いときは問題ないのです。

では、どうしたら冬でも『ドロップダウン現象』を抑え、ガス缶を使えるのでしょうか?

実は、方法は2つあります。

スポンサーリンク

この方法なら冬でもツーバーナーが使えます。

『2つの方法』はコチラです。

  1. 冬でも使える『寒冷地用のガス缶』を選ぶ
  2. 『ガス缶』自体を暖める

①冬でも使える『寒冷地用のガス缶』を選ぶ

実は、ガス缶の中に入っている『ガス』はすべて同じ種類ではありません。

このように『3種類のガス』が使われます。

ガスの種類沸点
液化ブタン-0.5℃
液化イソブタン-11.7℃
液化プロパン-42.09℃

(沸点とは、ガス缶にある液化状態のガスが、気化するのに必要な温度です。)

この中で、家庭用で使われるガス缶に含まれているガスは『液化ブタン』です。

沸点は-0.5℃となっていますが、実際のキャンプ場で使うと、外気温が10℃以下だと使えなくなります。

なので、『液化ブタン』が使われている家庭用のガス缶は、冬キャンプでは使わないようにしましょう。

家庭用のガス缶とは、こういったものです。


イワタニ カセットガス オレンジ 3本組 CB-250-OR

■どんなガス缶なら冬でも使えるの?

ガスボンベ

結論としては、『液化イソブタン』と『液化プロパン』が入っている『ガス缶』を使いましょう。

具体的には、こういったガス缶です。


コールマン(Coleman) 純正イソブタンガス燃料 Tタイプ 470g 5103A450T

スノーピーク(snow peak) ギガパワーガス500 プロイソ GP-500GR

『CB缶』ならこのタイプ


ソト(SOTO) パワーガス 3本パック ST-760 [HTRC 2.1]

ユニフレーム(UNIFLAME) プレミアムガス(3本) 650042 [HTRC 2.1]

これらのガス缶であれば、『液化イソブタン』『液化プロパン』のどちらかが配合されているので問題ありません。

■『OD缶』と『CB缶』ならどっちがいいの問題

基本的に、ツーバーナーはOD缶を使う製品が多いので、そのままOD缶を使うのがベストです。

ですが、簡単に違いだけは説明します。

OD缶(OutDoor缶)のメリット、デメリット
  • 缶自体が厚いので丈夫
  • 気圧が安定するので、火力も安定
  • 対応しているバーナーやランタンが多い
  • 値段が高い
  • アウトドア専門店でしか買えない
  • 廃棄処理が大変

値段は高いが、冬キャンプでの着火性能はバツグン。

それがOD缶です。

CB缶(Cassette Gas Bombe)のメリット、デメリット
  • 値段が安い
  • ホームセンターでも買える
  • 廃棄処理は簡単
  • 缶自体が薄いので取り扱いは注意
  • 高所や寒冷地に弱い傾向

値段は安いが、冬キャンプでの性能はOD缶に劣る。

それがCB缶です。

まあ、先ほども説明した通り、OD缶専用のツーバーなら、迷わずに『寒冷地用のOD缶』を使えば問題ありません。

ですが、

寒冷地用のOD缶』を毎回買うのは、金銭的に・・・。

と思うなら、『CB缶用のツーバーナー』を購入するのが良いかと。


ソト(SOTO) レギュレーター2バーナー GRID ST-526

ユニフレーム ツインバーナーUS-1900 610305

値段は高いですが、『長く使う』ならOD缶のガス代は抑えられるかと。

(でも、寒冷地用のCB缶は必要ですよ)

②『ガス缶』自体を暖める

あとは、ガス缶自体を暖める方法もあります。

ガス缶は、気化熱によって長時間使い続けると、冷たくなります。

なので、その冷たくなったガス缶に『ホッカイロ』を当てると、暖かくなり火が安定します。

劇的な効果は無いですが、火の勢いは戻ります。

注意点としては、キャンパーの中には直接お湯をかけて、缶を暖める方もいます。ですが、必要以上に暖めると爆発する危険もあるので、それは止めましょう。

また、CB缶であれば『直接缶を暖めるアイテム』もあります。

これは家庭用のカセットガスに付いている装置です。

例えば、皆さんが使っているが『CB缶やOD缶のカバー』は、単純にオシャレ要素が強いだけで、『保温性能』が高いわけではありません。

なので、こういったアイテムを使った方が、火が安定しますよ。

スポンサーリンク

まとめ

冬キャンプ ツーバーナー

如何でしたでしょうか?

今回は【冬キャンプで火が点かない問題】これで解決『ツーバーナー対策』を解説しました。

まとめると。

冬キャンプで火を点けるためには、以下の2点に気を付けましょう。

  1. 冬でも使える『寒冷地用のガス缶』を選ぶ
  2. 『ガス缶』自体を暖める

特に、『寒冷地用のガス缶』を使うことが最も重要な対策です。

忘れずに準備して、冬キャンプに臨みましょう。

それでは、楽しい冬キャンプを。

コメント