【暖房なし上等!】冬キャンプ暖房なしのポイント【気合と根性と知識】

雪山

冬キャンプに”暖房なし”を検討中の人

「冬キャンプに”暖房なし”で行こうと考えている。荷物を軽くして、自分が好きな場所でゆったりと過ごしたいんだよね。でも、本当に大丈夫かな?正直、心配だな・・・」

こんにちは!tatsuです。

今回は【心臓を捧げよ!】暖房なし冬キャンプのポイント【気合と根性と知識】を紹介します。

冬キャンプで一番心配なのは、『寒さ』ですよね?

そして、その『寒さ』を対策しようと思ったら、どうしても荷物は増えてしまいます。また、電源サイトを使う必要も。

しかし、それだと

本当に行きたい場所に行けない・・・。

そんな悩みを抱えていませんか?

でも、この記事を読めば、そんな悩みを解消できます。

まずは結論から。

結論:『暖房なし』で冬キャンプは出来ます。

では、どうしたらできるのか?

そのポイントを今から説明します。

スポンサーリンク

【暖房なし上等!】冬キャンプ暖房なしのポイント【気合と根性と知識】

暖かい服装

好きな場所で冬キャンプをするためには、『寒さ対策』をしなければなりません。

そして、寒さ対策』には、3つのポイントがあります。

  1. 底冷え対策
  2. 寝床対策
  3. 服装対策

その①:底冷え対策

毛布に包まった犬

まず、1つ目は『底冷え対策』です。

底冷え対策とは、『地面からの冷気をいかに遮断するのか』が大切です。

電源サイトなら、電気カーペットがあれば解決しますが、今回はありません。

ですので、違う手段を用いてこれを対策する必要があります。

これを解決するのは、この2つのアイテムです。

①コット

コットとは簡易ベットのことで、地面からの冷気を遮断します。

「地面が寒いなら、離せばいい」というような発想ですね。

コットは軽量なものがあり、持ち運びも簡単です。

手軽に持ち運びができるアイテムはコチラ。

DOD(ディーオーディー) バッグインベッド
ヘリノックス(Helinox) Helinox Tac タクティカルコット

コットの購入をお考えであれば、こちらの記事を見てもらった方が早いです。

詳しく解説しています。

Ⅱ.マット

マットは、コットを利用する場合でも必要です。

なぜなら、コットだけでは、底冷え対策は『不十分」だからです。

実は、地面とコットの間の空間に冷気が溜まりやすく、それをコットの布一枚では防ぐことが出来ないのです。

だから、マットが必要になります。

こちらがおすすめのマットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 1人用
Amazonベストセラー1位
THERMAREST(サーマレスト) アウトドア用マットレス クローズドセルマットレス Zライト ソル
芸人ヒロシさんも愛用

その②:寝床対策

寝床

続きまして、ポイントの2つ目は寝床対策です。

これは『いかにシュラフ内の温度を高めるか』に集約されます。

例えば、電源サイトであれば、『電気カーペット』と『電気毛布』を使用することで、3シーズン用のシュラフでも快適に眠れます。

ですが、電源がないサイトではそうはいきません。

必ず『冬用のシュラフ』を用意する必要があります。

冬用シュラフはコスパよりも、暖かくて軽い本格的な羽毛シュラフを選びましょう。

なぜなら、本格的なシュラフでないと寒くて眠れません。

おすすめはこちらです。

NANGA(ナンガ) オーロラライト600DX RED レギュラー

ナンガ オーロラライト 900DX レギュラーサイズ ブラウン

NANGAのシュラフの情報が、もっと知りたい方はコチラ。

その③:服装対策

冬服

もちろん、服装も大切です。

服装は、『レイヤリング』(重ね着)を理解する必要があります。

  1. ベースレイヤー(吸水速乾性)
  2. ミドルレイヤー(保温性)
  3. アウトレイヤー(防水性、防風性、透湿性)

この順番を意識すると、冬でも暖かく過ごせます。

以上を踏まえた上で、おすすめの商品はコチラ。

[モンベル] アウトドア インナーシャツ

patagonia(パタゴニア) 2019 メンズ クラシック レトロX ジャケット

NANGA ナンガ 別注モデル 焚火 ダウンジャケット

アウトドアブランドの方が、機能性は高い商品が多いです。

登山に行くことを目的として作られている商品が多いですからね。

ただ、お値段はします。

なので、個人的にはユニクロやワークマンをおすすめします。

問題なく冬キャンプで活躍してくれますし、高い服だと少しの汚れでも精神的に落ち込みます。

服装に関して、詳しく知りたい人はコチラを参考に。(私の服装リストも載せています)

補足:妥協の暖房器具

「できれば、暖房器具を持っていきたくない。でも、やっぱり心配だな・・・。何か手軽な暖房器具ってありますか?」

そうですよね。そうは言っても心配ですよね・・・。

もちろん、ありますよ。

基本的には、ガスストーブが手軽な暖房器具です。

コチラの2つのアイテムが便利で、持ち運びも簡単です。

①BRS遠赤ヒーターアタッチメント キャンプストーブ 遠赤外線ヒーター

②屋外キャンプミニポータブルヒーター遠赤ヒーター電子点火

もっとおすすめのガスストーブが知りたい方はこちら。

スポンサーリンク

まとめ

ご来光

いかがでしたでしょうか?

今回は、『暖房なしで冬キャンプに行けるポイント』を説明しました。

最後にポイントをまとめると、

  1. 底冷え対策(地面からの冷気の遮断)
  2. 寝床対策(シュラフ内の保温)
  3. 服装対策(レイヤリングによる保温)

以上の3点を踏まえて、準備をしてください。

寒さを気にせず、お気に入りの場所でキャンプをする。それこそが、一番癒される瞬間です。

ぜひ、今年の冬は体験してみて下さい。

それでは、楽しい冬キャンプを。

今回紹介した商品はコチラ。

コメント