【焚き火を2倍楽しむ】冬キャンプの焚き火装備6選【初心者向け】

冬キャンプに行く予定の人
「冬キャンプに行こうと思っています。寒い中でする焚き火が、今から楽しみです!でも、いつもと同じ装備で大丈夫かな?冬の焚き火だからこそ、必要な装備やグッズはあるの?色々知りたいな・・・」

こういった疑問にお答えします。

こんにちは!tatsuです。

本日は、冬キャンプの焚き火をより快適にする装備&グッズを紹介します。

皆さんも想像している通り、冬キャンプの焚き火は本当に楽しいです。

凍てつく寒さだからこそ、火のありがたみが分かりますし、ただ火を眺めているだけで、自然と癒されます。

皆さんもそういった体験をしてみたいと思いませんか?

でも、普通に焚き火をするだけでは、ダメなんです。

それでは、快適に過ごせません。

なので、これから冬キャンプで快適に過ごす装備とグッズを紹介していきます。

ですが、その前に知っておいてほしい『冬キャンプのリアル』があります。

それは、

焚き火だけでは寒い

ということです。

それでは説明していきます。

スポンサーリンク

【焚き火を2倍楽しむ】冬キャンプの焚き火装備6選【初心者向け】

冬キャンプの焚き火

先ほども説明した通り、冬キャンプは焚き火だけでは寒いです。

正確に言うと、焚き火は暖かいのですが、暖まる場所は火に近い部分だけです。

つまり、

体全体は暖まりません。

なので、焚き火があたらない部分を、暖かくする装備とグッズが必要なのです。

それを紹介していきます。

①オレゴニアンキャンパー Fire Proof マイクロフリース コンパトチェアカバー


【1,000円クーポン配信中】オレゴニアンキャンパー Fire Proof マイクロフリース コンパトチェアカバー

こちらは、オレゴニアンキャンパーのチェアカバーになります。

冬の焚き火で楽しむために必要なのは、快適なチェアです。

でも、そのまま使用するとお尻が冷えて、寒さで体が震えます。

そんな時に必要なのが、このチェアカバーです。

これがあると、

暖かく快適な焚き火を楽しめますよ。

燃えない素材を使っているので、焚き火の近くに置いても安心ですし、ヘリノックスタイプのコンパクトチェアなら、なんでもサイズが合いますよ。

②Mag Cruise ぬくぬくヒーターチェアカバー ヒーティング コンパクトチェア シートカバー ヘリノックス 対応


Mag Cruise ヒーティング コンパクトチェア シートカバー

こちらも、チェアカバーになります。

ですが、最大の特徴は、

ヒーターが付いているので、チェア自体が暖かい

ということです。

スマホ用のモバイルバッテリーに繋ぐだけでOK。

丸洗いも可能なので、汚れてもいつでも清潔に出来ますよ。

③BUNDOK(バンドック) 焚火 リフレクター 綿100% 軽量 コンパクト


BUNDOK(バンドック) 焚火 リフレクター綿100% 軽量 コンパクト

こちらは、バンドックの焚き火リフレクターです。

リフレクターとは、風防のことで、これがあると、強風から焚き火を守ります。

風を防ぐので、火の粉がテントやタープなどに飛びにくくなります。

ですが、一番の特徴は、焚き火の前方に配置することで、

熱が反射して焚き火周りがより暖かくなる

ということです。

今まで、全方向に飛散していた熱が、一方向になるというイメージです。

ただし、一方向になる分、リフレクターの後ろは暖かくないので、家族キャンプより

ソロキャンプやデュオキャンプに向いています。

④ロゴス(LOGOS) TAKIBI de JINMAKU


ロゴス(LOGOS) TAKIBI de JINMAKU 81064040

こちらも、ロゴスから出ている焚き火のリフレクターです。

最大の特徴は、シリコンコーティングされた耐熱素材を使っていることです。

より燃えにくく、丈夫な商品です。この辺りは、さすがロゴスですね。

ただし、その分重量が2kgあります。・・・個人的には許容範囲かと。

⑤ペンドルトン タオルブランケット


[ ペンドルトン ] PENDLETON タオルブランケット

こちらは、キャンパー御用達ペンドルトンのタオルブランケットです。

冬キャンプのリアルは、焚き火の周辺でも足元や肩回りなど、とても寒いです。

そんな時に、

ブランケットがあると暖かく過ごせます。

こちらはコットン素材なので、肌触りも良く、洗濯機で洗うことも可能です。

また、この『部族柄』が一気に、サイトをおしゃれにしてくれますよ。

もちろん、ブランケットはペンドルトンだけではありません。

その他にもおしゃれなものがたくさんあります。

気になる方はコチラ。魅せるポイントは『部族柄』と『差し色』です。

⑥マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付


マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

コチラはマルカの湯たんぽです。

焚き火や、ホッカイロだけでは、どうしても寒いのが冬キャンプのリアルです。

そんな時に、

この湯たんぽを抱えるだけでポッカポカ。

また寝る際にも、シュラフに入れるだけで、暖かく眠ることが出来ます。

マルカの湯たんぽの特徴は、直火がOKな事。これが一番便利です。

湯たんぽの効果的な使い方はコチラ。

スポンサーリンク

冬キャンプで焚き火をする際の注意点

冬キャンプの焚き火を快適に楽しむためには、注意点もあります。

それは、

燃えにくい服装を選ぶ

ということです。

冬のキャンプはとても寒いです。そのため、いつもより焚き火に近づいてしまいます。

そんな時に、『火の粉でお気に入りの服が燃えた』なんてことは、よく聞く話です。

なので、燃えにくい服をアウターに着ると良いかと。

おすすめは『ワークマンの綿アノラックパーカー』です。

価格も手ごろでガシガシ使えますよ。

冬キャンプの服装対策に関してはコチラにまとめています。

服装のポイントであったり、経験者の服装リストを紹介しています。

スポンサーリンク

まとめ

キャンプファイヤー

いかがでしたでしょうか?

本日は、冬キャンプの焚き火をより快適に過ごす装備&グッズを紹介しました。

まとめると、

冬キャンプの焚き火だけでは、全身を暖めることが出来ず、快適に過ごせません。

なので、

全身を暖める装備&グッズをきちんと揃えることが大切です。

そうすることで、快適に焚き火が楽しめます。

それでは、楽しい冬キャンプを。

寝るときにも使える暖房器具

P.S.暖房器具はこれが便利です。

【経験者が選ぶ】本当に必要な冬キャンプの暖房器具5選

コメント