【神コスパ】冬キャンプでも爆睡!?最新おすすめシュラフ7選

シュラフで悩んでいる人
「冬キャンプに行きたいけど、羽毛シュラフは値段が高いから手が出せない。もっと安くて暖かいシュラフはないのかな?」

こういった疑問にお答えします。

✔この記事でわかること。

ポイント
  • 予算」にピッタリの冬用シュラフがわかる
  • 価格」と「温度」の比較でスペックがわかりやすい
  • コスパが高いシュラフの「注意点」がわかる

冬キャンプに「冬用シュラフ」は必需品です。ですが「高額な羽毛シュラフを購入する」となるとハードルはとても高いです。

安くても3万円以上しますからね。特に初めての冬キャンプであれば、なおさら出費は抑えたいところ。

そこで今回は、

寒いのは嫌だけど、高額なシュラフは手が出せない…。

という人に向けて

コスパが高い」おすすめの冬用シュラフを紹介します。

さらには、冬用シュラフで暖かくすごすための「2つの注意点」も解説しますね。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

※気温は-2℃前後を想定(雪中キャンプではありません)

スポンサーリンク

【神コスパ】冬キャンプでも爆睡!?最新おすすめシュラフ7選

冬キャンプで使えるコスパ最強シュラフ5選+快適に眠るポイント解説

まずは、値段別でおすすめの冬用シュラフを紹介します。

  • 5,000円以下のシュラフ
  • 15,000円以下のシュラフ

コスパが高いシュラフはこちらの7つです。

①【5,000円以下】:LEEPWEI 210T防水シュラフ 春夏秋冬の使用可能 収納パック付き

出典:Amazon

こちらはAmazonベストセラー1位の「LEEPWEI」のシュラフです。

レビューも4,000件を超える中で、星4つの評価は安心感がありますよね。

ただし、

購入時の注意点として、必ず1800gのシュラフを買ってください。

実は購入する際には900g、1400g、1800gの選択肢があります。この数字は「中綿の量」の違いです。つまり、重いシュラフほどたくさんの中綿が入っており冬キャンプでも使えるスペックになっています。なので、購入する際には間違わないようにして下さい。

Amazonレビュー 「冬でも使えます!」
2020年2月5日に日本でレビュー済み
~衣服はそのまま、ホッカイロを持ち、EVAフォームマットを敷いて使用。最初は寒く感じましたが徐々に暖まり朝まで寝ることが出来ました。良い点:コストパフォーマンスは素晴らしいと思います。約3000円の寝袋なのに0度で寝れたことは驚きです。

②【5,000円以下】:KOOLSEN 封筒型 防水シュラフ オールシーズン

出典:Amazon

こちらはKOOLSENの封筒型シュラフです。

Amazonで1,000件以上のレビューがあり、快適温度が0℃のシュラフです。

特にこのシュラフは中綿の量が最大で2.2kgもあり、その暖かさは一般的な激安シュラフを凌駕しています。

説明
出典:Amazon

さらには、ドラム式洗濯機で丸洗いもできるので、匂いも気になりませんよ。

Amazonレビュー 「コストパフォーマンス良し!」
2018年12月15日に日本でレビュー済み
真冬の車中泊用に購入。2200gとかなり重量級なので、肉厚の中綿を期待していましたが、思ってた以上の肉厚中綿で安心しました。~ま、総合すると十分に満足いく寝袋なので、3000円前後のものではBESTなんじゃないでしょうか。

③【5,000円前後】:FLYTON冬用 シュラフ【最低温度-20℃】2.8KG オレンジ右開き)

出典:Amazon

こちらはFLYTONの冬用シュラフです。

価格が5,980円なので、5,000円を若干オーバーしますが、この価格帯では最強の性能です。

それもそのはず、中綿が2.8kgあるのでかなり暖かいです。

冬用シュラフ

ですが、中綿が2.8kgもあると基本的には車での移動がメインですね。

そのため「車で冬キャンプに行くから荷物量は気にしなくていいよ」という人におすすめですよ。

Amazonレビュー 「 とにかく、デカイ」
2021年6月8日に日本でレビュー済み
あまり書いている方がいないので書きますが、とにかくデカイです。キャンツーとか、徒歩キャンにはまず向かないです。オートキャンプ専用だと思います。しかしながら、お布団かの如くふかふかな寝心地、全く異臭はなし。デカさと、仕舞い辛さに目を瞑ればかなりおすすめのシュラフです。寒い日は防寒着+インナーシュラフと合わせて使用することでかなり暖かいです。

続いては、15,000円以下のシュラフを見ていきましょう。

④【15,000円以下】:NANGA ナンガ 別注モデル アルピニスト600

出典:Amazon

こちらは、NANGAの別注モデル「アルピニスト」です。

NANGAと言えば冬用シュラフの代名詞的存在ですね。

そのNANAGAが15,000円以内で買えてしまうのです。

ですが、羽毛ではなく化繊素材なのでご注意を。

しかし、快適温度は-6℃~6℃の間なので冬キャンプでも使用可能ですよ。

アルピニスト

⑤【15,000円以下】:コールマン(Coleman) 寝袋 マルチレイヤースリーピングバッグ

出典:Amazon

こちらは、コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグです。

このシュラフは「温度に合わせて重ね着ができる」ことが特徴です。

そのため、このシュラフがあれば、夏から冬までオールシーズン楽しめます。

「冬の寒さ」と「夏の暑さ」この2つの問題を解決する画期的なシステムですね。

コールマンシュラフ
出典:Amazon

快適温度も-5℃まで大丈夫なので、冬キャンプも余裕ですよ。

⑥スナグパック ベースキャンプ スリープシステム

出典:Amazon

こちらはスナッグパックのシュラフになります。

スナグパックとは、イギリスで誕生したアウトドアブランドで、その高い耐久性から各国の軍隊にも採用実績のある実力派ブランドです。

そのスナグパックから冬キャンプもできるコスパが高いシュラフとして発売されているのがこちらです。

このシュラフも、先ほどのコールマンのシュラフと同様にマルチレイヤーを採用しているので、温度に合わせて重ね着をすることができます。

スナグパックシュラフ
出典:Amazon

快適温度は-12℃なので、冬キャンプも十分使えますよ。

⑦Tooge 寝袋 冬用 ダウン シュラフ 【最低温度-25℃】

出典:Amazon

こちらは、Toogeの冬用ダウンシュラフです。

今回紹介する中では、唯一のダウンシュラフですね。

ダウンシュラフの特徴は軽くてコンパクトになり暖かいこと。

そのため、できれば冬用シュラフはダウン素材がいいのですが、値段が高いことがデメリット。

しかし、こちらのダウンシュラフは1万円を切るのです。

もちろん、安いだけではなく快適温度は-10℃なので、冬キャンプでも快適にすごせます。

シュラフ
出典:Amazon

そのため、

化繊シュラフでは少し心配だな。

そんな人にはコスパが高いダウンシュラフがおすすめですよ。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は【羽毛に異議あり!】冬キャンプ用の化繊シュラフ5選【コスパ重視】を紹介しました。

ここでもう一度、簡単にまとめます。

化繊シュラフ』でも、冬キャンプで快適に過ごせます。

ただし、『条件』があります。

  • 『電源サイト』を利用する。
  • 『電気カーペット』を利用する。

この条件であれば、今回紹介したシュラフで問題ありません。

コールマンに関しては、一度アウトレットショップに行ってみることをお勧めします。

でも、やっぱり冬用の『羽毛シュラフ』がいいな~。長く使うことを考えれば、値段もそこまで気にしなくていいのでは?

そにように考えている皆さん。安心してください。

キャンパー支持率NO,1『NANGAナンガ』シュラフの特集を下のリンクに貼っています。

私もコールマンで家族分のシュラフを購入した後、ソロ用でNANGAのシュラフを購入しました。家族分を揃えると厳しいですが、一人分なら・・・。

それではみなさん。楽しい冬キャンプを。

コメント