【電源サイトはコスパ最強】冬キャンプ初心者におすすめのサイト活用術

アルニカ

初めて冬キャンプに行く人
「冬キャンプで電源サイトを利用するか迷っています。小さな子供もいるし、やっぱり電源サイトがいいのかな?でもメリットもよくわからないし…。結局何がすごいの?」

こういった疑問にお答えします。

✔この記事でわかること

ポイント
  • 電源サイトの「メリット」と「活用方法」がわかる
  • 電源サイトの「必需品」がわかる
  • 電源サイトの「注意点」がわかる

電源サイトとは、家庭用のコンセントが付いているサイトで、料金は3,000円~5,000円程度。だいたい、普通のサイトよりも1,000~2000円高い設定になっています。

しかしながら、

「初めて冬キャンプをするなら電源サイトを使った方がいいよ!」

これは、多くのキャンパーが口をそろえてアドバイスする内容であり、事実その通りです。

なぜなら、電源サイトを利用した方が、

  • かんたんに暖かくすごせる
  • トータルの出費が安くなる


この2つの利点があるからです。

そこで今回は、

そんな電源サイトの具体的な「メリット」と効果的な「活用術」をご紹介。

この記事を読めば、家族で大満足の冬キャンプをすごせますよ。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶ブログ歴1年半で90,000PV達成
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

スポンサーリンク

電源サイトの「メリット」は3つ

サーカスTC BIG

電源サイトのメリットは3つです。

  1. かんたんに「底冷え」を軽減できる
  2. 冬用シュラフ」が不要になる
  3. トータルの出費」が安くなる

それでは、くわしく説明していきます。

電源サイトのメリット①:かんたんに「底冷え」を軽減できる

アルニカ

じつは、電源サイトを利用する多くのキャンパーはホットカーペットを使います。

なぜなら、

ホットカーペットを使うと、地面からの『底冷え』をかんたんに軽減することができるからです。

冬の底冷えは本当に強烈です。

そのため、地面からの底冷えを対策できないと寒くて眠ることができません。

私も最初の冬キャンプで経験しましたが本当に大変ですよ。

ホットカーペットは自宅のものでOK

基本的にホットカーペットは、自宅で使っているものがあれば、それで大丈夫です。

もしお持ちでなければ、こちらがおすすめですよ。

ですが、野外でホットカーペットを使う際には「注意点」があります。

それは敷き方です。

具体的には、このように敷いていきます。

  1. 地面
  2. ブルーシート
  3. テントグランドシート(テント)
  4. 銀マット(銀側が上向き)
  5. ホットカーペット
  6. ブランケットorラグ

大切なことは、ホットカーペットだけでなく「マット」や「ラグ」を重ねることです。

詳しくは「【冬キャンプ初心者必見】ホットカーペットの上手な使い方+注意点」で解説しています。

電源サイトのメリット②: 「冬用シュラフ」が不要になる

シュラフ

じつはホットカーペットは、カーペット自体が熱を発しているので暖房器具にもなります。

そのため、

ホットカーペットがあると『冬用シュラフ』が不要になります。

冬用シュラフとは、マミー型の羽毛で作られたシュラフで、とても暖かく冬の高山にも使えます。

こういったものですね、↓

コット

しかし、この冬用シュラフはとても「お高い」のです。

大体、ひとつ3万円以上しますね。

それを家族分となると10万円以上。

いや、さすがにそれは買えないよ…。

そうですよね。

ですが、

電源サイトでホットカーペットを使うと『3シーズンシュラフ』で眠れます。

そのため、冬用シュラフを買う必要が無いのです。

これが電源サイトのふたつめのメリットですね。

本当に『3シーズンシュラフ』で眠れるの?

はい、眠れます。

私は家族で冬キャンプに行く際には、必ず電源サイトで電気カーペットを利用して『3シーズンシュラフ』を使います。

ただし、子供達もいますし、予想よりも寒くなることもあるので、一応、保険として「人数分の毛布」「電気毛布」も持っていきます。

しかし、子供たちは3シーズンシュラフの上から毛布を掛けると、汗をかきすぎて寝袋から抜け出してくるので、夜中には外しています。

つまり、

それぐらい『暖かい環境』だということです。

ちなみに、私が使っている3シーズンシュラフはこちら。

シュラフ同士が連結できるので、小さいお子さんがいるならとても便利です。

あと洗濯機で洗えるのもうれしいポイントですよ。

「コスパ重視」の3シーズンシュラフは「参照:【羽毛に異議あり!】冬キャンプ用の化繊シュラフ5選【コスパ重視】」でまとめています、

電源サイトのメリット③: 「トータルの出費」が安くなる

電源サイトを利用するメリットの3つ目は「トータルの出費が安くなる」ということです。

これは今まで説明してきた中で、なんとなく感じていることだと思います。

じつは電源サイトを使うことで、本来であれば必要な「冬用装備」を買う必要がなのです。

「冬用装備」とはこういったものがあります。

  • コット
  • 冬用シュラフ
  • 本格的な登山用の服装

だいたい合計で5万円以上はしますね。

さらには、それを家族分となると4人家族なら20万を超えることに…。

しかし電源サイトを利用すれば、高額な冬用装備を買わずに冬キャンプを楽しむことができます。

これが冬キャンプで電源サイトを使う最大のメリットですね。

スポンサーリンク

電源サイトの「必需品」

電源サイトは、

『安くてかんたんに寒さ対策ができて、トータルの金額を安くできる』

ということは説明しました。

そのため、お次は

じゃあ、電源サイトには何を持っていけばいいの?

という疑問にかんたんにお答えします。

具体的に電源サイトの必需品は7つあります。

  1. ホットカーペット
  2. 3シーズンシュラフ
  3. 人数分の毛布(保険)
  4. 電気毛布(保険)
  5. 延長コード
  6. 石油ストーブ
  7. 湯たんぽ(保険)

この中では、特に「電気毛布」と「石油ストーブ」が大切ですね。

ですが、ここから「7つの必需品」を説明すると長くなるので、ここでは割愛します。

くわしくは「【電源サイトの必需品】冬キャンプで必要な持ち物7選【初心者必須】」をご確認ください。

「7つの必需品」の詳細をまとめています。

スポンサーリンク

電源サイトの「注意点」

もちろん、メリットばかりではありません。

電源サイトを使う際には3つの注意点があります。

それがこちら。

注意点①:上限W数を超えない

電源サイト

実は、電源サイトには「上限W数」があります。

基本的には『1,000W~2,000W』が平均的な上限W数となっています。

ただし、キャンプ場によっては「アンペア表記」なので以下の表を参考にして下さい。

A(アンペア)W(ワット)
10A1,000W
20A2,000W
30A3,000W

また、電気カーペットで800W

電気毛布で40Wが平均的な使用電力ですね。

(詳しくは、電化製品の裏に使用電力が標記されているので確認してみて下さい)

A(アンペア)W(ワット)
電気カーペット8A800W
電気毛布0.4A40W
電気ストーブ10A1,000W
こたつ6A600W

そして、仮に上限W数を超えてしまったら…。

自分のサイトだけでなく「お隣さんのブレーカーまで落ちてしまった…」なんてことも。

なので、しっかりと上限W数を意識して利用しましょう。

注意点②:延長ケーブルを忘れない

実は、電源サイトの「コンセント」と実際にテントを「設営する場所」は少し離れています。

なので、延長コードが無いと電化製品を使うことができません。

場所によっては、レンタルで貸し出していますが、2~3回利用すると元が取れるので買った方がいいですよ。

延長コードを購入する際のポイントは3点ですね。

  • 長さは10mあればOK
  • 雨が降っても大丈夫な防水使用
  • 夜に子供が転ばないように目立つ色

これらを踏まえたおすすめの延長コードはこちらです。↓

注意点③:一酸化炭素中毒に気を付ける

これは電源サイトと直接は関係ないのですが、必需品に「石油ストーブ」を紹介したので説明します。

実は、テント内での火気の使用は「一酸化炭素中毒」の危険性があります。

一酸化炭素とは、燃料(ガス、灯油、薪など)が燃えた場合に発生する物質で、厳密には「焚き火」や「たばこの煙」にも含まれています。

少量なら問題ないですが、そうでない場合には最悪「命の危険」もあります。

一酸化炭素中毒を防ぐための有効な手段は2つです。

  • 適度な換気を行う(1時間に1回、2~3分程度)
  • 一酸化炭素チェッカーを使う

一酸化炭素は「無味無臭」なので、症状が出ないと人間には気づけません。

なので「一酸化炭素チェッカー」は必須です。

値段もそこまでしないので、検討してみて下さい。

私も使っている一酸化炭素チェッカーはこちらです。

ちなみに、

私は一酸化炭素中毒になりました。

私の油断がまねいた大失敗です。

私が一酸化炭素中毒になったのは「こんな状況」でした…。↓

参考:【こうして私は一酸化炭素中毒になりました…】冬キャンプでの大失敗

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、電源サイトのメリットと活用術を解説しました。

やはり、

家族で行くなら電源サイトが安く手軽に冬キャンプができます。

なので、私は家族で行く場合には、必ず電源サイトを利用しますね。

今回の記事を参考に、冬キャンプの準備を進めて下さい。

それでは、楽しい冬キャンプを!

P.S.電源サイトを使わない方法こちらで紹介しています。

コメント