【高品質VSコスパ】冬キャンプおすすめコット5選【結論:リセール重視】

ヘリノックス コット

コット選びで迷っている人
「冬キャンプにコットを買おうと思っています。正直、ヘリノックスのコットが欲しいけど、値段が…。やっぱりヘリノックスがいいのかな?それとも別のコット?所有者の意見が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

✔この記事でわかること

  • ヘリノックスコットの魅力がわかる
  • ヘリノックス以外でおすすめのコットがわかる
  • 結局、どのコットを買うべきか正しい判断ができる

本日は冬キャンプおすすめのコットを紹介します。

コットがあると地面からの冷気が軽減され、電源サイトを使わなくても暖かく眠れます。

ただし、実際にコットを選ぼうと思ったら、

『色々あってどれを選んでいいのか分からない』

こう考える人がとても多いです。

ですが、コットで悩んでいる人の本音はもっと具体的。

『ヘリノックスが欲しいけど、値段が…』

これが本当の悩みかなと。

そのため今回は、

それでもヘリノックスのコットを選ぶべきか?

それとも、別のコットにするべきか?

そこを解説していきます。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

スポンサーリンク

【高品質VSコスパ】冬キャンプおすすめコット5選【結論:リセール重視】

悩む卵

まずは、ヘリノックスコットの特徴と魅力を紹介。

色々な角度から解説していきます。(少し長いです)

①:Helinox(ヘリノックス) タクティカルコットconv

  • 組み立て式のコット(折りたたみ簡易ベット)
  • 使用時サイズ:幅190cm×奥行き68cm×高さ16cm
  • 収納時サイズ:54cm×16.5cm
  • 総重量:2540g
  • 耐加重:145kg

こちらはヘリノックスのタクティカルコットです。

ヘリノックスで一番人気のモデル。

このタクティカルコットは、A&Fから販売されており、ミリタリーテイストな見た目が無骨キャンパーの心を鷲掴み。

私も、この見た目に惹かれて『コヨーテ』カラーを購入。

やっぱり、無骨な見た目が最高なんです!

その他にも、ブラックやカモフラージュ柄もあります。

また、コットの周りにはループがあり、専用のストレージをつけることもできます。

このストレージもはとても便利で、携帯の充電器やメガネケースといった小物を入れるのに最適なんです!

この多機能性がタクティカルの所以ですね。

また、モンベルから出ているヘリノックスのコットワンシリーズもあります。

基本的なサイズ感と寝心地は、タクティカルコットと変わりません。

大きな違いは3つです。

  • カラー(ベージュ、グリーン、レッド、ブラック)
  • ループやポケットが無い
  • お値段(1万円以上安い)

原色に近いカラーリングが特徴的で、『レッド』『グリーン』は女子キャンパーにおすすめです。

差し色効果で、一気にサイトが華やかに♪

詳しくはこちらをご覧ください。

続いては、

私が2年以上使って気づいた、ヘリノックスコットの魅力を解説します。

■ヘリノックスコットの魅力

ハイコット

ヘリノックスのコットの魅力は4つです。

  1. 寝心地が抜群
  2. ローコットにも、ハイコットにもなる
  3. 軽くてコンパクト
  4. ちょっとドヤ顔が出来る
魅力①:寝心地が抜群

ヘリノックスのコットは寝心地が抜群です。

「ギュッ」と張ったテンションが生地を「パンパン」にして、体が深く沈み込みません。

長年、コットを使って感じるのは、

コットの良し悪しは

寝心地が全て

ということ。

寝心地が悪いと「なんか満足できない(悲)」となり、結局、新しいコットを買い直すことになります。

そうならない為には、最低でも1万円以上のコットがおすすめ。

ヘリノックスコットが寝心地は最高レベルですが、他にもおすすめコットがありますよ。

詳細は記事の後半で紹介します。

魅力②:ローコットにも、ハイコットにもなる

変形タイプは本当に便利です。

ローコットはそのコンパクトさから、小さいテントにピッタリです。

一方で、

ハイコットは、地面から遠くなるため、寒さを軽減します。

また、そもそも高さがあるので、乗り降りの際、腰に負担がありません。

これは、腰痛持ちの私には本当に助かる機能。

こちらの付属部品を取り付けることで、ハイコットになります。

変形も簡単で、所要時間は約1分です。(爆速でしょ?)

魅力③:軽くてコンパクト

重さが、たった2.4kgなので、

バックバックやバイクツーリングに最適

一番長い部分で54cmとコンパクトなので、

車載量がとても少なく抑えられる

この2つは、他のコットにはなかなか無いメリットです。

実際に、使用してもその手軽さには驚きます。

それでいて、耐荷重は145kgありますからね。

手軽さ』と『丈夫さ』を合わせ持った最強のコットです。

魅力④:ちょっとドヤ顔が出来る

値段が高いからこそ。

寝心地が最高だからこそ。

持っているだけでドヤ顔になれます(笑)

(すみません。私はいやしい人間です)

友人から「やっぱりヘリノックスのコットはかっこいいね」と言われると

「ニヤニヤ」が止まりません(笑)

このヘリノックスのコットを持っているという『満足感』が、寝心地だけでなく、心も満たしてくれます。

つまり、

結論:最高の自己満アイテム

ですね♪

■ヘリノックスコットのデメリット

ローコット

ここからは、ヘリノックスコットのデメリットを説明します。

2年間使用して感じたデメリットは3つです。

  1. 価格が高い
  2. 組み立てに多少時間がかかる
  3. 盗まれる心配がある

デメリット①:価格が高い
価格が高い

これが最大のデメリットですね。

ヘリノックスのコットは最高品質で、手軽で便利で所有欲を満たしてくれます。

でも、高い。本当に高い。

だから、みんな迷うんです。

『ヘリノックスを買おうかな?でも、値段が…』

私の場合も、お金がなかったので、ヘリノックスを諦め、DODのコットを購入しました。

結局その後に、ヘリノックスのコットを購入するのですが、そこで大切な考え方』を学びました。

詳しくは記事の後半で説明します。

デメリット②:組み立てに多少時間がかかる
コット組立

これは、コンパクトになるアイテムには必ずあるデメリットです。

分解できてコンパクトになる分、組み立てに多少時間がかかります。

大体、5分程度ですね。

例えば、折りたためるハイコットなどは、一瞬で設置できるので、それと比べればデメリットです。

組立時間が短くなれば、その分ゆっくりできる時間が増えますからね。

まあ、個人的には慣れれば5分以内でできるので「そこまで手間ではないかな」と感じてます。

デメリット③:盗まれる心配がある
びっくりした犬

これは、油断してはいけないデメリットです。

人気があり、高値で売れるからこそ、『盗難』には気を付けましょう。

私のいる九州ではそこまで聞かないですが、関東の人気キャンプ場では多いみたいです。

なので、温泉などに行ってテントから離れるときには、大切なものは車に入れるなどの『防犯対策』をしておきましょう。

テントも開けっぱなしにせず、入り口を締めて100均に売っているような、南京錠のカギを付けるのがおすすめです。

実際に入れないようにするというよりも、

盗む際に面倒な環境

にすることが大切ですよ。

ーーーいかがでしたでしょうか?

ここまでは、ヘリノックスの魅力とデメリットを紹介しました。

ここからは、

『やっぱりヘリノックスじゃなくて、のコットにしようかな?』

と考えている方に、おすすめのコットを紹介します。

②DOD(ディーオーディー) バッグインベッド


DOD(ディーオーディー) バッグインベッド バッグに入る軽量ベッド ツーリングにも CB1-510K

こちらはDODのバックインベッドです。

コスパが高くて、コンパクトで軽量なコットが欲しい』

という人におすすめのコットです。

価格と品質のバランスが最高で、初めてのコットに最適のコスパの高さ。

私も、初めて購入したのがこのコットです。

個人的には、『ベージュの色合い』にも大満足のコットでした。

Amazonベストセラー1位

③クオルツ 2WAY ライトビーム コット 【ブラウン】


クオルツ 2WAY ライトビーム コット 【ブラウン】 QJHB150

こちらは「サーカステント」で有名なWild-1のオリジナルブランド『クオルツのコット』になります。

最大の特徴は、

組み立て式でコンパクトになり、かつ高さの2段階調整が出来ること

なので、ベンチにも使えますし、車にも楽々で積み込めます。

ただし、組み立てにはちょっとコツがいります。

こちらの記事で詳しく解説していたので、参考にしてください。

④アウトプットライフ イージーコット


アウトプットライフ イージーコット [ ベージュ ] OUTPUT LIFE EASY COT アウトドア キャンプ

こちらはアウトプットライフのイージーコットです。

最大の特徴は、その名の通り

簡単に組み立てができる

ということです。

折りたたみ式なので1分もかかりません。

確かに、メーカーによってはコットの組み立ては面倒なので、このメリットは非常に大きいです。

ただし、こちらはハイコットのみで、ローコットにはなりません。ご注意を。

⑤FIELDOOR アウトドアコット


FIELDOOR 木製 アウトドアコット 耐荷重180kg 収納バッグ付 190×69×40cm キャンプベッド ベンチ 折りたたみ式

こちらは、FIELDOOR のアウトドアコットです。

最大の特徴は、

木製であることのおしゃれ感です。

特に、木製のアイテムを多く取り入れているキャンパーさんにピッタリです。

レトロなロッジ型にも合いますね♪

ハイコットなので、ベンチにもなりますし、価格が手ごろな値段に抑えられています。

懸念点は木製な事による重さ。

全体で約7.4kgあります

しかし、その分、堅牢で耐荷重が180kgありますので、大きい方でも使用できますよ。

スポンサーリンク

結局、どっちを選べばいいの?

疑問

ここまで、ヘリノックスとそれ以外のおすすめコットの解説をしました。

で、

「結局、どちらを選べばいいの?」

ということですよね。

私の場合は、冬キャンプを始めたばかりでお金がなかったので、最初に『DODのバックインベッド』を購入。

その後、1年後に資金に余裕ができたので、DODのバックインベッドをメルカリで売って)、その資金もプラスしてヘリノックスのコットを買いました。(購入時:10,000円、売却時:8,000円

ヘリノックスのコットを買った理由は、3つです。

  • ハイコットとローコットに変形できるので腰痛対策になる
  • 最高の寝心地を追求したかった
  • ヘリノックスでドヤ顔がしたかった(笑)

また、DODのバックインベッドを売却した際に気づいたのは、高品質で人気のある商品は『リセールバリュー』が高いということ。

この『リセールバリュー』という考え方が、この記事で一番伝えたいポイントです。

私の場合はDODのバックインベッドを1年以上使いましたが、購入時:10,000円、売却時:8,000円、つまり『差額2,000円』で使っていたようなもの。

もちろん、ヘリノックスのコットも『リセールバリュー』が非常に高い。

特に大きな欠陥が無ければ、売値は買値の8割はかたいです。

つまり、高品質で人気の商品を購入すれば、当初の購入費はかかったとしても、売却時のリセールバリューが高いので、高価格のヘリノックスもそこまで悩む必要はないということです。

したがって、コットがほしいなら最初から『ヘリノックスのコット』を選んでおけば、間違いありません。

ただ、どうしてもお金が…。

という人もいると思うので、そういった人は私のようにDODのバックインベッドを購入するか、今回紹介した他のコットを購入すればよいかと。

その後に、購入したコットで満足できず、かつ資金も溜まっているなら、購入したコットを売却して、ヘリノックスのコットを購入するのがベストです。

なんにせよ、

この『リセールバリュー』という考え方が、

『ヘリノックスが欲しいけど、値段が…。』

と悩んでいる人に「そこまで悩まなくても大丈夫だよ」と安心させられる考え方だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

寛ぐ女性

いかがでしたでしょうか?

本日は『ヘリノックスが欲しいけど、値段が…。』という方に向けた、冬キャンプおすすめのコットとその選び方を解説しました。

個人的に思うことは、

『リセールバリュー』が高いものを選べば『損』はしない

ということ。

それが、買い物で何度も失敗をしている私の教訓です。

「安物買いの銭失い」とは私のこと。

皆さんは、そんな失敗をしないように『リセールバリュー』が高い商品を購入していきましょう。

それでは、楽しい冬キャンプを!!

買うなら最高品質
初めてのコットには
高さが変えられて便利

一瞬で設営可能

おしゃれな木製

コメント