【湯たんぽ最強伝説】冬キャンプでの効果的な使い方と注意点

湯たんぽ

冬キャンプで湯たんぽを検討している人

「冬キャンプに湯たんぽを持っていこうか迷っています。でも荷物になるし、できれば持っていきたくないな…。それに本当に暖かいの?経験者の方、そこの所くわしく教えて。

こういった疑問にお答えします。

✔この記事でわかること

  • 湯たんぽの効果的な「使い方」と「注意点」がわかる
  • おすすめの湯たんぽ」がわかる
  • かんたんな湯たんぽ」の作り方がわかる

「湯たんぽ」は冬キャンプで最強です。

なぜなら、以下の3つのメリットがあるからです。

  • 荷物が少なくてすむ(石油ストーブよりも小さい
  • お財布にやさしい(値段も安くて燃料はでOK)
  • 耐久性が高い(持続時間は4時間以上、3~4年は使える)

そして、なによりも「暖かい」からですね。

そのため、

できるだけ荷物は少なくしたいな…。

と考えているソロキャンパーにおすすめですよ。

ちなみに、

私は冬キャンプ歴1,000時間以上ですが「湯たんぽ」は必ず持っていきます。

ホッカイロとは比べ物にならないくらい暖かいですからね。

どんなに寒い環境でも「湯たんぽ」があれば暖かくすごせるのです。

それでは湯たんぽの「使い方」から解説していきますね。

この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶ブログ歴1年半で90,000PV達成
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

スポンサーリンク

冬キャンプでの湯たんぽの効果的な使い方

ソロベース

湯たんぽの効果的な使い方は3つあります。

  1. 寝る前にシュラフに入れる
  2. ブランケットの中に入れる
  3. 簡易的なコタツにする

効果的な使い方①:寝る前にシュラフに入れる

コット

テントの中は暖かくても、寝るときに感じること。

冬用シュラフでも入った瞬間は寒いな…。

これはよく聞く「冬キャンプあるある」のひとつですね。

当然ながら、冬用であってもシュラフ自体は暖かくないので、人肌で暖まるまでは寒いです。

せっかく眠くなってシュラフに入っても、しばらくは寒さで目がぱっちり。

そして、暖かくなるまで足を動かして自力で熱を発生させるのです。(笑)

ですがそんな場面でも「湯たんぽ」があると、シュラフに入った瞬間から暖かく眠れます。

具体的には、寝る10分前くらいに湯たんぽを入れておくとちょうどいいですね。

たとえるなら、冬の布団乾燥機と一緒です。

気温がとても寒くても、布団乾燥機を使った布団はポッカポカ。

それと同じで、湯たんぽを入れたシュラフはとても暖かく眠れるのです。

効果的な使い方②: ブランケットの中に入れる

これも定番の使い方。

お気に入りのチェアに座りながら、焚き火を眺める冬キャンプの定番スタイル。

ですが、

「ブランケットだけでは肌寒いし、ホッカイロでも物足りない…」

これも冬キャンプあるあるですね。

そんなときに、湯たんぽをブランケット中に入れ、膝にのせておくだけで体もポカポカになりますよ。

また、ブランケットの種類も大切です

特に、こちらのブランケットはスカートのように腰に巻けるので、立っているときでも暖かくすごせますよ。

Grip Swany(グリップスワニー)
¥6,490 (2022/01/13 18:49時点 | Amazon調べ)

効果的な使い方③: 簡易コタツでも使える

じつは、

「湯たんぽ」は簡易コタツの熱源としても使えます。

やり方はかんたんです。

  1. お座敷スタイルのラグの上に、テーブルを載せる。
  2. その上にシュラフかブランケットを被せる。
  3. その上にテーブルの天板か、すのこを載せる
  4. 熱源の湯たんぽを中に入れる

以上です。

ポイントは4人家族なら、熱源となる湯たんぽの数は1つではなく2つ用意すること。

特に、簡易コタツは

お手軽にお座敷スタイルを楽しみたいな~。

こんな人におすすめですよ。

お座敷スタイルが気になる方はこちらで解説しています。↓

スポンサーリンク

湯たんぽの注意点

とても手軽で便利な湯たんぽですが、もちろん注意点があります。

それがこちらです。

  1. 低温やけど
  2. 直火で温めるときは蓋を外す
  3. 金属部分を触るときには手袋で
  4. 蓋の部分を下にしない(お湯がこぼれます)

特に、直火やストーブの上で温めるときには蓋を必ず外すこと。

空気が膨張して爆発する可能性がありますので、蓋は忘れずにとりましょう。

あと、ヤケドもしやすいので「お湯を入れるとき」や「ストーブの上で暖めるとき」などは手袋もしてくださいね。

また、冬キャンプは危険もいっぱいです

一酸化炭素中毒など、まずはキャンパーによくある失敗を理解して冬キャンプに臨みましょう。

【冬キャンプの大失敗】経験者が語る注意点と失敗8選【初心者必見】

スポンサーリンク

おすすめの湯たんぽ

私自身いままで、プラスチックの湯たんぽや、ゴムの湯たんぽなど、いろいろな湯たんぽを使ってきました。

その中でわかったことは、

直火OKの「湯たんぽ」が一番手軽で使いやすい

ということ。

結局、

お湯を沸かして「湯たんぽ」に入れる作業がいちばんめんどくさいのです。

これですね。↓

湯たんぽ

水なら問題ないのですが、お湯だと火傷の心配もあってめんどくさい。

ですが、直火OKの湯たんぽならストーブがの上にのせて暖めることができます。

こんな感じですね。↓

湯たんぽ

もちろん、焚き火においても使えますし、ツーバーナーでも使えます。(ただし、焚き火は汚れたり、劣化が早まるのでおすすめはしません)

そのため、直火で使える湯たんぽを紹介していきますね。

①マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524


ひとつめは大人気「マルカの湯たんぽ」です。

冬キャンパー御用達の湯たんぽですね。

素材は溶融亜鉛メッキ鋼板なので、以下の3つがすべて対応可能です。

  • 直火OK
  • IHもOK
  • ストーブの上もOK

この手軽さが一番のセールスポイントですね。

あとはレトロな見た目もおしゃれ感を演出してくれますよ。

②マルカ 湯たんぽ 純銅 2.2L 袋付 (本体:日本製) CF-22


2つ目は純銅製のマルカの湯たんぽです。

純銅製は熱伝導が高いことが特徴。

もちろん、直火もIHもストーブの上でもお湯を暖められます。

そのため、

人とは違う「湯たんぽ」がほしい!!

という人におすすめですよ。

マルカ(Maruka)
¥12,800 (2022/01/15 08:40時点 | Amazon調べ)
Amazonレビュー 朝まで温かいです
2020年4月11日に日本でレビュー済み
以前もマルカの湯たんぽを使っていましたが、今回初めて純銅を購入しました。
熱くなり過ぎず、心地よい温かさです。
以前使用していたものは中に錆ができてしまいましたが、こちらは錆びにくく、丈夫そうです。
スポンサーリンク

簡易版の『湯たんぽ』

寒いな~。もうひとつ湯たんぽ必要だったかな…。

しまった!湯たんぽ持ってくるの忘れた…。

こんな時に便利なのが簡易版の湯たんぽです。

とてもかんたんなので頭の片隅に入れて置いて、もしもの時に利用しましょう。

作り方はかんたん。

ペットボトルにお湯を入れるだけ

驚くほどシンプル。

もちろん、注意点もあります。

  • 熱湯は入れないこと(お湯は50℃くらい)
  • ペットボトルはホット用がベスト
  • お湯の量は7~8割が良い。(満タンにすると膨張して破裂する)

個人的にはナロゲンボトルがおすすめですね。

ナロゲンボトルは本来研究で使われるプラスチック製品なので、

  • 熱湯を入れても変形しない
  • 冷凍にも耐えられる

といった特徴があります。

また、カラーバリエーションも豊富なので、自分好みの色が見つかりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は湯たんぽの効果的な「使い方」と「注意点」、そして「おすすめの湯たんぽ」を紹介しました。

「湯たんぽ」は軽視されがちですが、とてもコスパが高い暖房器具です。

何よりも安くて、暖かくて、丈夫である。

このことが、特に冬のソロキャンプをはじめたキャンパーにはピッタリですね。

最後にまとめると、湯たんぽの効果的な使い方は3つです。

  1. 寝る前にシュラフに入れる
  2. ブランケットの中に入れる
  3. 簡易的なコタツにする

ですが、注意点もありました。

  1. 低温やけど
  2. 直火で温めるときは蓋を外す
  3. 金属部分を触るときには手袋で
  4. 蓋の部分を下にしない(お湯がこぼれます)

とくに、必ず蓋を外して暖めることが大切です。

それでは楽しい冬キャンプを。

P.S.冬キャンプのおすすめ暖房はこちら

今回紹介したアイテム
Grip Swany(グリップスワニー)
¥6,490 (2022/01/13 18:49時点 | Amazon調べ)
マルカ(Maruka)
¥12,800 (2022/01/15 08:40時点 | Amazon調べ)

コメント