【結論:厚さ8mm以上】冬キャンプでおすすめの銀マット6選

バックパック

銀マットを探している人
「冬キャンプに持っていく銀マットは何がいいのかな?失敗しない選び方はあるの?今使っているものが使えるなら、それが一番いいんだけど…。経験者にいろいろ教えてもらいたい。』

こんな疑問にお答えします。

本日は、冬キャンプに持っていく

『おすすめの銀マット』を紹介します。

ですが、みなさん注意してください。

銀マットは「安さ」で選ぶと失敗します。

正しい選び方は『厚さ』で選びます。

なぜなら、あまりに安くて薄い銀マットだと『冬の底冷えを遮断できない』からです。

具体的には、

冬キャンプには『厚さ8mm以上』が必要です。

ちなみに、この記事を書いている私は、冬キャンプ歴1,000時間以上。そして、数々の失敗体験をしてきました。もちろん、銀マットも『安さ』で選んでしまい、新しく買い直すことに…。

そんな私だからこそ分かる『本当におすすめの銀マット』を紹介していきます。

スポンサーリンク

冬キャンプで本当におすすめの銀マット6選

①UNDOK(バンドック) アルミ ロール マット サイズ M/L/LL 厚さ8mm シート

こちらは、バンドックの銀マットです。

厚さは8mmでサイズは(約)/W180xD60。

サイズは全部でM、L、LLと3サイズあるので、テントサイズに合わせて購入することができます。

テントのサイズに合わせることは、とても大切なのです。

それを、考えずに購入すると、私のような大失敗を犯しますよ。↓

▶【過去の大失敗】経験者が犯した冬キャンプでの失敗8選【初心者向け】

また、こちらは、コンパクトに収納できるロール式です。

②キャプテンスタッグ キャンプ用マット【Lサイズ】 キャンピングジャバラマット 120×200cm シルバー M-3316

こちらは、キャンプテンスタッグの銀マットです。

サイズは(約)⇒120cm×長さ200cm×厚さ8mm

先ほど紹介したバンドックよりも少し大きめのサイズ

この大きさだと車中泊にも使えます。

③極厚15mm 折りたたみレジャー行楽マット 石の上に敷いてもごつごつしない トレーニング エクササイズ

こちらは、ユーザー(User)の極厚マット。

その厚さはなんと15mmです。

全体のサイズは、180cm✖️120cm✖厚さ15mm

厚さもこんなに違います。

ここまでの厚さがあると、冷気を遮断できるだけでなく、クッション性が上がるので、寝心地も良くなります。

また、冬キャンプにおすすめのお座敷スタイルにもピッタリです。↓

▶【靴を脱ぐ=快感】冬キャンプお座敷スタイルの魅力+作り方

④THERMAREST(サーマレスト) マットレス クローズドセルマットレス リッジレスト ソーライト R値2.1 シルバー/セージ 【日本正規品】

こちらは、サーマレストのリッジレスト ソーライトになります。

サイズは、サイズ:51×183となっており、厚さは15mmです。

先ほどまでの銀マットとは違い、素材は軽量EVAフォーム。

そのため、

登山にも使用できるスペックです。

そうそう。将来的には『軽登山』もしてみたいんだよね。

という方には以下の記事も読んでおくことをおすすめします。

将来的に、『軽登山』考えているのであれば、手軽でコンパクトな『エアーマット』も選択肢に入れた方がいいですよ。↓

▶【R値を徹底比較】冬キャンプで使えるエアーマット5選

⑤THERMAREST(サーマレスト) Zライト ソル【オクトス専用スタッフサック付】

こちらは、同じくサーマレストのZライトソルです。

先程のリッジレストとの違いは、形が蛇腹型になっており、折りたたみ式です。

そのため、持ち運びが便利なのです。

さらに、

キャンプ芸人のヒロシさんも愛用しています。

ヒロシさんは、これ一枚で冬キャンプもしているのですが、普通なら当然厳しいです。

ですが、モンベルの最強シュラフも同時に使うことで、爆睡することができるのです。↓

▶【爆睡率NO.1】モンベルの冬キャンプ用シュラフ5選【軽登山もOK】

サイズは幅51×長さ183×厚み20mm

こちらもソロキャンプに人気のアイテムですね。

⑥GRABBER(グラバー) オールウェザーブランケット

こちらは、知る人ぞ知るグラバーのオールウェザーブランケットです。

ブランケットという名前ですが、こちらはシートやタープにも使えます。

それもそのはず、こちらはかの有名なNASAが開発した多目的シートです。

そのため、厚さは8mm以下ですが有名キャンパーも多数愛用している商品です。

どちらかというと、グランドシートの代わりとして、オールウェザーブランケットを使用して、その上に銀マットを敷くと一番効果的です。

サイズは152X213cmとなっております。

スポンサーリンク

銀マットを使う上での注意点

銀マットを使う上で、注意点が2つあります。

  1. 銀マットの向き
  2. 空気のミルフィーユ

その①:銀マットの向き

出典:Amazon

銀マットの向きは『銀側が上』です。

これは、誤って説明しているブログも多いのですが、そもそも銀側(アルミ)は熱を反射させるために付いています。

そのため、

必ず温度が高い側に銀側を向けます。

つまり、

夏であれば、地面の方が暖かいので『銀側が

一方で、

冬であれば、地面の方が冷たいので『銀側が

となります。

銀マットの銀側は『暖かい温度を反射させるもの』だと覚えてください。

その②:空気のミルフィーユ

空気のミルフィーユとは、地面の上に敷く『マット』や『ラグ』を重ねて作る『空気の層』のことを言います。

空気の層を作りだすことで、『保温効果』『断熱効果』を高めます。

つまり、

銀マットを敷くだけでなく、あえてラグを重ねることで、空気の層を作りだし、より暖かく過ごします。

ちなみに、私が家族と行く時はこのように重ねています。

  1. 地面
  2. ブルーシート
  3. 銀マット(8mm)
  4. 電気カーペット
  5. ラグ
  6. マット
  7. シュラフ

また、初めての冬キャンプであれば『電源サイト』を利用することをおすすめします。

なぜなら、

手軽に安く『寒さ対策』ができるからです。

できるだけ、お金を節約したいな…。

という方は、一度目を通しておくことをおすすめします。↓

▶【初心者必見】冬キャンプで電源サイトを使うメリットと注意点【油断大敵】

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は、冬キャンプにおすすめの銀マットを紹介しました。

もう一度、まとめると

失敗しない選び方は『値段』ではなく、『厚さ』で決めることです。

具体的には『厚さ8mm以上』

これを守れば冬キャンプの寒さも問題ありません。

私のように、買い直す必要が無くなりますよ(笑)

それでは、楽しい冬キャンプを。

銀マットのことはわかったけど、他にも必要な『寒さ対策』はあるのかな?

そんな方にはこの記事を。

すべての寒さ対策をまとめたので、抜けがないか見直してみてください。↓

▶【冬キャンプ入門】寒さ対策のまとめページ【結論:初心者必須です】

今回紹介した商品はこちら

コメント