【CB缶?OD缶?】冬キャンプにどっちのガス缶を持って行くか問題

OD缶

冬のガス缶で迷っている人
「冬キャンプにはCB缶とOD缶のどっちを持っていけばいいの?友人からCB缶だと火が点かないと聞いたけど本当にそうなのかな?OD缶との違いを含めて詳しく教えてほしい」

こういった疑問にお答えします。

この記事を読んでわかること
  • 冬キャンプで「確実」に火が点くガス缶がわかる
  • 火が点かない「理屈」がわかるので応用がきく
  • OD缶とCB缶で使い分ける具体的な「温度」がわかる

✔本記事の信頼性

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

今回は、冬キャンプで注意すべきガス缶に関して説明します。

私も実際に、冬キャンプでガスが使えなくなったので、その時の恐怖は身に染みてわかります。

その時学んだのは「やっぱり準備って大切だな」ということ。

私のように失敗しないために、まずはしっかりと知識武装しましょう。

まずは、結論から。

結論:冬キャンプには『OD缶』がおすすめです。

ただし、条件が合えば『CB缶』でも使えます。

では、どうして『OD缶』がおすすめなのか?

また、どういった条件であれば『CB缶』でも使えるのか?

それを詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

冬キャンプのガス缶に『OD缶』をおすすめする理由

OD缶とバーナー

冬キャンプにOD缶がおすすめな理由。

それは、

OD缶の方が頑丈な構造のため『寒さに強いガス』を充填できるからです。

実は、

寒さに強いガスには、蒸気圧という「ガス缶の中から外に出ようとする力」が強いという特徴があるので、OD缶のような頑丈な構造のガス缶でないと充填できないのです。

さらに、

『寒さに強いガス=気体になる沸点が低いガスとも言えます。

気体になる『沸点』ってどういうこと?

沸点とは、ガス缶の中で液状化しているガスが「気体になることができる温度」のことで、この温度より低い環境だと、火を使うことができません。

基本的に、ガス缶に充填されるガスには、ノマルブタン(ブタン)、イソブタン、プロパン3種類があります。

そして、沸点が低いガスほど冬でも安定して使えますが、蒸気圧も高くなります。

以下の表を参考にして下さい。↓

ノマルブタン
(ブタン)
イソブタンプロパン
沸点-0.5℃-11.7℃-42.1℃
値段安い高い
🔥火力低い高い
蒸気圧低い高い

一般的に、CB缶は家庭用で作られたガス缶であるため、ガス缶自体の構造も丈夫ではありません。

そのため、蒸気圧が低く、沸点が高い(寒さに弱い)『ノマルブタンガス(ブタン)を充填しているものが大半です。

したがって、

寒冷地では火が点けづらくなります。

補足説明:ノマルブタンガスの沸点は-0.5℃ですが、野外では10℃を下回ると、十分な火力が出せなくなります。

一方で、

OD缶は野外で使うことを前提に作られたガス缶であるため、非常に丈夫に作られています。

そのため、蒸気圧が高く、沸点が低い(寒さに強い)『イソブタン』『プロパン』といったガスを充填することができます。

だから、

寒冷地でも火が使えるのです。

これが、CB缶よりOD缶をおすすめする理由です。

ちなみに、

OD缶には2種類のガス缶があります。

冬でも使えるように「イソブタン」「プロパン」の割合が高いガス缶と、それ以外の季節に使えるようにノマルブタンガス(ブタン)の割合が高いガス缶ですね。

実は、寒冷地用のガス缶の方が値段が高いです。

だいたい、200円~300円くらい割高になります。

それでも、冬に使えなかったら意味が無いので、泣く泣く私もこちらの寒冷地用を購入しています。

CB缶のメリット、デメリット

もう少し、CB缶とOD缶の違いを見ていきましょう。

CB缶のメリット

  • 値段が安価な物が多い
  • スーパーなど、どこでも簡単に入手できる
  • 家庭用のガスコンロと併用できる
  • 廃棄処理は簡単

CB缶のデメリット

  • 缶自体が薄いので取り扱いは注意
  • 寒さに弱いノマルブタン(ブタン)ガスを充填するため、寒い場所では火が点かない可能性がある
  • CB缶に対応しているランタンが少なく、燃料を併用できない。

続いては、OD缶も見ていきましょう。

OD缶のメリット、デメリット

OD缶のメリット

  • 缶自体が厚いので丈夫
  • 内圧が安定するので、火力も安定
  • 燃料の種類が豊富なため用途によって選べる(110g、250g、500g)
  • 対応しているバーナーやランタンの種類が多く、燃料を併用しやすい

OD缶のデメリット

  • CB缶に比べて値段が高い
  • アウトドアショップなど、専門店でしか入手できない
  • 廃棄処理が大変

なんとなくイメージできたでしょうか?

CB缶は、値段は安いが、冬では火が点かない可能性がある。

一方で、

OD缶は、値段は高いが、冬でも安定して火が使える。

そのため、

冬キャンプには『OD缶』をおすすめするのです。

でも、値段が高いのは厳しいな……。

そうですね。

私もそこで悩みました。

結局、何回もキャンプに行くなら、費用は抑えたいですよね?

ですが、安心して下さい。

冒頭で説明した通り、

条件が合えば『CB缶』でも火が使えます!

では、その条件とは何なのか?

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

CB缶でも火が使える条件とは?

CB缶とポット

結論:『寒冷地用のCB缶』を使えば冬キャンプでも火が使えます。

そうなのです。

実は、寒冷地用のCB缶というものがあります。

寒冷地用のCB缶とは、一般的なCB缶では充填できなかった、蒸気圧が高く沸点が低いガス(イソブタン、プロパン)を配合したガス缶のことです。

え?でもCB缶では充填できないんじゃないの?

そうなんです(笑)

そのため、寒冷地用のCB缶は通常のCB缶よりも『丈夫』に作られています。

したがって、蒸気圧が高いガス(イソブタン、プロパン)でも充填できるのです。

しかし、

OD缶よりは丈夫ではないため、OD缶よりもイソブタン、プロパンの配合割合は低いです。

つまり、

通常のCB缶よりは、寒い環境でも使えるが、寒冷地用のOD缶よりは、寒い環境では使えないということですね。

ちなみに、こういった商品が寒冷地用のCB缶です。

他にも方法があります。

シングルバーナー

実は、下の2つの理由により、冬場では火が点きづらくなります。

①気温が下がりガス缶が冷たくなることで、液状ガスが気化しにくくなるので、火が点きづらい

②液状ガスが気化すると、気化熱により、ガス缶の熱が奪われるので、ガス缶が冷たくなり火が点きづらい

①に関しては、寒冷地用のCB缶を使えば大丈夫ですが、

②に関しては、『別の対策』が必要です。

それがこちら。

■ホッカイロをガス缶にあてる

簡単に言うと、

ガス缶が冷たいなら、『ガス缶』を暖めれば問題ないでしょ!?

ということです。

単純にガス缶を暖めることが、地味ですが効果的なんです。

あとは、こういったアイテムを使うことで、『CB缶』自体を暖めることもできます。

ただし、注意点があります。

人によっては、ガス缶に直接熱湯をかけますが、これは危ないので絶対に止めましょう。

ガス缶の内気圧が上がりすぎて、爆発する可能性があります。

(ガス缶を火にかけたら爆発しますよね?それです。)

なので、ホッカイロなどで、適度に温める方法を取りましょう。

スポンサーリンク

結局、CB缶OD缶どっちがいいの?

テントと男性

ここまでの話をまとめると。

冬キャンプはOD缶がおすすめです。ですが、CB缶も条件によっては使えます。

じゃあ、結局どっちを使えばいいの?

ということですよね。(笑)

私の経験では、

①気温がー2℃を下回るなら『OD缶』

②気温が-2℃を上回るなら『CB缶』

これで大丈夫です。

そのため『-2℃前後』がOD缶とCB缶の切り替え温度だと思ってください。

ちなみに、中に充填されているガスにもよりますが、

寒冷地用OD缶>寒冷地用CB缶>通常用OD缶>通常用CB缶

の順番で低い温度でも使えます。

スポンサーリンク

まとめ

ホットコーヒー

いかがでしたでしょうか?

本日は、【CB缶?OD缶?】冬キャンプにどっちのガス缶を持って行くか問題を解説しました。

結論としては、

①-2℃を下回るなら『寒冷地用のOD缶』

②-2℃を上回るなら『寒冷地用のCB缶』

これが一つの目安かと。

また、実は冬キャンプには、

ガスよりも寒い場所で火が使える『最強の燃料』があります。

それは、『ガソリン』です。

冬登山に行くなら、候補に入れて置くべき燃料です。

しかも、取り扱いは思ったよりも難しくありません。

詳しくはこちらで。

それでは、楽しい冬キャンプを。

紹介したアイテムはコチラ

コメント