【結論:コットだけでは不十分】冬キャンプにコットで暖かく寝る方法

冬キャンプにコットを持っていく人
「冬キャンプにコットを持って行く予定です。でも、夏みたいにそのまま使って大丈夫かな?何かポイントや注意点があるなら聞きたいな・・・。」

こういった疑問にお答えします。

こんにちは!tatsuです。

今回は、冬キャンプにコットで暖かく眠る方法をお話しします。

「冬キャンプにコットは必須」

それは皆さんも分かっていること。

でも、

「本当にそれだけで大丈夫?」

そう思う人も多いのでは。

なので、まずは結論から。

結論:コットだけでは不十分です。

なぜなら、コットを使うことで地面からの『直接的な冷気』は防げても、コットの下の空間に溜まる『間接的な冷気』は防げないからです。

なので、別の対策が必要です。

それをこれからお話しします。

スポンサーリンク

【結論:コットだけでは不十分】冬キャンプにコットで暖かく寝る方法

暖かく眠る子犬

こちらが対策のポイントです。

  1. コットの上にマットを敷く
  2. マットの上にブランケット、またはラグを敷く
  3. コットの下の空間を埋める

その①:コットの上にマットを敷く

コットの上にそのまま寝ると、コットの下にある空間の冷気を遮断できません。

結局、コットの生地一枚しかないからです。

なので、コットの上にマットを敷く必要があります。

これが、最初の対策です。

マットは、この2つが人気のアイテムです。

コスパ重視の人はコチラ

Amazonベストセラー1位

性能重視の人はコチラ

その②:マットの上にブランケット、ラグを敷く

コットの上にマットを敷いたら、最後にブランケット、またはラグを敷きましょう。

例)コット⇒マット⇒ブランケット、ラグ⇒シュラフ

このように重ねることで空気のミルフィーユ(層)を作ります。

空気のミルフィーユを作ることで、保温効果と断熱効果がさらに増します。

ブランケットとラグのおすすめは2種類。

さらに、ブランケットとラグには差し色として、サイトをおしゃれに見せる効果もあります。

民族柄が好きな人にはコチラ

ブランケットとラグは、ここで紹介した以外にもたくさんあります。

特に、キャンプの差し色として、自分の個性を出せるアイテムです。

こちらにまとめた記事があります。自分好みのアイテムが見つかりますよ。

その③:コットの下の空間を埋める

コット下の空間

最後の対策は、コット下の空間を埋めることです。

つまり、

『空間があるから寒い空気が入り込むので、最初からその空間をつぶしてしまえ』

という強引ではありますが、ナルホド納得の対策です。

空間を塞ぐものは何でもいいです。

私は自分の着替えや、バックなどを使って空間を埋めています。

ーーー以上の3つがコットで暖かく寝るポイントになります。

スポンサーリンク

暖かく眠るならコレも便利

台車で寝るおじさん

コットを持っていく方は、基本的に電源サイトを利用しない人が多いと思います。

また、色々なキャンプ場に行けるように荷物も少なめを好む人が多いかと。

そんな方におすすめな『暖房器具』がコチラ。

①マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524


マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

昔ながらの湯たんぽですが、やっぱり便利です。

特に

『寝るときにシュラフの中が寒いな・・・』

と感じる人におすすめです。

直火もOKなので、焚き火でもストーブの上に置いても使えます。

湯たんぽの効果的な使い方など、詳しく知りたい方はコチラ

②屋外キャンプミニポータブルヒーター遠赤ヒーター


屋外キャンプミニポータブルヒーター遠赤ヒーター遠赤外線ヒーター 電子点火 (手動点火)

こちらはOD缶で使えるガスストーブです。

OD缶とはoutdoor缶(アウトドア缶)の略で、野外で使用する用に作られたガス缶です。

正直、ガスストーブは一つ持っていると大変便利です。

特に、

『手や足が少し寒いな・・・』

という時におすすめ。

テント全体を暖めることは出来ませんが、手や足などを暖めることに向いています。

ガスストーブも種類はたくさんあります。もっと手軽なアイテムを探すならコチラ。

スポンサーリンク

まとめ

ハンモックで寝る人達

いかがでしたでしょうか?

今回は、冬キャンプにコットで暖かく眠る方法を説明しました。

まとめると、

コットだけでは寒いです。

なぜなら、

コットの下の空間に『冷気』が溜まるからです。

それを、防ぐための対策がコチラ。

  1. コットの上にマットを敷く
  2. マットの上にブランケット、またはラグを敷く
  3. コットの下の空間を埋める

それでは、暖かくて楽しい冬キャンプを!!

今回紹介したアイテムはコチラ。

寒さ対策ってこれだけで十分なの?

ちょっと心配だな・・・。

そう感じる人にはコチラ。冬キャンプで必要な『寒さ対策』をまとめています。

コメント