【究極の機能美】UCO(ユーコ)焚き火台レビュー【冬キャンプで活躍】

UCOの焚き火台が知りたい人
「コンパクトで手軽な焚き火台を探しています。その中で、UCOの焚き火台が気になるんだけど、実際はどうなのかな?使っている人の感想が知りたいな…」

こんな疑問にお答えします。

✔この記事の信頼性

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

UCO(ユーコ)とはアメリカのワシントン州で生まれたメーカーで、「灯り」をテーマにしながら、シンプルで洗練されたデザインが特徴的です。

その中でも、おしゃれなキャンドルランタンが大人気♪

実は、そんなUCOには焚き火台もあります。

私も購入しましたが、オシャレな見た目だけでなく、メリットもたくさんありました。

そのため今回は、見た目だけでは分からない、

実際に使ったからこそ分かる、UCOの魅力を解説していきます。

私自身、焚き火台は3台目ですが、その中でもダントツで気に入っているのがこの焚き火台。

では、その「魅力」とは何なのか?

それを今から説明していきます。

スポンサーリンク

UCO焚き火台のスペック

  • サイズ:34×25.4×28.5cm(使用時)、37.5×27×3.5cm(収納時)
  • 重量 :1.75kg
  • 耐荷重: 9kg
  • 材質: ステンレス
  • 付属品: 網用ハンドル、収納ケース
  • 生産国:MADE IN CHINA

簡単にイメージできる動画がコチラです。(UCO公式)

スポンサーリンク

UCO焚き火台のメリット

見た目がオシャレなのはご承知の通りなので、それ以外で気づいたメリットを説明します。

  • 設営がかんたん
  • 大きな薪も入る
  • 収納がコンパクト

①設営がかんたん

設営時間はわずか10秒

付属の収納ケースから「サッ!」と出して、「パッ!」と開くだけ。

もはや「傘なのか?」と間違うほどの早さなのです。(笑)

ですが、本当のメリットは設営だけではありません。

実は、設営が簡単ということは、撤収も簡単だということです。

中の灰を「パッ!」とゴミ袋に捨てて、「パタン!」と畳み、「サッ!」と収納袋に入れるだけ。

30秒で終わります。(笑)

焚き火台を洗う時でも、重さが僅か1.75kgなので、片手で炊事場に直行。

設営の早さだけでなく、撤収時も早いことが大きなメリットなんです。

時間が短縮されると、その分ゆっくりできるので、よりキャンプを楽しめますよ♪

②大きな薪も入る

焚き火台を選ぶ際に、

大きな薪が入ること」

これは、とても大切なポイントです。

なぜなら、

大きな薪(40cm)が直接入らないと、わざわざ薪を小さく切る必要があるからです。

これは、本当にめんどくさい。

一度別の焚き火台の時に、ノコギリで切りましたが、1本切るだけでも本当に大変でした。

一方で、

この焚き火台は横の長さが34cmあるので、40cmの薪も斜めにすることで、切らずに使うことができます。

さらには、

耐荷重が9kgあるので、たくさんの薪を載せても大丈夫です。

また、この写真の薪の下にロストルを敷いているのがお分かりでしょうか?(銀色の格子の事です)

このロストルを敷くことによって、空気が入りこむことが容易になり、燃焼効率がUPします。

つまり、

勝手に燃えてくれるので、そこまで焚き火に目を配る必要が無いということです。

これは、本当に楽なんです!

なぜなら、焚き火の燃焼効率が悪いと、少し目を離しただけで火が弱まっているんですよね。

そのたびに、火吹き棒で「フー!フー!」と空気を送って火力をあげるのですが、

これでは、ゆっくりお酒を飲むことができないのです。

その点、この焚き火台は、先ほどのロストルを使うことで燃焼効率がUP!

炎を眺めながらゆっくりとお酒が飲めるのです。

ちなみに、

ロストルは付属品ではなく、ダイソーで購入した商品です。

便利なので、UCOの焚き火台を使うなら、同時に購入することをおすすめしますよ。

③収納がコンパクト

折りたためば厚さ3.5cm。サイズの全長も37.5×27×3.5cm(収納時)、そして重さは1.75kgなので、バックパックにも入ります。

このコンパクトになる利点は本当に大きいのです、

バックパックでソロキャンプもできますし、バイクツーリングにも最適です。

実は、私は以前、重さ6.4kgの焚き火台を使用していたのですが、これは結構大変でした。

正直、あまりに重かったり、運ぶ時にかさばったりすると、だんだんとその焚き火台を持っていくのがツラクなってきます。

そのため、収納がコンパクトになるのはとても大切なことなのです。

逆に、持っていくのが楽しみになりますよ♪

スポンサーリンク

UCO焚き火台のデメリット

正直、デメリットは無いです。

ただし、あえて上げるとしたら1つだけ。

それは、厚いステンレス素材を採用しているわけではないので、使っていると少し歪んでくるということです。

これは私だけでなく、他のブログでも書かれていました。

分かりますかね?

赤いラインの部分なんですが、若干の歪みがあります。

もちろん、

大きな歪みではないので、正直言われないと気づけないレベルです。

また、他のブログでは「手で曲げたらすぐに直った」とも書いてあるので、そこまで深刻に捉える問題でもないのかも…。

結局、

「軽量焚き火台」のほとんどが、耐久性は弱い傾向があります。

(大人気のピコグリルも変形しますしね)

それでも、この程度の歪みであれば全然気にならないので、たいしたデメリットにはなりませんよ~♪大丈夫(≧ω≦)b

スポンサーリンク

購入する際に悩んだこと。

私がこの焚き火台を選んだ時に、考えていた条件がこちら。

  • 大きな薪が入る
  • 片手で持てるサイズ
  • 二次燃焼システム
  • 見た目

正直、

大人気のピコグリルも候補でした。

ですが、ピコグリルは大きな薪は入るのですが、軽量すぎて土台が不安定なので料理が少し怖いこと。

また、地面を焼いてしまう可能性があるので、候補から外しました。

あと、値段も地味に高かった…。

でも、カッコイイですけどね!

また、

モンベルの二次燃焼システムを採用した『フォールディングファイヤーピット』も候補でした。

ですが、2次燃焼システムの焚き火台はどうしても重くなること(重さ4.1kg

またモンベルの焚き火台の場合は、見た目が好みでは無かったんですよね~。

特に、

エイジングの仕方がイマイチです。(偉そうですみません)

一方で、

我らがUCOのエイジングはコチラ。

分かりますかね?

モンベルのようにどんどん黒ずむのではなく、チタン製品のように少し青みが入った色になってきます。

これが結構お気に入り( ̄ー+ ̄)キラーン

そのため、モンベルの焚き火台も見送りました。

そもそも、なぜ2次燃焼システム?

出典:モンベル
出典:モンベル

2次燃焼の焚き火台を探していた理由は、

薪を入れるだけで何もしなくていいので、より手軽だと思ったからです。

以前私が使っていた、YOKAの焚き火台は、見た目と耐久性が素晴らしかったのですが、いかんせん薪が燃えにくかったのですよね。

そのため、結構な頻度で、火吹き棒で空気をおくるなど、面倒を見てあげる必要がありました。

これが、実にめんどくさい。

できるなら、薪を入れたらそのまま眺めていたい!

そう感じたので、2次燃焼システムの焚き火台を探していました。

しかし、2次燃焼システムはいかんせん重量が重くなるので、断念しました。。。。o(゚^ ゚)ウーン

でも、UCOの焚き火台も楽だった。

なので、2次燃焼システムは諦めて、UCOの焚き火台を買ったのですが。

ここで、嬉しい誤算が。

なんとこの焚き火台、ほとんど手がかかりません。

特に、先ほど説明したように、火床の部分にロストルを置くと、空気が焚き火台に循環しやすいので、薪を入れれば基本的に放置でまったく問題ありません。

そのため、

2次燃焼システムの焚き火台を探している人は、UCOの焚き火台でも問題ありませんよ♪

あと、小さいタイプもあります。

こちらは、完全にソロ用ですね。

通常サイズと比較してみると良く分かります。

フラットパックポータブル“ミニ”フラットパックポータブル
サイズ(使用時)34×25.4×28.5cm24.1×17.8×20.3cm
サイズ(収納時)37.5×27×3.5cm27×18×3cm
重さ1.75kg832g

このサイズ感だと、より手軽さが増しますね。

特に、重さが約半分になるので、携帯性はとても魅力です。

ですが、その分大きい薪は入らないので、そこは注意してください。

こちらのYouTubeを見ると、よりイメージし易いですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は、UCOの焚き火台を実際に使った魅力をレビューしました。

これだけのメリットを持ちながら、見た目がオシャレな上に、価格が6,000~7,000円。

個人的には、この価格も踏まえて

コスパ最強のオシャレ焚き火台

だと感じています。

興味を持った方は、ぜひご検討ください。

キャンプがもっと手軽になって、ゆっくりとした時間を過ごせますよ♪

それでは、楽しい冬キャンプを。

今回紹介した商品はコチラ

コメント