【要注意】ストーブ無しで大丈夫?【冬キャンプ経験者の意見】

冬キャンプ ストーブ無し

冬キャンプの暖房で迷っている人
「冬キャンプはストーブ無しで大丈夫かな?できるだけ持ち物を少なくしたいけど、寒すぎて眠れないのは困る。冬キャンプ経験者の意見を教えてほしい」

こういった疑問にお答えします。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶ブログ歴1年半で90,000PV達成
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

『冬キャンプは寒いって聞くけど、できるだけ持ち物は少なくしたい。』

これはゆったりと過ごしたいソロキャンパーであれば、だれもが願うこと。

ですが、

寒すぎる冬キャンプで暖房対策のミスは「命の危険」につながります。

キャンプ場で想定以上に寒くても、山奥のキャンプ場では打てる対策が少ないのです。

そのため、装備選択の失敗はできません。

それらを踏まえて、結論から。

結論:ストーブ無しでも冬キャンプはできます。ですが、安全マージンが大切です。

そうです。たしかにできるのです。

ですが、攻め過ぎは「要注意」。

そのため、この記事では以下の内容を解説します。

  • ストーブ無しで冬キャンプができる方法
  • 冬キャンプ経験者の本音(安全マージン)
  • ストーブ無しの服装対策

それではいってみましょう!

※-2℃前後の気温を想定しています。(雪中キャンプではありません)

スポンサーリンク

ストーブ無しで冬キャンプができる「方法」

ストーブ無しで冬キャンプはできます。

ただし、最低限の「冬用装備」をそろえる必要があります。

それがこちらの4つです。

  1. コット
  2. マット
  3. シュラフ
  4. 湯たんぽ

くわしく解説していきます。

①コット

コット

電源サイトを使わず、かつ電気カーペットも使わないなら、コットは必要です。

コットがあると、

地面からの冷気を遮断してくれます。

これが、冬キャンプにおける『底冷え対策』ですね。

個人的には、ヘリノックスのコットがおすすめですが、値は張ります。

もし、迷っているならコチラを。その『もやもや』がスッキリするかと。

②マット

ヨカティピ


コットの上に敷くために、マットが必要です。

『コットがあればマットはいらないのでは?』

そう思う方もいらしゃるかと。

実は、コットだけでは冷気を完全に防げません。

なぜなら、

コットと地面の間の空間に冷気が入り込み、コットの布一枚だと防ぐことが出来ないからです。

その為、マットがいります。

また、マットだけでなく、その上にブランケットも敷くと完璧です。

イメージとしては、

  1. 地面
  2. コット
  3. マット
  4. ブランケット
  5. シュラフ

この順番で、重ねると冷気を遮断し、暖かく眠れます。

私が使っているのはコチラ。キャンプ芸人のヒロシさんも愛用しているマットです

③シュラフ

シュラフ

シュラフは、冬用シュラフが必要です

冬用シュラフは確かに高額です。ですが、『冬キャンプ』、『電源サイト無し』、『ストーブ無し』といった条件であれば、必須かと。

個人的にはNANGAのシュラフがおすすめです。

NANGAのシュラフは永久保証という制度があり、修理費用も無料になります。

それだけ、自社の製品に自信があり、かつ顧客を大切にするメーカーです。(詳しくはコチラ

シュラフはこれからのキャンプ人生において、長い付き合いになる相棒です。

自分が本当に気に入った物を買うことが、後悔しない選択に繋がりますよ。

『シュラフを検討しようかな?』

と思う人は「【失敗しないシュラフ特集】冬キャンプおすすめの冬用シュラフ/寝袋10選」をご確認ください。

選び方とおすすめのシュラフを紹介しています。

④湯たんぽ

湯たんぽ

私の場合は、この暖房器具だけは持っていきました。

これが、最低限ですね。

テントの中が本当に寒かったので、この湯たんぽを足元に置いてました。

また、シュラフの中が寒かったら中に入れることも出来ます。

『湯たんぽ』は、直火で使える物が便利です。

少しかさばりますが、そこは仕方ないかと・・・。

私が使用しているのはコチラ。レトロな見た目がいい感じです。

湯たんぽの効果的な使い方はコチラを参考にして下さい。

スポンサーリンク

冬キャンプ経験者の本音(安全マージン)

実際に、ストーブ無しの冬キャンプを経験して感じることは、

ストーブはあったほうがいい。

ということです。

ストーブが無くても、冬キャンプはできます。

たしかにできるのです。

ですが、

さすがに、0℃以下だとちょっときつい。

これが本音です。

正直、「ヌクヌクの快適さ」をとるか「荷物が少ない手軽さ」をとるかは本当に難しい問題です。

ですが、個人的には「安全マージン」が大切だと考えています。

そのため、第一段階として「ストーブはもっていき、必要無ければつかわない」

まずはこの経験をはさむことがベターだと感じます。

その後に、状況に合わせて荷物を減らしていけば自分好みの冬キャンプができます。

ちなみに、手軽さを優先するならば『ガスストーブ』という選択肢がベストですよ。

スポンサーリンク

ストーブ無しの服装対策

服装に関しては触れていませんでしたが、『ストーブ無し』には必要です。

ただし、服装も『ただ着ればいい』という訳ではありません。

大切なポイントがあります。

それは、

レイヤリング』です。

レイヤリングとは、重ね着のことで、上手に重ね着をすると、より暖かく過ごせます。

レイヤリングのイメージはコチラ。

  1. ベースレイヤー(吸水速乾性)
  2. ミドルレイヤー(保温性)
  3. アウトレイヤー(防水性、防風性、透湿性)

実際の私の服装はコチラです。

  • 超極暖(UNIQLO)⇒ベースレイヤー
  • 裏起毛パーカー(UNIQLO)⇒ミドルレイヤー
  • インナーダウン(UNIQLO)⇒どうしても寒いとき
  • 綿アノラックパーカー(ワークマン)⇒アウトレイヤー
  • 焚き火パンツ(ワークマン)
  • 冬用サンダル(スブ)
  • 裏起毛靴下(しまむら)
  • 裏起毛ネックウォーマー(しまむら)

・・・『UNIQLO』と『ワークマン』と『しまむら』だけですね。

気兼ねなくガシガシ使えるので、気に入ってます。

服装対策の詳細はコチラ。おすすめのアイテムも説明してます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は、『冬キャンプをストーブ無しで過ごせるの?』という疑問に対して説明しました。

結論としては、

冬キャンプは『ストーブ無し』でも大丈夫です。

ただし、最低限の冬用装備は必要。

それはコチラです。

  1. コット
  2. マット
  3. シュラフ
  4. 湯たんぽ

こちらの装備は、高額でも品質が良いものを購入しましょう。

・・・でも正直なところ、『ストーブ無し』はちょっと寒いです。

出来なくはないですよ。・・・出来なくはないです。

ただ、ストーブはあった方がいいです。(安全マージン)

もちろん、石油ストーブがかさばるなら、手軽なガスストーブを持っていくと良いかと。

それでは、楽しい冬キャンプを!!

今回紹介した商品はコチラ

P.S. ソロで必要な暖房器具をコチラにまとめています。

【冬キャンプ】ソロで必要な暖房器具は?”手軽さ”と”暖かさ重視”

コメント