【組合せの科学】冬キャンプを3シーズンシュラフで過ごす方法

3シーズンシュラフで冬キャンプはできないかな?正直、冬用シュラフは高いので買いたくない…。もし方法があるなら教えてもらいたいな。

こういった疑問にお答えします。

結論からいうと、3シーズンシュラフで冬キャンプはできます。

最初は、私も不安でしたが「コツ」をつかむとかんたんです。

ですが、最初から無理は禁物。

これから教える方法をふまえて、安全を優先しながら実践してみて下さい。

✔この記事を読んでわかること

ポイント
  • 空気の層で暖かく眠る方法がわかる
  • おすすめ熱源グッズがわかる
  • 一番安全に3シーズンシュラフで眠る方法がわかる

この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

※温度は-2℃前後を想定。雪中キャンプではありません。

スポンサーリンク

暖かく眠るポイントは「空気の層」

3シーズンシュラフで暖かく眠るポイントは、

空気の層」を作り出すことです。

実は、空気の層の「断熱効果」はガラスやコンクリートよりもトップレベル。

そのため、ハウスメーカの断熱素材も、できるだけ空気の層を生み出すように作られています。(参照:空気がトップレベルの断熱材!?

たとえば、タウンジャケットや羽毛布団も同様です。

動かない「空気の層」をたくさん身に着けることで、体の熱を外に通しにくくして保温効果を高めます。

そして、この「空気の層」を使うことで3シーズンシュラフでも暖かく眠れます。

ポイントは、3シーズンシュラフだけでは空気の層が少ないので、意図的に空気の層を増やすことです。

それにはどんな方法があるの?

それを今から説明しますね。

スポンサーリンク

3シーズンシュラフで暖かく眠る方法

暖かく過ごす

ここからは3シーズンシュラフで暖かく眠る方法を解説します。

ポイントは大きく分けて3つです。

  • 意図的に「空気の層」を作りだす
  • 「熱源」を作り出す
  • 「冬の底冷え」を防ぐ

それでは解説します。

暖かく眠る方法①:シュラフを2重にする

個人的には、これが一番効果がありました。

単純に3シーズンシュラフを2重にしただけですが、これで意図的に「空気の層」を作りだせます。

私が使っていたのは、スナグパックのシュラフとコールマンのシュラフです。(この写真の寝袋はコールマンではありません)

どちらも、3シーズンシュラフですが、重ねると「空気の層」ができて本当に暖かいですよ。

コツは、大きい方のシュラフは外側にすること。

その方が、空気の層が作りやすいからです。私の場合はスナグパックを外側にしていましたね。

特にスナグパックは、形が大きいので2重にするのに向いていますよ。↓

暖かく眠る方法②:インナーシュラフを使う

これは、シュラフの中に意図的に「空気の層」を作りだす方法です。

正直、インナーシュラフでなくても構いません。

私は、コールマンのインナーシュラフを使っていましたが、首回りが寒かったので、UNIQLOのブランケットも追加で入れていました。

特に、3シーズンシュラフは封筒型のシュラフが多いため、どうしても首回りが寒くなります。

※封筒型シュラフとはこういったものです。↓

そのため、首回りを中心にブランケットを入れると暖かく眠れますよ。

暖かく眠る方法③:シュラフカバーを使う

これも、3シーズンシュラフの上に重ねて「空気の層」を作り出す方法です。

本来であればシュラフカバーの用途は、羽毛シュラフの防水対策がメインです。

なぜなら、羽毛シュラフは濡れてしまうと空気を取り込んで膨らむことができず、保温性能が低下するからです。

そのため、シュラフカバーが必要になるのですが、基本的に3シーズンシュラフは『化繊素材』が中心。

なので、防水機能よりも「保温機能」を高めるために使います。(化繊素材は水に強い)

私が使っているシュラフカバーはこちらですね。↓

暖かく眠る方法④:湯たんぽを使う

これは「熱源」を増やすことで暖かく眠る方法です。

「湯たんぽ」は家庭で昔から使われている暖房器具ですね。

ですが、冬キャンプに3シーズンシュラフで寝るときにも重宝します。

特に、冬場はシュラフの足元が冷えやすいので、湯たんぽを置くと暖かく眠れます。

ただし、低温やけどの可能性があるので、必ずタオルを巻いて使用してください。

私が使っている「湯たんぽ」はこちら。キャンパーに大人気の商品です。↓

暖かく眠る方法⑤:ホッカイロを使う

これも「熱源」を増やすことで暖かく眠る方法です。

大切なポイントは『張る場所』です。

特に、首や腰、お腹など「太い血管がある場所」を暖めると、効果的に体が暖まります。

注意点としては、低温やけどの可能性があるので、背中などホッカイロが圧迫されてしまう場所は避けましょう。

暖かく眠る方法⑥:コットを利用する

これは「冬の底冷え」を防ぐことで暖かく眠る方法です。

コットとは「簡易ベッド」のことで、地面に直接シュラフを敷かないので、底冷えを軽減できます。

私はソロキャンプの時に使用しますが、本当に重宝しますね。

コット

私が使っているのはこちらのコットです。「キャンプでも寝心地を重視したい」という方におすすめですよ。↓

でも、コットは高いでしょ?

言ってることはわかるけど、コットは高いんじゃないの?

という意見もあるかと。

そうですね。基本的には1万円以上します。そのため「他にも買うアイテムがある」という人には少し厳しいかと。

ですが、皆さん安心してください。

コットを使わずに「底冷え」を軽減する方法があります。

ポイントは「マットを2重」にすることですね。

そうすることで、断熱効果を高め暖かく眠ることができます。

詳しくは「【コットなしの条件】冬キャンプで暖かく眠る3つの方法【無理は禁物】」で説明しています。

暖かく眠る方法⑦:カンガルースタイルを取り入れる

カンガルースタイルとは、大きいテントの中に、寝床用として小さいテントを作ることです。

だから、カンガルースタイル。

カンガルースタイル

これは、シュラフではなく「テントを2つ」にすることで、意図的に「空気の層」を作りだし断熱効果を高める方法です。

テントによっては付属している「インナーテント」も同じ考え方ですね。

また、小さいテントには「ノースフェイス」や「MSR」のテントを使うのが、人気のおしゃれスタイルですよ。

スポンサーリンク

でも、やっぱりまだ不安…。

ここまで、3シーズンシュラフで冬キャンプができる方法を解説しました。

ですが、それを読んでも

やっぱり、まだ心配だな…。

本当に3シーズンシュラフで大丈夫かな?

そう考える方には、一番安全な方法を紹介します。

一番安全な方法は「電源サイトを利用する」

電源サイトとは、家庭用のコンセントが使える区画のことで、料金は3,000~5,000円。フリーサイトより1,000円~2,000円高い料金設定になっています。

そのため、

電源サイトは高いからちょっと…。

と敬遠する人もいますが、むしろ電源サイトを利用した方がトータルの費用は安くなります。

なぜなら、電源サイト利用すると「電気カーぺット」が使えるからです。

電気カーペットは、地面からの「底冷え」を軽減するだけでなく、体を暖める「暖房器具」にもなります。

そのため、3シーズンシュラフだけでも暖かく眠れるのです。

私は家族で冬キャンプに行く際には、電源サイトで「電気カーペット」を使用します。その時に持ってくシュラフは3シーズンシュラフのみです。あとは、保険として人数分の毛布を持っていきます。ですが、子供たちは毛布をかけると寝汗がひどいので夜中には外しています。それぐらい「暖かい環境」だということです。

なので「3シーズンシュラフだとやっぱり心配…」という方は、電源サイトを利用すると安全ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は【3シーズンシュラフで冬キャンプができる方法】を解説しました。

まとめると暖かく過ごすポイントは以下の3点です。

  • 意図的に「空気の層」を作りだす
  • 「熱源」を作り出す
  • 「冬の底冷え」を防ぐ

そして「どうしても心配…」という方には、電源サイトで「電気カーペット」がおすすめですよ。

基本的に、今回紹介した方法のどれか一つを選ぶというよりは、すべて試してみて、そこから不要な物を減らしていく「引き算の考え」が大切です。

冬キャンプでは、荷物の量が増えることよりも「暖かく眠ること」を優先しましょう。

それでは、楽しい冬キャンプを。

今回紹介した商品はこちら

コメント