【湯たんぽのリアル】冬キャンプおすすめ湯たんぽ+効果的な使い方

湯たんぽ

湯たんぽを探している人

「電源が無いキャンプ場に泊る予定です。なので、寒さ対策として湯たんぽを探しています。どんな湯たんぽがありますか?あと、効果的な使い方とか、色々知りたいな・・・。」

こんにちは!tatsuです。

本日は、冬キャンプで使えるおすすめの湯たんぽを紹介します。

特に、

電源が無いキャンプ場に泊まる予定の方

には必要なアイテムかと。

この記事はこういった内容になります。

  1. おすすめの湯たんぽ
  2. 湯たんぽの効果的な使い方
  3. 湯たんぽの注意点

それでは、説明していきます。

スポンサーリンク

【湯たんぽのリアル】冬キャンプおすすめ湯たんぽ+効果的な使い方

様々な湯たんぽを試して分かったこと。

それは、

直火OKの『湯たんぽ』が一番手軽で使いやすい

ということ。

結局、お湯を沸かして、湯たんぽに入れる作業がとても面倒なんです。

したがって、直火で使えるおすすめの商品を紹介していきます。(少数精鋭です)

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524


マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

一つ目はマルカの一番人気の湯たんぽ。

素材は溶融亜鉛メッキ鋼板で、

  • 直火OK
  • IHもOK
  • ストーブの上もOK

この手軽さが一番のセールスポイントです。

あとはレトロな見た目もおしゃれ感を演出してくれますよ。

マルカ 湯たんぽ 純銅 2.2L 袋付 (本体:日本製) CF-22


マルカ 湯たんぽ 純銅 2.2L 袋付 (本体:日本製) CF-22

2つ目は驚きの純銅製です。

純銅製は熱伝導が高いことが特徴。

もちろん、直火もIHもストーブの上でもお湯を暖められます。

『やっぱり銅製がおしゃれでかっこいい』

という方におすすめです。

Amazonレビュー 朝まで温かいです
2020年4月11日に日本でレビュー済み
以前もマルカの湯たんぽを使っていましたが、今回初めて純銅を購入しました。
熱くなり過ぎず、心地よい温かさです。
以前使用していたものは中に錆ができてしまいましたが、こちらは錆びにくく、丈夫そうです。
Amazonレビュー 銅製湯タンポに魅了されました
2020年2月2日に日本でレビュー済み
素晴らしい。この冬はポカポカ。銅の光沢と色合いが大変気に入りました。お値段相当の価値があります。ありがとうございます。。
スポンサーリンク

湯たんぽの効果的な使い方

効果的な使い方

湯たんぽの効果的な使い方は3つあります。

  1. 寝る前にシュラフに入れる
  2. ブランケットの中に入れる
  3. 簡易的なコタツにする

①寝る前にシュラフに入れる

シュラフ

せっかくテントの中は暖まっていても、寝るときに感じること。

「冬用シュラフでも、入った瞬間は寒い・・・」

そういう経験はありませんか?

当然ながら、シュラフ自体は熱を発しないので、人肌で暖まるまでは寒いです。

そんな時。

寝る10分前ぐらいに湯たんぽをシュラフに入れると、最初から暖かく眠れます。

家で使う布団乾燥機で暖まった布団と同じ暖かさです。

②ブランケットの中に入れる

犬とブランケット

これも定番の使い方。

お気に入りのチェアに座りながら、焚き火を眺める冬キャンプの定番スタイル。

ですが、

「ブランケットだけでは肌寒いし、ホッカイロでも物足りない・・・」

そう感じることはありませんか?

そんなときには、

湯たんぽをブランケット中に入れ、膝にのせておくだけで体もポカポカになりますよ。

③簡易コタツでも使える

コタツ

簡易コタツの熱源としても使えます。

やり方は簡単。

  1. お座敷スタイルのラグの上に、テーブルを載せる。
  2. その上にシュラフかブランケットを被せる。
  3. その上にテーブルの天板か、すのこを載せる
  4. 熱源の湯たんぽを中に入れる

以上。

ポイントは4人家族なら、熱源となる湯たんぽの数は1つではなく、2つ用意すること。

「お手軽にお座敷スタイルを楽しみたい」

そんな人におすすめです。

お座敷スタイルが気になる方はこちら。

スポンサーリンク

これは危ない!守るべき注意点

気を付けて!

とても手軽で便利な湯たんぽですが、もちろん注意点があります。

ここがポイントです。

  1. 低温やけど
  2. 直火で温めるときは蓋を外す
  3. 金属部分を触るときには手袋で
  4. 蓋の部分を下にしない(お湯がこぼれます)

特に、直火やストーブの上で温めるときには、蓋を必ず外しましょう。

空気が膨張して爆発する可能性があります。

スポンサーリンク

簡易版の『湯たんぽ』もあるよ!

ペットボトル

「寒い~。湯たんぽもう一つ欲しいな・・・」

「しまった!!湯たんぽ持ってくるの忘れた・・・」

こんな時に便利なのが簡易版の湯たんぽです。

とても簡単なので、頭の片隅に入れて置いて、もしもの時に使いましょう。

作り方は簡単。

ペットボトルにお湯を入れるだけ

驚くほどシンプル。

もちろん、注意点もあります。

  • 熱湯は入れないこと(お湯は50℃くらい)
  • ペットボトルはホット用がベスト
  • お湯の量は7~8割が良い。(満タンにすると膨張して破裂する)

個人的にはナロゲンボトルがおすすめです。

本来は研究用に使用されるプラスチック製なので、なんと熱湯に耐えれます。

冷凍にも耐え、色々な用途に使えるので、一つは持っておくと便利です。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はおすすめの湯たんぽと効果的な使い方を紹介しました。

結局、湯たんぽは、

マルカの湯たんぽ』が一番手軽で安心できる。

これが全てかと。

今回紹介した商品はコチラ。

色々な用途にも使えますので、電源無しサイトを利用する際にはぜひご検討ください。

湯たんぽのことは分かったけど、『電源が無いキャンプ場』を利用する際に、気を付けることは他にあるかな?

そんな人はコチラ。

それでは、楽しい冬キャンプを!!

コメント