【最安値3,000円】冬のソロキャンプの総額は?【初心者のお金事情】

ソロで冬キャンプを始めたい人

「冬キャンプの総額っていくらするの?今度、ソロで行こうと思ってます。ある程度、道具は揃ってるけど、買い足すとしたら何が必要かな?また、お金をかけずに冬キャンプに行ける方法があるなら教えて欲しい!」

こういった疑問にお答えいします。

✔この記事でわかること

  • 冬のソロキャンプの総額
  • ソロで最低限必要な装備
  • 暖かく過ごすテクニック

✔この記事の信頼性

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

こんにちは。tatsuです。

今回は冬のソロキャンプの総額と必要な装備を解説します。

まずは、一番気になる冬キャンプの総額から。

冬キャンプの総額は、

安くて3,000円

高くて19,000円

となっております。

え?差がありすぎでしょ?この差はいったい何なの?

そうですよね。正直、差が開き過ぎです。

その理由は、持っている装備の種類によって、買う必要がある装備が違うからです。

そのため、今から冬キャンプで最低限必要な装備を紹介。

その後に、総額の金額をまとめて説明しますね。

ちなみに、こういった前提でお話しします。

①他の季節のキャンプは経験済み

②ソロで使う装備は一通り揃っている(テント、3シーズンシュラフ、マットなど)

※最低気温は-2℃を想定。雪中キャンプではありません。

スポンサーリンク

冬キャンプのソロで最低限必要なアイテム

コットは絶対に『必要』です。

コット

ソロの冬キャンプで最低限必要なアイテム。

それは『コット』です。

コットとは、簡易ベッドのこと。

これがあると、地面に直接触れずに眠ることができるため、冬の大敵である『地面からの底冷え』を軽減してくれます。

実は、この『底冷え』は本当に厄介なんです。

私が始めて冬キャンプに行った際に、この対策を怠ったせいで、寒くて眠れない夜を過ごしました。

寒くて眠れないだけならいいですが、最悪『命の危険』まであるのが冬キャンプ。

そのため、ソロキャンプなら絶対に必要な装備です。

でも、コットは高いでしょう?

出典:Amazon

でも、コットは値段が高いんじゃないの?

そうですね。

確かに、コットは高くて40,000円はします。

一方で、安いものでは5,000円前後で買うことができます。

しかし、私の友人が5,000円のコットを購入しましたが、その日のうちに壊れてしまいました。

やはり、自分の体を支える物なので、堅牢なものがいいです。

そのため、5,000円の安すぎるコットは候補から外しましょう。

一方で、高額なコットで有名なのは『ヘリノックス』のコットです。

寝心地はバツグンですが、値段もバツグンです。(30,000円~40,000円)

しかし、さすがにここまでの金額のコットを買うのは、勇気がいります。

そこで、

おすすめは「1万円前後のコット」です。

1万円前後のコットは『値段』と『耐久性』のバランスが取れています。

そして、特におすすめなのがこちらのコット↓

DOD(ディーオーディー) バッグインベッド

出典:Amazon

私も購入したコットです。

このコットは寝心地もさることながら、ツーリングやバックパックに入れられる『軽量&コンパクト』なスペックが特徴です。

収納サイズは51 x 21 x 13 cm、重さ:2.7 Kgとソロキャンプにもってこい。

もちろん、耐久性も抜群ですよ。

Amazonレビューも1,000件以上ありながら、星4.5の高評価

人気実力ともに兼ね備えた、初めてのコットにふさわしいアイテムです。

う~ん。これもいいんだけど、他にもおすすめのコットはあるのかな?

そんな方にはこちらの記事を。↓

▶【高品質VSコスパ】冬キャンプおすすめコット5選【結論:リセール重視】

冬用シュラフは『不要』です。

冬用シュラフは『不要』です。

冬用シュラフとは、羽毛を素材としたシュラフで、冬でも暖かく眠れますが、その分お値段はとてもお高い。

平均で30,000円前後かかります。

この値段が高い冬用シュラフを購入することが、冬キャンプのハードルを上げている要因のひとつです。

でも、冬用シュラフじゃないと眠れないでしょ?

そんなことはありません。

皆さんがすでにお持ちの『3シーズンシュラフ』でも、工夫ノウハウで暖かく眠ることができます。

ポイントは『空気のミルフィーユ』です。

結局、暖かく過ごすためには、断熱性保温性を両立させなければなりません。

断熱性とは、いかに地面からの底冷えを防ぐかということ。

一方で、

保温性とは、いかにシュラフ内の温度を暖かく保つかということ。

そのためには、シュラフやマットを重ねて、その間に『空気の層』を作りだすことが、一番効果的です。

これを空気のミルフィーユと言います。

おすすめはシュラフを2重に使い、その中に毛布などのインナーシュラフを使うこと

私は、こんなイメージで使っていました。(この写真の内側のシュラフは冬用ですが、実際は3シーズンシュラフを2重にして使います。)

さらに詳しい方法はこちらの記事で解説しています。↓

▶【組合せの科学】冬キャンプを3シーズンシュラフで過ごす方法

また、3シーズンシュラフをひとつしか持っていなくて、新しく買う必要があるならこちらを。↓

▶【羽毛に異議あり!】冬キャンプ用の化繊シュラフ5選【コスパ重視】

暖房器具は『必要』です。

暖房器具は『必要』です。

もちろん「無くても大丈夫です!」

…と言いたいのですが、私の経験上あった方が良いかと。

でも、焚き火があるので大丈夫でしょ?

と考える人もいると思いますが、それは間違いです。

実は、焚き火は思っているよりも寒いのです。

なぜなら、焚き火は結局、かざしている部分が暖かいだけで、その他の部分は寒いままです。(((寒゚Д゚寒)))カタカタ

そういった環境なので

せっかくの冬キャンプなのでもっと楽しみたいけど寒すぎてムリ

といったことに…。

そんな時に暖房器具があると、テントの中で暖かく過ごすことができます。

例えば、家のお風呂みたいなものです。寒い外から帰ったあとに、家の中も寒かったら休まる場所がないですよね。そんな時に、暖かいお風呂に入れたら幸せな気持ちになりませんか?

それと同じです。

そのため、暖房器具は『必要』なのです。

そして、ソロキャンプの暖房器具は

  • 『石油ストーブ』
  • 『ガスストーブ』

この2つのどちらかが必要です。

■石油ストーブを選ぶならこれ

『アルパカストーブ』がおすすめです。

以前から大人気の韓国製品ですが、今年からは日本の安全基準(JHIA)をクリア

またメーカー保証も1年付いていますし、取扱業者がメンテナンスも請け負ってくれます。

従来の武器である、見た目とコンパクトさに加えて『安全性』がプラスされた、NEWアルパカストーブには死角無しです。

ちなみに、私が使っているのはトヨトミのギアミッションです。

ストーブ

こちらもアルパカと同様にソロキャンプにピッタリのストーブ。

灯油分離型なので、敬遠する人も多いですが、その分メリットもたくさんあるのです。

興味がある人はこちらの記事で詳細を解説しています。

▶【ギアミッションを1年間使ってみた】トヨトミ石油ストーブRS-GE23(G)冬キャンプレビュー

■ガスストーブを選ぶならこれ

こちらの商品がおすすめ。

軽量でコンパクトなので、持ち運びがとても楽です。

そのため、

バックパックひとつでキャンプに行く!

というスタイルにマッチします。

実は、

ガスストーブは、最も手軽な暖房器具です。

ガス缶が一つあれば事足りるので、その手軽さはソロキャンプにピッタリです。

特に、ソロ用の小さなテントであれば、テント全体を暖めることもできます。(普通のファミリーテントでは火力が足りず、テント全体は暖まりません)

ガスストーブに関しては、こちらの記事でいろいろな種類を紹介しています。

▶【高評価ガスストーブ】冬キャンプおすすめのガス暖房7選【ソロ必須】

これ以外にソロで使える暖房器具は無いのかな?

もちろん、ありますよ。

こちらは『手軽さ』『暖かさ』を重視した選択です。

【ベスト4発表】ソロの冬キャンプで必要な暖房器具4選【バランス重視】

もしくは、

俺は絶対に暖房器具を使わない!!

という強者には、以下の記事を。

私の経験上、おすすめはしませんが、

実際に「ストーブ無しのキャンプをして感じたこと」をまとめています。

▶【ストーブ反対】冬キャンプはストーブ無しで大丈夫?【経験者の意見】

暖房の使用時の注意点

一酸化炭素チェッカー

それは『一酸化炭素中毒』の危険性があるということ。

一酸化炭素とは、燃料を燃やした際に生じる物質で、特に酸素不足での不完全燃焼時に発生し、最悪の場合は死の危険性があります。

また、無味無臭なので、人間には感知することができません。

したがって、この2つの対策が必要です。

①適度な換気を行う。(1時間に1回。1~2分程度)

一酸化炭素チェッカーを使う。

特に、一酸化炭素チェッカーは値段もそこまでしないので、持っておいた方がいいかと。

やはり、命の危険には代えられません。

■一酸化炭素チェッカーのおすすめはこちら

私も2年以上使用していますが、現在も問題なく使えています。

Amazonベストセラー1位の商品です。

ちなみに、

私は『一酸化炭素中毒』になりました。

どういった状況で起こったのか?

私の失敗を反面教師にして下さい。↓

▶【こうして私は一酸化炭素中毒になりました…】冬キャンプでの大失敗

スポンサーリンク

結局、総額はいくらだっけ?

初めて冬キャンプに行くなら

総額は19,000円程度です。(すべて買った場合)

内訳は、

  • コットの購入(10,000円前後)
  • 2枚目のシュラフの購入(3,000円前後)
  • ガスストーブの購入(3,000円前後)
  • 一酸化炭素チェッカーの購入(3,000円前後)

もちろん、すでにお持ちの装備があれば、さらに安くなります。

例えば、家族のシュラフがあるなら、それを持っていけばいいですし、そもそもコットがあるなら総額は1万円もしません。

また、暖房器具も家で使っている石油ストーブがあるなら、ガスストーブを買う必要がありません。

なので、安ければ一酸化炭素チェッカーの『3,000円』で済みます。

あとは、キャンプ場のサイト代と交通費と食費がかかりますね。

まあ、この辺は無料のキャンプ場や近場のキャンプ場などもありますので、いくらでも安くできるかと。

なので、最初の冬キャンプでは、

  • 安くて3,000円(一酸化炭素チェッカー)
  • 高くて19,000千円(上記4点すべて購入)

これぐらいの費用がかかります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は、初めて冬キャンプをする際にかかる総額と極力お金をかけずに過ごす方法を解説しました。

初めての冬キャンプの総額は、3,000円~19,000円前後です。

必要な装備はこちら。

  • コット
  • 2枚目のシュラフ
  • ガスストーブ
  • 一酸化炭素チェッカー

すでにお持ちの装備が多いなら、3,000円(一酸化炭素チェッカーのみ)で冬キャンプに行けます。

全て購入する必要があるなら、19,000円かかります(上記4点購入)

全部購入するなら、やっぱり結構かかるね…。

そうですね。

ですが、やはり冬キャンプは他の季節のキャンプとは別物です。

なぜなら、命の危険があるからです。

そのため、冬キャンプを始めるならきちんと道具を揃えましょう。

でも、どうせ買うなら、高性能で長く使えるものがいい!

そんな人には以下の記事を。

冬用シュラフ冬用装備でさらに暖かく過ごす方法を紹介しています。

▶【一匹狼に贈る】冬キャンプでソロ必須のアイテム7選【手軽さ重視】

それでは、楽しい冬キャンプを。

P.S.冬のテントはどうしたらいいの?

それなら、このサイトで人気NO.1のこちらの記事をご覧ください。↓

▶【結論:このソロテントが最強です】冬キャンプのおすすめテント6選

今回紹介した商品はコチラ👇

コメント