【結論:安全第一】冬キャンプにおすすめの電気ストーブ6選+注意点

冬キャンプ 電気

電気ストーブを探している人
「電源サイトで使える電気ストーブを探しています。子供たちもいるので、安心して使える暖房がベストです。あと、できればおしゃれなものがいいな。古臭いのはちょっと…」

こういった疑問にお答えします。

✔この記事でわかること

  • 電気トーブの安全性が理屈でわかる
  • おしゃれな電気ストーブがわかる
  • 電気ストーブの注意点がわかる

最近は冬キャンプに「電気暖房」を持っていく人も増えています。

なぜなら、

テント内で石油ストーブを使うと一酸化炭素中毒の危険があるからです。

とくに、家族と冬キャンプに行くなら安全を優先させたいところ。

ですが、正直

電気暖房でも一酸化炭素中毒の危険があるんじゃないの?

と不安に思われている方も多いはず。

まずは、誤解が無いように回答すると

「電気暖房」では、一酸化炭素中毒の危険はありません。

なぜなら、「燃料」を燃やして発熱しているわけではないからです。

燃料とは、石油やガス、薪などですね。

一酸化炭素は、こういった燃料を燃やしたときに発生します。(なので、厳密には焚き火やタバコの火にも一酸化炭素は発生しています)

そこで今回は、

一酸化炭素中毒を気にしなくていい「安全な電気ストーブ」をご紹介。

また、そのなかでも「おしゃれ重視」な提案をさせてもらいます。

さらには、電気ストーブならではの「注意点」も解説しますね。

この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶ブログ歴1年半で90,000PV達成
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

スポンサーリンク

【結論:安全第一】冬キャンプにおすすめの電気ストーブ6選+注意点

その①:HERMOSA/ハモサ HK RETRO HEATER レトロヒーター


HERMOSA/ハモサ HK RETRO HEATER レトロヒーター RH-003(GY:サックスグレー)

こちらはハモサのレトロヒーターです。

昔懐かしいレトロな雰囲気がテントの中を一変させます。

消費電力は400W~800Wなので、電源サイトでも十分に使えます。

『レトロな雰囲気が大好き!』

という人にはおすすめです。

その②:スリーアップ レトロストーブ ノスタルジック


スリーアップ レトロストーブ ノスタルジック ホワイト DST-1730WH

こちらはスリーアップのレトロストーブ ノスタルジックです。

先程のハモサのストーブと同じレトロ調で、消費電力も400W~800Wと同様です。

しかし、このストーブにはオフタイマーセットが付いています、

なので、

『就寝時に自動で消えるようにしたいな・・・』

という方にピッタリかと。

その③:スリーアップ スマートストーブ モカブラウン


スリーアップ スマートストーブ モカブラウン DST-1631MB

こちらもスリーアップ のスマートストーブ モカブラウンです。

シンプルな丸みを帯びたデザインで、よりモダンテイストに仕上がっています。

消費電力も400W~800Wなので電源サイトでも十分に使えます。

『シンプルなものが一番!』

という人におすすめです。

その④:±0 プラスマイナスゼロ プラマイゼロ 遠赤外線電気ストーブ


±0 プラスマイナスゼロ プラマイゼロ 遠赤外線電気ストーブ XHS-Y010

こちらは、±0 プラスマイナスゼロの遠赤外線電気ストーブです。

最大の特徴は、この豊富なカラーバリエーションでしょう。

ベージュやブラウンといった落ち着いたカラーだけでなく、レッドやイエローといったビビットカラーまで揃っています。

『テントの差し色として使いたい!』

という方におすすめです。

その⑤:BRUNO ブルーノ 人感センサーパーソナルヒーター


【公式】 BRUNO ブルーノ 人感センサーパーソナルヒーター

こちらは、ブルーノのパーソナルヒーターです。

なんとこちらには人感センサーが搭載されており、人が離れて2分後には電源がオフにされる使用になっています。

楽天オンラインでは、詳細な説明が書いていなかったので、こちらのサイトを参考にしてください。

その⑥:セラミックヒーター multifun 電気ファンヒーター


セラミックヒーター multifun 電気ファンヒーター ヒーター 1200W

こちらは、multifunのセラミックファンヒーターです。

最大の特徴はこの無骨なデザイン。

今までの電気ストーブでは無かったデザインですよね?

『やっぱり無骨な雰囲気に統一したい!』

という方にはこの商品が良いかと。

(あと別のメーカーで黄色もあるんですが、それもまたかっこいですよ。)


セラミックヒーター iSiLER 電気ファンヒーター 足元 ヒーター 1200W

心配なのが、消費電力が1200Wということ。

電源サイトによっては使えないかもしれません。予約の際に必ず確認をしましょう。

スポンサーリンク

電気ストーブの注意点

電源サイトで「電気ストーブ」を使用する際には注意点があります。

それは

『電源サイトには上限W数がある』

ということです。

なので、上限W数以内で使用しないとブレーカーが落ちてしまいます。

一般的な電源サイトは1000W~2000W以内に設定されています。

また、場所によっては、A(アンペア)表記になっていますので、下記の表を参考にしてください。

A(アンペア)W(ワット)
10A1000W
20A2000W
30A3000W

あとは、基本的に電化製品の裏に使用電力が書いてありますが、表記されていない商品もあるので、目安として紹介します。

暖房器具A(アンペア)W(ワット)
電気カーペット8A800W
電気毛布0.4A40W
電気ストーブ10A1000W
セラミックヒーター8A800W

こちらを参考に、上限W数以内で使用してください。

電源サイトに関しては、こちらで詳しく解説しています。↓

【電源サイトはコスパ最強】冬キャンプ初心者におすすめのサイト活用術

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は、冬キャンプで『安全に使える電気ストーブ』を紹介しました。

好みのストーブは見つかりましたか?

それでは、楽しい冬キャンプを!!

≪今回紹介した商品はコチラ≫


HERMOSA/ハモサ HK RETRO HEATER レトロヒーター RH-003(GY:サックスグレー)

スリーアップ レトロストーブ ノスタルジック ホワイト DST-1730WH

スリーアップ スマートストーブ モカブラウン DST-1631MB

±0 プラスマイナスゼロ プラマイゼロ 遠赤外線電気ストーブ XHS-Y010

【公式】 BRUNO ブルーノ 人感センサーパーソナルヒーター

セラミックヒーター multifun 電気ファンヒーター ヒーター 1200W

セラミックヒーター iSiLER 電気ファンヒーター 足元 ヒーター 1200W

コメント