【結論:コットだけでは寒い】冬キャンプにコットで暖かく寝る方法

コット

冬キャンプにコットを考えている人
「冬キャンプにコットを持って行こうと思っています。でも、コットだけで大丈夫かな?マットも使った方がいいの?経験者の対策をくわしく教えてほしいな…」

こういった疑問にお答えします。

✔この記事でわかること

  • コットで大切な3つの対策がわかる
  • コットに適した暖房器具がわかる
  • 冬キャンプ経験者の装備がわかる

冬キャンプにコットは大切です。

特に、冬キャンプでフリーサイトを使う際には、コットがあることで「冬の底冷え」を軽減できます。

そのため、

「コットがあれば冬キャンプでも大丈夫!」

そう思われる方も多いと思います。

ですが実際は、

コットだけでは寒いです。

なぜなら、コットを使うことで地面からの『直接的な冷気』は防げても、コットの下の空間に溜まる『間接的な冷気』は防げないからです。

じゃあ、どうしたらいいの?

今回はこういった不安を解消する方法を解説しますね。

この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶ブログ歴1年半で90,000PV達成
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

※最低気温は-2℃を想定。雪中キャンプではありません。

スポンサーリンク

【結論:コットだけでは寒い】冬キャンプにコットで暖かく寝る方法

冬キャンプ

基本的な対策は3つあります。

  1. コットの上にマットを敷く
  2. マットの上にブランケット(ラグ)を敷く
  3. コットの下の空間を埋める

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

寒さ対策①:コットの上にマットを敷く

じつは、コットの上にそのまま寝ると、コットの下にある「空間の冷気」を遮断できず、寒くて眠れない場合があります。

「空間の冷気」とは下の画像でいうコットの脚の部分ですね。

シュラフ

この足の部分に冷気がたまります。

そして、基本的にコットは「布一枚」ですから、この空間の冷気を軽減することができません。

そのため、

コットの上にマットを敷く必要があります。

これが、ひとつめの対策ですね。

また、個人差がありますが「寝心地」という意味でもマットを敷いた方が体が沈み込まないので、普段かためのマットで寝ている方は眠りやすくなります。

ちなみに、私は腰痛持ちなのでマットを2重にして使っています。

寒さ対策ではなく、腰痛対策ですね(笑)

もしマットをお持ちでないなら、こちらの2つがおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,845 (2022/01/14 21:10時点 | Amazon調べ)

ちなみに、冬キャンプでマットを買う際に大切なことは「厚さ8mm以上のマット」を選ぶことです。

そのため、

マットは持っているけど薄いかも…

と心配な人は、買い直す必要があるかもしれないので、こちらの記事も参考にして下さい↓

【結論:厚さ8mm以上】冬キャンプでおすすめの銀マット6選

寒さ対策 ②:マットの上にブランケット(ラグ)を敷く

コットの上にマットを敷いたら、次にブランケット(ラグ)を敷きましょう。

なぜなら、最低気温によっては「コット+マット」だけでは寒く感じてしまうからです。

そのため、安全策として必ずブランケット(ラグ)も持っていきましょう。

具体的には、こういった順番で敷いていきます。↓

例)コット⇒マット⇒ブランケット(ラグ)⇒シュラフ

このように重ねることで、各装備のすきまに意図的に「空気のミルフィーユ」を作ります。

空気のミルフィーユとは「空気の層」のことです。

じつは、

空気の層の「断熱効果」はガラスやコンクリートよりも高いとされています。

そのため、ハウスメーカの断熱素材も「空気の層」を生み出すように作られているのです。(参照:空気がトップレベルの断熱材!?

話はそれましたが、この「空気のミルフィーユ」を作るために、マットだけでなく「ブランケット(ラグ)」を重ねることが2つ目の対策になります。

ちなみに、ブランケット(ラグ)のおすすめはこちらです。

EL PASO エルパソブランケット
¥7,880 (2022/01/15 04:56時点 | Amazon調べ)

その他にもこちらで紹介しています。↓

寒さ対策 ③:コットの下の空間を埋める

コット

最後の対策は、コット下の空間を埋めることです。

いままでは、コットの下の冷気を防ぐために、コットの上の断熱効果を高める対策でした。

一方で、今回はコットの下にある冷気そのものを「軽減する方法」になります。

つまり、

『空間があるから寒い空気が入り込むので、最初からその空間をつぶしてしまえ』

という強引ではありますが、かんたんな対策になります。

ちなみに、空間を塞ぐものは何でもいいです。

私の場合は自分の着替えや、バックなどを使って空間を埋めていますね。

でも、ローコットなら必要なし

ヨカティピ

ローコットとは上の画像の様に、コットの脚が短いタイプですね。(逆にハイコットは足が長いタイプです)

ローコットの場合はそもそもコットと地面との間の空間がせまいので、冷気がたまりません。

そのため、

ローコットの場合は隙間を埋める必要がないのです。

ただし、コットの上にマットやラグなどは必要なので、そこはお間違えなく。

ーーー以上の「3つの対策」がコットで暖かく寝るポイントになります。

スポンサーリンク

コットに適した「暖房器具」2選

コット

コットを持っていく方は、基本的に電源サイトを利用しない人が多いと思います。

また、色々なキャンプ場に行けるように荷物も少なめを好む人が多いかと。

そんな方におすすめな『暖房器具』がこちらの2つです。

①マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

湯たんぽ

「湯たんぽ」は昔ながらの暖房器具ですが、やっぱり暖かいです。

私も当初は使っていませんでしたが、一度、暖房器具を忘れた際に使ってビックリ!

寒い日に自販機で買った「熱々のホットコーヒー」の感覚ですね。

しかも、燃料は「水」ですし、最低でも4時間はあたたかいのでとても経済的なのです。

そのため、

ホッカイロだと少し寒いな…。

と感じる人にはピッタリの暖房器具ですね。

私のおすすめはマルカの湯たんぽです。

多くのキャンパーが愛用しているアイテム。

直火もOKなので、焚き火でもストーブの上に置いても使えます。

そのため、私もこんな感じで使っていますよ。

湯たんぽ

湯たんぽの効果的な使い方はこちらで解説しています。↓

②屋外キャンプミニポータブルヒーター遠赤ヒーター

ガスストーブ

こちらはOD缶で使えるガスストーブです。

ガスストーブは、もっとも手軽な暖房器具です。

コンパクトで軽量なので、持ち運びが本当に楽なのです。

ですが、デメリットは火力が弱いこと。

そのため、基本的には大きなテントには向きません。

しかし、ソロテントなら話は別です。

ソロテントのような小さなテントでは、ガスストーブでも十分に暖まります。

そのため、

暖房器具は持っていきたいけど、荷物は増やしたくないな…。

と悩んでいる人におすすめです。

私が使っているのはこちらのタイプ。

これ以外にも、ガスストーブの種類はたくさんありますよ。↓

スポンサーリンク

冬キャンプ経験者の装備

ちなみに、私が冬キャンプでコットを使う際に持っていく装備がこちら。

  • コット(ヘリノックス)
  • マット(サーマレスト)
  • マット(キャプテンスタッグ)
  • ラグ(エルパソ)
  • 冬用シュラフ(ナンガ600STD)
  • シュラフカバー(もしくは、3シーズンシュラフ)
  • 湯たんぽ
  • 石油ストーブ(もしくは、ガスストーブ)

基本的には、今回紹介した装備を持っていきます。

ですが、

冬キャンプで暖かく眠るためには3つの寒さ対策が大切です。

  1. 地面からの「①底冷え対策」(コットなど)
  2. 暖かく眠る「②寝床対策」(冬用シュラフなど)
  3. テント内を暖める「③幕内温度対策」(ストーブなど)

この中でコットの役割は、①「底冷え対策」となります。

ただし、それ以外にも②寝床対策(冬用シュラフなど)、③幕内温度対策(ストーブなど)といった対策も必要になります。

そのため、

冬用シュラフも必要なのかな?

石油ストーブはどうなの?

と冬キャンプの寒さ対策で「少しでも不安なことがある」なら以下の記事がおすすめです。

冬キャンプにおけるすべての「寒さ対策」をまとめているので、これを読めば安心して冬キャンプに行けますよ↓

【冬キャンプ入門】寒さ対策のまとめページ【結論:初心者必須です】

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、冬キャンプにコットで暖かく眠る方法を説明しました。

まとめると、

冬キャンプは、コットだけでは寒いです。

なぜなら、

コットの下の空間に『冷気』が溜まるからです。

そのため、この冷気を防ぐために3つの対策が必要です。

  1. コットの上にマットを敷く
  2. マットの上にブランケット(ラグ)を敷く
  3. コットの下の空間を埋める

さらには、コットに便利な暖房器具がこちらでしたね。

  • 湯たんぽ
  • ガスストーブ

コット対策だけでなく、上記の暖房器具もあるとさらに暖かくすごせますよ。

それでは暖かくて楽しい冬キャンプを!!

P.S 冬キャンプの服装はどうしたらいいの?

それならこちらを参考にしてください。↓

【結論:冬は着る順番が大切】冬キャンプにおすすめの服装【初心者向け】

コメント