【作ろう最高の思い出!】冬キャンプで子供が喜ぶ遊び13選【学びも重視】

子供の笑顔

せっかく冬キャンプに行くので、子供たちに最高の思い出を作ってあげたい。何をすれば子供たちは喜ぶのかな?学びも踏まえて、楽しいこと全部教えて!!

こういった疑問にお答えします。

✔この記事でわかること

  • 子供達が喜ぶポイントがわかる
  • 昼と夜の時間別での遊びがわかる
  • 遊びの中での「会話」も大切だとわかる

せっかく冬キャンプに行くのですから、

「子供たちに最高の思い出を作ってあげたい!」

本日はそんな両親に向けた内容になります。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク

【作ろう最高の思い出!】冬キャンプで子供が喜ぶ遊び13選【学びも重視】

子供が喜ぶ

■子供が喜ぶコツ

最高の思い出を作りたいなら、まずは子供の欲求を知ることが大切です。

以下にまとめています。

  • 子供は好奇心旺盛
  • 子供は親から褒められたい
  • 子供は両親と一緒にいたい(特に母親)

つまり、子供の特性である『好奇心』『承認欲求』『愛情欲求』を満たすことが大切なんです。

また、

「せっかくの自然体験。できるなら何かを学んでほしい」

親ならそう願いますよね?

そのため、学びのポイントもまとめました。

  • 不便さを感じることで、便利な生活の大切さを学ぶ。
  • 自然の楽しさを体感することで、ストレス発散の方法を学ぶ。
  • 衣食住の知恵を覚えることで、生きていく手段を学ぶ。

私の子供たちも、キャンプを通して、できることが増えました。

これらを踏まえた上で、おすすめの遊びはこちらです。

■お手伝いをかねた遊び

遊び

その①:荷物バケツリレー

「単純な荷物運びも、バケツリレーでやれば楽しい」

これはある動画を見たときに気づいたこと。

そして、我が家も実践しています。

子供たちは本当に大騒ぎ。

「つぎ、ちょうだい!!」

この動画(1:23~)を見てもらえれば、イメージできるかと。

秘境でファミキャン!【阿寺渓谷キャンプ場】 / スノーピーク / FJクルーザー / アメニティドーム / エルフィールドヘキサ / スキレット

その②:ドヤ顔のペグ打ち

ペグ打ち

これも子供は喜びます。

やっぱり、子供は両親のまねをしたいんですよね。

注意点としては、全てのペグ打ちを子供と一緒にやると時間がかかりすぎます。

なので、

「一番重要なところだけお願い」

と言うとドヤ顔でやってくれますよ。

その③:俺の寝床作り

寝床作り

テント設営を子供と一緒にすると時間がかかりすぎます。なので、寝床作りを手伝ってもらいます。

言い方は簡単。

「最高の布団基地を作って!」

喜んで手伝いつつ、自分のオリジナリティを出そうとしますよ。

その④:松ぼっくりコレクター

松ぼっくり

これは着火剤となる松ぼっくりを集めることです。

松ぼっくりは乾燥するほど笠が開くので、

「誰が一番開いた松ぼっくりを集められるかゲーム!!」

をやりましょう。

小枝も一緒に集めておくと焚き火の時に便利ですよ。

その⑤:子供シェフと夕食作り

子供シェフ

とはいっても、冬の寒い時期に夕食を一から作るのは大変です。

なので、食材は家で先に切っておくことをお勧めします。

キャンプ場では食材を煮込んだり、調味料を入れたりすることを、子供に手伝ってもらいましょう。

おすすめはご飯を一緒に炊くこと。

お米の洗い方を伝授しつつ、水を入れて炊いてみましょう。

「○○シェフのご飯はおいしいね!」

美味くできたら、しっかりと褒めてあげましょう。

焚き火のマシュマロは定番だけど・・・。

マシュマロ

やっぱり喜びます。(笑)

食後のデザートにマシュマロを炙りながら、ココアも作ってあげると体もポカポカ。

大人気のチョコレートクラッカーを挟むスモアも人気ですが、コーンフレークと一緒に食べるのも美味しいですよ♪

ーー続いては、昼に出来る遊びを紹介します

■昼に出来る遊び

その⑥:ハンモック

ハンモック

ハンモックは子供たちにとって遊具です。

正直、大人が考えている以上に夢中になりますよ。

父「もはやハンモックというより、ブランコだな・・・。」

子供達「キャッキャッキャ♪」

こんな光景が繰り広げれます。

木にくくりつけるタイプが一般的ですが、それだと場所を選びます。

ですので、自立しているタイプがおすすめです。

メーカー1年保証付き

その⑦:スラックラインで本気モード

スラックラインとは、細いベルト状のラインの上でバランスを楽しむ遊びです。

以外と難しいのですが、綱渡りのような感覚が面白いです。

子供だけでなく、大人も夢中になる遊びです。

「いやっ、まだパパの番だから!!」

・・・ちゃんと子供と遊びましょうね。

木にくくりつける必要がありますので、良い場所があったら早めに確保しましょう。

Amazon アメリカ、イギリス、日本ベストセラー1位獲得

その⑧:トイドローンに熱中

ドローン

今では、子供たちが遊べるトイドローンがたくさん出ています。

特に、200g以下のドローンは法律の対象外なので安心です。

価格も手ごろなタイプがたくさんあるので、一度検討してみては?

「もういい加減寝なさい!!」

ママの怒号も飛びます。

家の中でさえ、子供は大喜びしますよ。

Amazon ベストセラー1位

その⑨:知らない森をサイクリング(ウォーキング)

キャンプ場では自転車をレンタルできる場所もあります。

(もし、できないのであれば、ウォーキングでも大丈夫です)

家族で知らない場所を散策するのは楽しいですよ。

神社を見つけたり、キレイな川で魚を見つけたり。

知らないうちに、子供が自転車に乗れることにも驚きます。

「えっ!?いつのまに自転車に乗れるようになった?」

子供のニヤニヤが止まりません。

この驚きは、普段なかなか遊べないお父さん限定ですかね?

その⑩:湖でカヌー遊び

カヌー

これも場所を選びます。

キャンプ場でカヌーは難しいので、キャンプの前に遊ぶのが良いかと。

私の場合もキャンプ場に行く前に、インストラクターの方に教えてもらいました。

価格も子供と二人で5,000円程度でしたので、思ったより安いかと。(時間は3時間ぐらい)

カヌーに乗ると水面があまりに近いことに驚きます。

「うぁ~!今度はあの橋の下に行ってみたい!!」

子供も大喜び。

注意点として、服は濡れるので、着替えは必ず持参してください。

ちなみに、私はこのサイトで探しました。

ーー続いては、雨の日や夜などテントで出来る遊びを紹介します。

■夜に出来る遊び(雨天もOK)

その⑪:パズルゲームという名の知能バトル

これは、本当にハマりました。

パズルと陣取り合戦が合わさったようなゲームです。

一時期、毎日家族4人でやっていましたね。

小学生以上であれば、誰でもできますよ。

負けた子供が泣いてお願いしてきます。

「明日も絶対やろう!?」๐·°(৹˃ᗝ˂৹)°·๐

ある意味、中毒になるゲームです。

フランス生まれのテリトリー戦略ゲーム 
Amazonレビュー数、驚きの5000件超え

その⑫:トランプ(大富豪)で下剋上を学ぶ

トランプ

トランプは大富豪がおすすめです。(ルールを知らない人はコチラ

小学1年生であれば理解できます。

これも家族4人でハマりました。

ある時はデイキャンプに行って、ひたすら大富豪をやっていました(笑)

最終的に、私が『革命』を起こしたことで、妻がブチ切れて、大惨事。

二度と我が家では、『大富豪』が出来ませんでした。

その⑬:人生で一番の星空を見る

星空

知っていますか?

夏よりも冬の方が、キレイに星が見えます。

私が人生で最も綺麗な星を見た場所は、福岡のキャンプ場です。

ーー時間は午前2時。

真夜中にトイレで起きました。

テントから外に出て、トイレを目指します。

寒くて冷たい空気がいっそう体をこわばらせる。

その途中、ふと気になって空を見上げると。

そこには想像を絶する星空が・・・。

子供と一緒に最高の夜空を見たい方は、コチラをどうぞ。

スポンサーリンク

まとめ

子供たち

いかがでしたでしょうか?

今回は冬キャンプで子供が喜ぶ遊び方を紹介しました。

子供が喜ぶコツを再度まとめると、

  • 子供は好奇心旺盛
  • 子供は親から褒められたい
  • 子供は両親と一緒にいたい(特に母親)

つまり、

「何をするのか?」

よりも、

『誰とするのか?』

これが、とても大切だということです。

「子供に最高の思い出を作って上げたい!」

『両親』そう願って子供と一緒に全力で遊ぶことが、何よりも子供にとっての最高の思い出です。

なので、そう深く悩まずに、思いっきり子供と遊んであげましょう。

それでは楽しい冬キャンプを。

今回紹介した商品はこちら。

昼に出来る遊び
夜に出来る遊び

冬キャンプでの遊びはわかったけど、他に準備することは無いのかな?

そう思う方はこちらを。

経験者の『持ち物リスト』をまとめています。

コメント