【冬キャンプ初心者必見】電気カーペットの上手な使い方+注意点

カーペットの上手な使い方

電気カーペットを持っていく人
「安全で快適と聞いたので、冬キャンプに電気カーペットを持って行きます。でも、普通に使って大丈夫かな?何か注意点とかあるの?色々教えてください。」

冬キャンプで暖かくすごすための必需品。

それが『電気カーペット』です。

おそらく多くの方が『家庭』でも普通に使っているかと。

しかし、残念なことに

『家庭』と『野外』では使い方がまったく違います。

そのため、正しい使い方を知らないと冬キャンプで寒い思いをすることに…。

震える女性

でも、安心してください。

本日は『電気カーペット』の敷き方や、上手な使い方、注意点を徹底解説。

これを読めば、どんなに寒くても『ヌクヌクの冬キャンプ』が過ごせますよ♪

ちなみに、

この記事を書いている私は、冬キャンプ歴1,000時間以上。

そして、家族で冬キャンプに行く際には、必ず電気カーペットを使用していました。

だからこそ分かる『電気カーペットの上手な使い方』を説明していきますね。

スポンサーリンク

【冬キャンプ初心者必見】電気カーペットの上手な使い方+注意点

雪だるま

今回はこういった流れで説明していきます。

  1. 電気カーペットの上手な使い方
  2. 電気カーペットの注意点
  3. 電気カーペットの『メリット』と『デメリット』

①電気カーペットの上手な使い方

雪を楽しむ女性

上手な使い方を知るためには、そもそも電気カーペットがどんな『寒さ対策』なのかを知る必要があります。

結論としては『底冷え対策』です。

底冷え対策とは、冬の地面からの冷気を軽減する対策です。

この底冷え対策ができていないと、寒くて眠れない地獄の夜をすごすことに…。

そして、この地面からの底冷えを防ぐために使うのが『電気カーペット』です。

しかし、その電気カーペットも普通に使ってはダメです。底冷えを軽減できません。

大切なことは、

電気カーペットの敷き方です。

結論としてはこちら。

  1. 地面
  2. ブルーシート
  3. テントグランドシート(テント)
  4. 銀マット(銀側が上向き)
  5. 電気カーペット
  6. ブランケットorラグ

この順番で電気カーペットを敷くのが効果的です。

重要なことは、地面からの冷気を遮断するために『空気の層』を作ること。

これを、空気のミルフィーユといいます。

マットなどを重ね空気の層を作ることで、『保温効果』と『断熱効果』を高めます。

これが、電気カーペットの上手な使い方になります。

②電気カーペットの注意点

叫ぶ人

電気カーペットの注意点はこちら。

  • サイズ感の確認
  • 電源サイトの上限W数
  • 防水コードの使用

■サイズ感の確認

電気カーペットを使用する際には、自身のテントの大きさ電気カーペットの大きさを確認しましょう。

なぜなら、

電気カーペットが小さいと家族全員が入らないからです。

私はコレで失敗しました。

4人家族なのですが、2畳用の電気カーペットでは私だけ収まらず、銀マットの上で寝ることに。結果として、底冷えでまったく眠れない夜を過ごしました、

そのため、サイズの確認は大切。

目安としてはこんな感じです。

・2畳用寸法:175cm×175cm
・3畳用寸法:195cm×235cm

ただし、

人数に合わせても、今度はテントに入りきらないこともあります。

そんな時に便利なのが『電気毛布』です。

電気毛布は、電気カーペットの代わりにもなる『万能な暖房器具』です。

特に、このSugiyamaの電気毛布は多くのキャンパーが愛用している超定番モデル。

私もこの商品を使っていますが、2年以上たっても壊れない丈夫なアイテムです。(Amazonレビューでは10年使っている猛者も)

しかも、値段は超お手頃。

一枚持っていると何かと便利ですよ。(あと、家の毛布としても使えます)

▶【電気毛布が最強】冬キャンプで本当に使える暖房は電気カーペットじゃない理由

■電源サイトの上限W数

コンセント

電源サイトには上限W数があります。

したがって、

電気カーペットと同時に別の電化製品を使うとブレーカーが落ちる可能性があります。

そのため、上限W数のことは常に頭に入れておきましょう。

ちなみに、一般的な電源サイトの上限W数は1,000W~2,000Wとなります。

場所によっては、W(ワット)ではなく、A(アンペア)で表記されますので、こちらを目安に。

A(アンペア)W(ワット)
10A1000W
20A2000W
30A3000W

また、他の暖房器具を使うならこちらを。

暖房器具A(アンペア)W(ワット)
電気カーペット8A800W
電気毛布0.4A40W
電気ストーブ10A1000W
こたつ6A600W

もっと正確に知りたければ、

暖房器具自体に消費W数が記載されているので、それを確認してください。

仮に、ブレーカーが落ちた場合、電源サイトでは、隣のサイトとブレーカーを共有する場合があるので、うっかり隣の電気も消してしまうことに…。

どうもすみません。

そのため、しっかりとW数の管理をしていきましょう。

ちなみに、電源サイトには何を持っていけばいいの?

それはこちらの記事でまとめています。↓

▶【冬キャンプデビュー必見】電源サイトで絶対に必要な持ち物【本音】

■防水使用の延長コードも忘れずに

電源サイトには『延長コード』が必要です。

なぜなら、

電源コンセントとテントまでは距離があるので、通常のコードでは届かない可能性があるからです。

基本的には、

  • 長さは10m
  • 雨天を想定した防水使用
  • 夜間に目立つ色

これを押さえておけば良いかと。

特に、夜間に目立つ色でないと子供が転んでしまうんです。

私も転びました(笑)

おすすめはこちらのモデル。

条件が全て揃っていますよ♪

③電気カーペットの『メリット』と『デメリット』

ここまでは、電気カーペットの使い方と注意点を説明してきました。

ここからは、電気カーペットを使う『メリット』と『デメリット』について説明します。

■電気カーペットのメリット

電気カーペットのメリットは3つです。

  1. 『こたつ』でさらに暖かく過ごせる
  2. 実はコストが安い
  3. おしゃれなサイトになる

メリット①:『こたつ』でさらに暖かく過ごせる
こたつ

え?家だけでなくキャンプでも『こたつ』で過ごすの?

そうなんです。

実は、冬キャンプの『こたつ』は人気上昇中のスタイル。

なぜなら、メチャメチャ快適だからです♪

寒い冬のテントでも、靴を脱いで『こたつ』に入りゴロゴロする。

ーーあたたか~い。ヌクヌクヤー(温ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )

ぬくぬくさる

外は本当に寒いので、もう『こたつ』から出られません。

これは中毒性がありますよ(笑)

そして、

その『こたつ』が電気カーペットで簡単に作れちゃうのです

  1. 電気カーペットのラグの上に、テーブルを載せる。
  2. その上にシュラフかブランケットを被せる。
  3. その上にテーブルの天板か、すのこを載せる
  4. 熱源は電気カーペットのみでOK

これで完成。簡単でしょ?

詳しい作り方はこちらの記事を。↓

▶【10秒で作れる!】冬キャンプで超快適な『こたつ』と人気の理由

メリット②:実はコストが安い

正直、ここが一番伝えたいポイントです。

じつは、電気カーペットを使うと、コストが安く済みます。

なぜなら、冬用シュラフを購入する必要が無いからです。

電気カーペットを使うと、暖かいので、3シーズン用のシュラフでも十分に眠れます。

我が家では、3シーズン用のシュラフと保険として毛布を持っていきます。

ですが、子供たちは汗をかくので、途中で毛布は外しています。

それぐらい暖かいので、冬用シュラフを買う必要が無いのです。

もちろん、電源サイトの使用料金は上乗せでかかりますが、それでも2千円~3千円くらいです。

しかし、家族分の冬用シュラフを購入すると10万円以上かかりますので、そちらの方がコストが高くつくのです。

※もちろん3年以上の長いスパンで見れば冬用シュラフもありかと。

メリット③:おしゃれなサイトになる
グランピング

これは電気カーペットを使うからではなく、その上におしゃれなブランケットやラグを敷くことで可能になります。

個人的には『部族柄』のブランケットやラグが良いかと。

特におすすめは大人気の『エルパソ』です。

私も使っていますが、これ一枚でサイトの雰囲気が一変します。

さらに、ラグやブランケットを検討するならこちらの記事を。

『魅せるポイント』が分かります。↓

▶【民族柄の美術館】冬キャンプおすすめラグ8選+魅せるポイント

▶【おしゃれ度NO.1】冬キャンプにおすすめのブランケット6選

■電気カーペットを使うデメリット

悲しがる女の子

私が思うに、電気カーペットを使うデメリットは一つだけ。

それは、

好きな場所』でキャンプができない

と言うことです。

電気カーペットを使用するなら、電源サイトを使うしかありません。

しかし、それだとキャンプ場が必然的に電源サイトだけになります。

そのため、例えば『湖畔のキャンプ場』『川辺のキャンプ場』なども、電源サイトが無ければ行くことができません。

これが最大のデメリットかと。

でも、本当に電源サイトしか行けないの?

安心してください。方法はあります。

それが、こちらです。

  • コットや冬用シュラフなどの本格的な『冬用装備』を揃える。
  • 『ポータブル電源』『電気毛布』を揃える

つまり、

『冬用装備』を購入して、好きな場所で暖かく過ごす。

もしくは、

ポータブル電源』を購入して、『電気毛布』を使うことで暖かく過ごす。

この2つの方法があります。

冬用装備を購入して『脱:電源サイト』を目指すならこの記事を参考にして下さい。

▶【祝:電源なし】冬キャンプを快適に過ごす冬用装備【結論:無敵です】

そもそも、ポータブル電源で『電気カーペット』は使えないの?

そうなんです。

実は、ポータブル電源で電気カーペットを使うことは難しいです。

なぜなら、電気カーペットは使用電力が大きいので、ポータブル電源を大容量にする必要があるからです。

ですが、ポータブル電源の大容量モデルは高額です。

それこそ10万円以上します。そのため、現実的ではないのです。

しかし、電気毛布であれば大丈夫。

10万円以内で購入できるポータブル電源で使用することができます。

おすすめはこちらのポータブル電源。

メーカー保証も手厚いので安心ですよ。

また、最近では災害時の緊急用電源として購入する方も増えています。

万が一に備えることも大切ですね。

おしゃれで保証が手厚いポータブル電源はこちらでまとめています。↓

▶【手厚い保障を重視】冬キャンプおすすめのポータブル電源5選

スポンサーリンク

まとめ

遊ぶ女の子

いかがでしたでしょうか?

今回は、『電気カーペットの上手な使い方と注意点』を中心に説明しました。

電気カーペットは、とても安全で暖かく、コストも抑えられます。

この記事を参考にして上手に使って下さい。

それでは、楽しい冬キャンプを!!

電気カーペットの使い方はわかったけど、それ以外の暖房は必要無いのかな?

回答:必要です。

特に『ストーブ』が大切です。

ですので、こちらの記事も参考にして下さい。

▶【ストーブ歴40年】冬キャンプの激熱ストーブを徹底解説【寒さ対策】

今回紹介した商品はコチラ。

長く使えてリーズナブル
安全第一
オシャレに魅せる
災害時にも役立つ

コメント