【一酸化炭素中毒者が選ぶ】冬キャンプで使える安全な暖房器具5選

安全な暖房器具を探している人
「冬キャンプで使える暖房器具を探しています。でも、テントの中では一酸化炭素が怖いです…。なので、安心して使える暖房器具を教えてください!」

こういった疑問にお答えします。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

今回は『安全に使える暖房器具』を紹介していきます。

ときどき、キャンプ場で一酸化炭素中毒による事故が報道されますよね。

最悪の場合は死にいたる危険もあり、とても怖い症状です。

そして、何を隠そう私もその一人(´ω`)トホホ…

もちろん、実際に大きな事故にはつながりませんでしたが、油断をすると私のように…。(当時の状況はこちらの記事で)

めまいと頭痛

そのため今回は、

一酸化炭素中毒の危険が無い「安全な暖房器具」を紹介します。

誰よりも『安全』を身に染みているからこそ、詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

冬キャンプで使える安全な暖房器具5選

暖房

安全に暖かく冬キャンプを過ごしたいなら、電気暖房が一番です。

電気暖房は、石油ストーブと違い酸素を取り込んで燃焼させないので、一酸化炭素自体が発生しません。

そのため基本的には、

「電源サイト」を利用し電気暖房を使用する

これが最も安全な方法です。

そこで今回は、電源サイトで使用できる「電気暖房」を紹介します。

その①:電気カーペット


ライフジョイ ホットカーペット 日本製 2畳 グレー 176cm×176cm コンパクト収納 JCU201

まず、最初に紹介するのは電気カーペットです。

電気カーペットを使用すると、もっとも安全暖かく過ごせます。

特に、電気カーペットは地面からの冷気を遮断してくれます。

冬の冷気は本当に強烈で、対策が不十分だと寒くて眠ることができないのです。

そのため、安心して冬キャンプを過ごしたいなら「必須のアイテム」ですよ。

おすすめはこちらの商品。↓

Amazon ベストセラー1位

もちろん、家で使っている電気カーペットがあればそれでも大丈夫です。

また、電気カーペットを冬キャンプに持っていくなら大切なことがあります。

それは敷く順番です。

  1. 地面
  2. ブルーシート
  3. テントグランドシート(テント)
  4. 銀マット(銀側が上向き)
  5. 電気カーペット
  6. ブランケットorラグ

基本的にはこの順番で敷いていきます。

詳しくは「【冬キャンプ初心者必見】電気カーペットの上手な使い方+注意点」を参考にして下さい。

電気カーペットの「注意点」と「効果的」な使い方をまとめています。

その②:電気毛布


Sugiyama 電気敷き毛布 日本製 洗える ダニ退治 140×80cm NA-023S

続いては、電気毛布です。

電気毛布は『最強の暖房器具』です。

ブランケットとしても使えますし、寒い時には寝袋に入れて使えます。

そして、

ちょっと寒いな…。

と感じたらすぐに羽織ることもできます。

価格も手ごろなので1枚あると本当に重宝しますよ。

おすすめはSugiyamaの電気毛布です。

Amazon ベストセラー1位

キャンパーに大人気のアイテムで、その理由は「手頃な価格」と「耐久性」です。

私も4年以上使っていますが、まだまだ現役で活躍していますよ。

また、電気毛布は消費電力が少ないので、ポータブル電源を使うと「電源サイト以外」でも使用することができます。

つまり、

自分の好きな場所で冬キャンプができるのです。

詳しくは「【電気毛布が最強】冬キャンプで本当に使える暖房は電気カーペットじゃない理由」を参考にして下さい。

「電気毛布」と「電気カーペット」の違いを解説しています。

その③:電気ストーブ


[山善] 電気ストーブ(800W/400W 2段階切替) ホワイト DS-D086(W) [メーカー保証1年]

こちらは、山善の電気ストーブです。

電気ストーブは、テント全体を暖める火力はありませんが、手や足などの末端を暖めることに向いた補助暖房です。

そのため、

ちょっと肌寒い

と感じるときにちょうどいい暖房器具です。

転倒時電源OFFシステムもついているので、火災の心配もありません。

Amazonベストセラー1位

また、最近では「おしゃれな電気ストーブ」がたくさんあります。

特に、

女性におすすめ」なのがこちらの記事の電気ストーブです。

▶【おしゃれな女子に見て欲しい】冬キャンプおすすめ電気ストーブ6選

その④:セラミックヒーター


[山善] セラミックファンヒーター (セラミックヒーター) 暖房器具 1200W / 600W 2段階切替 DF-J121(W) [メーカー保証1年]

セラミックヒーターはスイッチを入れたら、すぐに暖かい風が出てきます。

このスピードの速さは、セラミックヒーターの魅力のひとつですね。

こちらのセラミックヒーターは「色の種類」も豊富で、自分好みの色を選べます。

また風の向きも上下で動かせますよ。

Amazonベストセラー1位

ただし、セラミックヒーターを使う場合には、電源サイトの上限W数に注意が必要です。

記事の後半で「電源サイトの注意点」を解説しますので、そちらを確認してください。

その⑤:湯たんぽ


マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

「湯たんぽ」は電気暖房ではないですが、「安全」で「経済的」な暖房器具なので紹介します。

この「マルカの湯たんぽ」は直火がOKなので、焚き火やストーブの上に置いて暖めることができます。

ストーブ

そのため、

手軽」で「安全」な暖房器具がほしい…。

と感じる方にはぴったりの商品です。

実は、

私も一番重宝しているのがこの湯たんぽ。

「でも、取り扱いがめんどくさそう…」

こう感じて、長年「湯たんぽ」を使わなかった自分に後悔しています。

「もっと早くから使っておけばよかった…」

こう感じた理由は「【湯たんぽのリアル】冬キャンプおすすめ湯たんぽ+効果的な使い方」で解説しています。

皆さんにも、早くこの手軽さに気付いてほしい(笑)

スポンサーリンク

電源サイトの注意点

電源サイト

電源サイトを利用する上で、よくある質問がこちら。

一度にたくさんの電化製品は使えるの?

結論:使えません

そうなんです。

じつは、電源サイトは上限W数が決められているので、一度にたくさんの暖房器具は使えないのです。

基本的に電源サイトの上限W数は1,000W~2,000Wとなっています。

仮に、上限W数を超えて電気を使用した場合には、電源サイトのブレーカーが落ちてしまいます。

しかも、

電源サイトの電源は、お隣の区画サイトと同じ電源を使っている場合もあるので「自分たちだけでなく、お隣のブレーカーも落してしまった…」といった失敗もよく聞きます。

そのため、上限W数は必ず意識して暖房器具を使いましょう。

また、キャンプ場によってはA(アンペア)表記なので、こちらを参考にして下さい。↓

W(ワット)A(アンペア)
1000W10A
2000W20A
3000W30A

そして、暖房器具や説明書の中に「使用電力」が記載されているので、その「電力量」と「上限W数」を意識しながら、暖房器具を使用してください。

ただし、電力表記がない商品もあるので、平均的な使用電力をまとめています。↓

暖房器具W数A数
電気カーペット(3畳)800W8A
電気毛布40W0.4A
電気ストーブ1000W10A
セレンミックヒーター800W8A

また、

電源サイトには何を持っていけばいいの?

この疑問には下の記事で解説しています。

初めて電源サイトを利用する方」は参考にしてみて下さい。↓

▶【電源サイトの必需品】冬キャンプで必要な持ち物7選【初心者必須】

スポンサーリンク

「電源サイトが無い」キャンプ場の場合

フリーサイト

「電源サイトが無い」キャンプ場の場合は、どうしたらいいですか?

そういった場合は『ポータブル電源』で乗り越えましょう。

ポータブル電源は、電源サイトよりも使用できるW数は少ないですが、それでも「電気毛布」なら使うことができます。

そのため、

  • 「キャンプ」や「車中泊」で必要性を感じている人
  • 「災害時」の備えとして持っておきたい人

こういった方には「ポータブル電源」がおすすめです。

▶【手厚い保障を重視】冬キャンプおすすめのポータブル電源5選

しかし、

う~ん。ポータブル電源を購入するなら、怖いけど「石油ストーブ」を検討しようかな…。

このように感じる人は「【祝:電源なし】冬キャンプを快適に過ごす冬用装備【結論:無敵です】」を参考にして下さい。

確かに、一酸化炭素中毒は怖いですが「一酸化炭素チェッカー」など必要な装備を揃えると、そのリスクは低下しますよ。(詳しくはこちら

また「どういった手段があるのか?」を知ることにリスクは何もありませんので「安全」と「快適さ」のバランスを取って「自分に合った選択肢」を選ぶことも大切ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

テント

いかがでしたでしょうか?

本日は、冬キャンプで使える『安全な暖房器具』を紹介しました。

基本的には

「電源サイト」で「電気暖房」を使うことが、もっとも安全な選択です。

やはり、電源サイトのメリットはそれほど大きいのです。

しかし、注意点もあります。

それが電源サイトの「上限W数」でしたね。

基本的には、1,000W~2,000Wが上限W数です。

したがって、

電源サイトの「上限W数」と暖房器具の「使用電力」を意識しながら使用すること

これが電源サイトの注意点です。

それでは、楽しい冬キャンプを。

P.S.冬キャンプが初めての方へ

冬キャンプの全てを網羅した「完全ガイド」を作成しました。

冬キャンプ初心者の方はまずは「【冬キャンプ入門】寒さ対策のまとめページ【結論:初心者必須です】」を参考にして下さい。

コメント