【結露対策は必要?】冬キャンプの悩みを解決【経験者の意見】

結露

結露対策のことが知りたい人

「結露対策ってよく聞くけど、何をしたらいいの?そもそも結露って何なのかな?どうすれば防げるの?詳しく教えてほしい」

こういった疑問にお答えします。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

こんにちは!naka.です。

今回は、冬キャンプにおける『結露対策』を解説します。

ちなみに、この記事を書いている私は、

冬キャンプ歴1,000時間以上。そして、さまざまなテントでたくさんの『結露対策』を行ってきました。

そんな私がいきついた結論。

それは

冬に結露対策は『不要』です。

え?「結露対策」は不要なの?

はい。そうです。

いろいろと考え、対策もしましたが、結論『不要』かと。

では、なぜ不要なのか?

それを今から解説していきます。

この記事を読むメリットは?

  • 以前よりも結露のことで悩む必要が無くなる
  • 理屈がわかるから、最低限やるべきことがわかる
  • 結露を気にせず、純粋に冬キャンプを楽しめる
スポンサーリンク

結露対策が不要な理由

結露と木

結露対策は不要です。

理由は2つあります。

  1. 結露は完全には防げない
  2. 結露のデメリットは小さい

それぞれ、説明していきます。

①結露は完全には防げない

結露対策

結露は完全には防げません。

しかし、

その理由を知るためには結露の原因から理解しなければなりません。

ここが、一番大切なポイントです!

結露とは、空気中に含まれる水分が、温度差によって液体になる現象です。

なぜなら

『暖かい空気が保有できる水分量』

『冷たい空気が保有できる水分量』

この2つの水分量が違うからです。

温かい空気の方が、冷たい空気よりも、多くの水分を保有できます。

したがって、

テント内の暖かい空気が、冷たいテントの生地に触れることで、その部分の空気が冷やされます。

そうすると、

暖かい空気の時は保有できた水分量が、冷たい空気になると保有できず、余った水分が液化して、テントに水滴として付くのです。

これが、結露が発生する原因です。

そのため、

結露を防ぐためにはテント内の温度とテント外の温度を『同じ温度』にする必要があります。

いや、そんなことしたら寒くて眠れないよ!

まあ、無理な話ですよね。(笑)

なのでこれが、結露対策が不要な理由のひとつです。

冬にテント内の温度を、外気温と同じにすることはできません。

そのため、

結露は完璧に防げないから、対策するだけ時間の無駄

時間の無駄

簡単にいうと、こういうことです。

次に、「結露のデメリットは小さい」に関して解説していきます。

②結露のデメリットは小さい

困った顔の子供達

結露のデメリットは3つです。

  1. 結露によってシュラフが濡れる
  2. 結露によって荷物が濡れる
  3. テントを乾かすのに時間がかかる

デメリット①:シュラフが濡れる

ナンガシュラフ

正直、これが一番のデメリットです。

冬キャンプで使う羽毛シュラフは、

水に弱い性質があります。

実は、羽毛シュラフが濡れると、羽毛が空気を含んで膨らまず、保温効果が低下し、寒くて眠れなくなるのです。

じゃあ、どうしたらいいの?

対策は2つあります。

シュラフカバーを購入するか、②防水生地のシュラフを購入すると、保温性能を維持できます。

シュラフカバーがあれば、シュラフ自体が直接濡れるのを軽減できます。

また、防水生地のシュラフがあれば、水が生地の中に浸透しないので、濡れとは無縁になります。

人気のNANAGAでいうと、こういった商品が当てはまりますね。

でも、冬用シュラフは高いでしょ?

そうですね。

ですが私は、まだ冬用シュラフを持っていなければ、最初から防水生地の冬用シュラフを買うことは、検討してもいいと考えています。

なぜなら、

冬用シュラフは高いですが、高品質のシュラフは10使えるからです。

そのため、長い目でみればそこまでの出費ではないのです。(初期費用は確かにかかりますが…。)

冬用シュラフに興味がある方はこちらをご覧ください。↓

▶【温度別で分かり易い】冬キャンプ用ナンガシュラフ10選+選び方

また、すでに防水ではない冬用シュラフを購入していても、必ずシュラフカバーを買う必要はありません。

実は、3シーズンシュラフでもシュラフカバーの代わりになるのです。

そのため、私はこんな感じでシュラフカバーの代わりに使っていますよ。↓

シュラフ

そのため、もし他の季節で使っていた3シーズンシュラフがあるなら、それを使えば問題ありません。

ちなみに、

『化繊シュラフ』は濡れても保温性能は落ちませんので、安心してください。

▶【羽毛に異議あり!】冬キャンプ用の化繊シュラフ5選【コスパ重視】

デメリット②:荷物が濡れる

水をかけられる女性

これは、個人的に悟りました。

1,000時間以上冬キャンプを経験し、何度も荷物が濡れて、嫌な気持ちにもなりました。

ですが、あるときふと気づきます。

あれ?濡れたら拭けばいいだけじゃない?

そうなんです。

シュラフと違って、荷物が濡れても寒さを感じることはありません。

濡れたら拭けばいい。それだけ。

また、濡れるといっても『ビチャビチャ』になるわけではありません。

服が濡れて着替えが無い!

とかだっだら、さすがに対策は必要ですが、正直、少しバックの上に水が染みる程度。

拭けば大丈夫ですし、時間がたてばすぐに乾きます。

そのため、やはり大きな問題ではないのです。

デメリット③:テントを乾かすのに時間がかかる

スカート

これも、そこまで問題ではありません。

あえて言うなら、

  • 曇り空でテントが乾きにくい
  • 翌日のOUT時間が早い

こういった場合にのみ、少し困ります。

なぜなら、

テントを濡れたまま収納すると、カビが発生する可能性があるからです。

これは、特にコットン(木綿)ポリコットンのテントを使っている人に関係してきますね。

カビ取り
出典:カビトリ

この上の図のように、テントの素材には「カビが生えやすい生地(コットン、ポリコットン)」と「カビが生えにくい生地(ナイロン、ポリエステル)」があるのです。

カビの生えやすさは、カビが栄養にできる成分量の多さで決まります

そのため、コットンやポリコットンのテントは完全に乾かしてから、撤収する必要があります。

ですが、

私自身3つのポリコットンテントを持っており、それで何度も冬キャンプをしていますが、カビが生えたことは一度もありません

だいたい、曇り空でも10時~11時にはテントは乾いていますね。

ただし、私は翌日、用事があって早く帰る場合には、あえてポリエステル素材のテントを持っていきます。

こんな感じですね。↓

ヨカティピ

ポリエステル素材のテントであれば、そこまでカビの心配がないので、少し拭いて、あとは家で乾かすだけで大丈夫です。

ヨカティピ

ただし、翌朝雨が降ったり、テントが大きくて、そもそも家では乾かせない場合もあります。

そんな時は、後日改めてテントを乾かしに行きます。

これだけが少し面倒ですが、

  • 雨予報の時はキャンプを控える
  • あらかじめテントが広げられる場所を見つけておく

こういった対策をしておけば、少しは面倒が減りますよ。

スポンサーリンク

結露に対して出来ること

ヨカティピ

結露を完全に防ぐことは出来ませんが、やれることは2つあります。

  1. 『結露を軽減する方法
  2. 『テントを早く乾かす方法』

詳しくはこちらです。

≪結露を軽減する≫
  • テントをコットン、もしくはポリコットンにする
  • ダブルフォールのテントを選ぶ
  • 適度な換気を行う
≪テントを早く乾かす≫
  • マイクロファイバーのタオルを使う
  • テントの入り口を開放し、風通しを良くする

ただし、

どちらの対策も『劇的な効果はない』ので、ご注意ください。

■テントをコットン、もしくはポリコットンにする

サーカスtcハンター

ポリコットンってよく聞くけど、そんなにいいの?

そうですね。

かんたんに説明すると、冬は保温性能が向上するので暖かく過ごせます。

ですが、完全に乾かしてから撤収しないとカビが生えるので、少し手間がかかります。

結露に関しては、「ポリエステル素材よりはマシ」というだけで、普通に結露はすごいです。

そのため、

手間が少しぐらいかかっても、暖かく過ごせる方がいい!

こんな人にポリコットンは向いてますね。

その他のメリットはこちらで解説しています。↓

▶【ポリコットンテントの裏話】冬キャンプ経験者が選んだ理由【初心者向け】

■ダブルフォールのテントを選ぶ

ちなみに、シングルウォールテントとは、生地が1枚のテントのことです。

また、ダブルウォールテントとは、インナーテントの上にフライシートという幕を被せるテントのことです。

こういったテントです↓

シングルウォールとダブルウォールの違いは、下のモンベルで使われている図を参考にしてもらうとわかりやすいです。

ダブルウォール
出典:モンベル

結局、シングルウォールテントも、ダブルウォールテントも結露はします。(どちらも防げない)

ただし、ダブルウォールの方がテントの中が二重になっているので、結露の水滴が寝床には、ほとんど垂れません。

そのため、ダブルウォールの方が寝床への結露を軽減できるのです。

■マイクロファイバーのタオル

マイクロファイバーのタオルに関しては、使った方が早く水分吸収できて、乾きやすくなります。

時間短縮効果ですね、

値段も高く無いので、絶対にあった方が便利ですよ。

Amazonベストセラー1位

また、最近ではダイソーでもこんな商品があります。

吸水クロス

同じ用途なので、値段を気にする方はこちらでも大丈夫ですよ。

■テントの入り口を開放し、風通しを良くする

サーカスtcハンター

これもテントを早く乾かすためには、効果があります。

ポールやパラコードを使って、色々な角度にアレンジしています。

「乾いたら、別の部分を上げて、また乾かす」

これを1時間くらい続ける感じですね、

サーカスTC BIG
アルニカ

めんどくさいですが、こっちの方が早く乾くので、頑張りましょう。

また、もし分かるなら事前にキャンプ場の日が当たるサイトを見つけておくと便利です。

朝日が当たる場所と当たらない場所では、乾き方が全然違うので、事前にネットや電話で聞いておくと安心ですよ。

ちなみに、私のホームの佐賀県とりごえ温泉キャンプ場の日当たり具合はこちらでまとめています。

スポンサーリンク

まとめ

ヨカティピ

いいかがでしたでしょうか?

今回は、

冬キャンプにおける結露対策は不要という内容を解説しました。

ポイントをまとめると

  1. 結露対策は不要⇒そもそも完全に防げない
  2. やれることはある⇒しかし、劇的な効果はない
  3. シュラフだけは重要⇒きちんと防水対策をする

ここを抑えておけば問題ありません。

何よりも残念なことは、

『結露』を心配するあまり、冬キャンプを純粋に楽しめないことです。

どうせ防げないのです。

それなら、

好きな場所に行って、好きなように過ごして、日々のストレスを発散した方がいいと思いませんか?

この記事が『結露』に対する考え方を変えるキッカケになったら幸いです。

それでは、楽しい冬キャンプを!

P.S.冬キャンプの疑問・質問はこちらの記事を読めば解決します。↓

▶【冬キャンプ入門】寒さ対策のまとめページ【結論:初心者必須です】

今回紹介した商品はこちら

コメント