【冬でもパップテントで大丈夫?】冬キャンプを快適に過ごす方法

冬でもパップテントで過ごせるか心配な人
「冬キャンプをパップテントで過ごそうと思っています。でも、本当にパップテントで大丈夫かな?寒くないの?経験者の方にリアルな話を教えてもらいたいな…」

こんな疑問にお答えします。

パップテントは、その無骨で男前のシルエットから、特に男性のソロキャンパーに大人気のテント。

でも、その男前で無骨なパップテントも、冬キャンプとなると、ひとつの問題が…。

スカートがついてないけど寒くないのかな…。

これが皆さんの不安かと。

そこで今回は、

パップテントで冬を何度も経験している私が、経験者の視点から『冬でも快適に過ごせる方法』を解説します。

ちなみに、結論から。

結論:冬でもパップテントで暖かく過ごせます。

では、なぜ快適に過ごせるのか?

その『理由』『具体的な方法』を解説していきますね♪

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

スポンサーリンク

冬キャンプでもパップテントで快適に過ごせる「理由」

それは、スカート無しが抱える欠点を、

『冬用装備』で補えるからです。

スカート無しの欠点とは、テントの下から冷気が入ることによる『保温性能の低下』です。

そのため、

テントの中が寒くて眠れない…。

これが、考えられる最悪のパターンかと。

でも、安心してください。

これからお話しする『冬用装備』を揃えれば、テントの中でも暖かく過ごすことができます。

その装備はこちら

  • コット
  • マット
  • 冬用シュラフ
  • ストーブ

冬用装備①:コット

コットとシュラフ

コットはパップテントでは欠かせない装備。

なぜなら、

地面からの底冷えを軽減するからです。

コットとは、簡易ベッドのことで、地面に直接触れていないので、底冷えを軽減することができます。

冬の底冷えは、想像以上。

私は一度体験し、寒くて眠れない夜を過ごしました。それからは、二度と失敗しないように厳重に寒さ対策をしています。

そのため、

底冷えを防ぐためには『コット』が必要不可欠になります。

おすすめのコットはこちら。

価格はしますが、耐久性と寝心地は最高レベルですね。

注意点として『安すぎるコット』は買ってはいけません。

私の友人は5,000円のコットを買ってしまい、1日で壊れてしまいました。

自分の体重を支えるものなので、堅牢なものでないとダメなのです。

その他のコスパが良いコットはこちらでまとめています。↓

▶【高品質VSコスパ】冬キャンプおすすめコット5選【結論:リセール重視】

冬用装備②:マット

続いての、冬用装備はマットです。

実は、コットだけでは冬の底冷えを、完璧に遮断できません。

なぜなら、

コットを使っても、冷たい空気が地面とコットの空間に入り込むからです。

その空間に入り込んだ冷気は、コットの布一枚では防げません、

そのため、コットの上にマットを重ねて敷くことで、その冷気を遮断するのです。

さらには、

マットの上にブランケットを敷いて、その上にシュラフを敷くのが、最も安全なスタイルです。

コット

私は、底冷えを二度と経験したくないので、そうしています

おすすめはこちらのウレタンマット。

キャンプ芸人のヒロシさんも愛用している大人気モデルですよ。

空気を入れるタイプは軽量でとても優秀なのですが、「キャンプ場で使うのみ」というなら、このようなウレタンタイプをおすすめします。

ですが、

将来的に登山にも行きたいので、軽量でコンパクトなマットの方がいいな。

という方にはこちらの「▶【R値を徹底比較】冬キャンプで使えるソロ用エアーマット5選」をご覧ください。

上位モデルならコットも不要ですよ。↓

冬用装備③:冬用シュラフ

もちろん、

『冬用シュラフ』も必要です。

スカートが無いので、冷気が入り込みテント内の保温性能は下がります。

そのため、

冬用シュラフでシュラフ内の保温を高めるのです。

これがスカート無しでも暖かく眠れるポイントです。

注意点として、冬用の羽毛シュラフは濡れると保温性能が下がります。

そのため、

防水の冬用シュラフを選ぶか、もしくはシュラフカバーが必要です。

防水のおすすめはNANGAシュラフです。↓

詳しくはこちらでまとめています。↓

▶【温度別で分かり易い】冬キャンプ用ナンガシュラフ10選+選び方

一方で、シュラフカバーならこちら。(私も愛用しています)

また、あえてシュラフカバーを買わなくても、下の写真のように3シーズンシュラフを重ねることで、シュラフカバーの代わりになります。

2重シュラフ

このやり方は、シュラフ内がさらに暖かくなるので、おすすめですよ。

でも、冬用のシュラフは高いしな…。

という方にはこちら。

『組合せ』で乗り切れます。↓

▶【組合せの科学】冬キャンプを3シーズンシュラフで過ごす方法

冬用装備④:ストーブ

石油ストーブ

最後は、ストーブになります。

ストーブは、テントの中を暖めるのに適した暖房器具です。

パップテントはスカートが無いので、冷気が入り込み、テント内はめちゃめちゃ寒い。

そのため、ストーブのような暖房器具がないと、テントの中で暖かく過ごせません。

もちろん、

テントは寝るだけなので、ストーブは必要ないよ。

と考える方もいらっしゃるかと。

ですが、

冬キャンプの暖房無しは、みなさんの想像以上に『過酷』です。

例えば、焚き火も暖かいのですが、それは手をかざしている部分だけで、体全体が暖かいわけではありません。

そのため、焚き火は焚き火で暖まる。

そして、体の横にはストーブを置いておくと、さらに暖かく過ごせます。

ストーブ

じゃあ、どういったストーブを選んだらいいの?

簡単に解説すると以下の特徴があります。

暖かさ重さ大きさ手軽さ
石油ストーブ
薪ストーブ
ガスストーブ

それでは、詳しく見ていきましょう。

■石油ストーブ

暖かさ重さ大きさ手軽さ
石油ストーブ

石油ストーブは最もバランスがとれた、暖房器具です。

テント内がとても暖かくなり、そこまで手間もかかりません。

そのため、多くのキャンパーが愛用中。

私も、愛用しているのは石油ストーブです。

なぜなら、キャンプだけでなく家でも使えるからです。

それにより、家の電気代が下がるので、購入費用も長い目でみれば回収できます。

私は2年で回収できました。

石油ストーブを検討するならこの記事を。↓

■薪ストーブ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ekaterina-kuznetsova-d47gL3hJ9qU-unsplash-1-1024x683.jpg
暖かさ重さ大きさ手軽さ
薪ストーブ

薪ストーブは、とても暖かいですが、それ以上に手間がかかります。

しかし、それを補て余りうる『独特の魅力』があります。

特に、

  • テントからはみ出した煙突の美しいシルエット
  • テント内に薪ストーブがあることの優越感
  • 炎の揺れを眺めながら過ごす最高のひととき

これらがキャンパーを魅了するのです。

やっぱり、薪ストーブには憧れるな~♪

と言う人にはこちらの記事を。

このブログで大人気の記事です。↓

▶【覚悟が無いなら買うな】冬キャンプおすすめ薪ストーブ5選

■ガスストーブ

出典:Amazon
暖かさ重さ大きさ手軽さ
ガスストーブ

ガスストーブは、最も『手軽』な暖房器具です。

しかし、テント全体を暖めるような火力が無いことがポイント。

そのため、

手や足といった局部を暖める補助的な暖房器具となります。

ですが、パップテンはテントが小さいので、ガスストーブでも十分に暖かくなります。

例えば、大きいリビングだと暖めるには大きなストーブが必要ですが、小さい部屋だと小さな電気ストーブでも短時間で暖めることができますよね。

それと一緒です。

したがって、テントの大きさと寒さの度合いによって、使い分けるのがベストです。

私の経験上、ソロテントで最低5℃までは、ガスストーブでも大丈夫。

もちろん、ガスストーブにもたくさん種類があります。

特に『高火力』のガスストーブは石油ストーブの代わりになるぐらいです。

詳しくはこちらを。↓

▶【キャンパー推薦】冬キャンプで使えるガス暖房7選【事故の注意点】

スポンサーリンク

私の冬キャンプはこんな感じ

パップテントで冬キャンプをしている際の、私の冬装備です。

  1. テント:バンドックソロベース
  2. コット:ヘリノックスコット
  3. マット:サーマレスト Zライトソル
  4. ブランケット:エルパソ ニューダイヤモンド
  5. 冬用シュラフ:NANGA600STD(快適温度-3℃)
  6. シュラフカバー:NANGAシュラフカバー
  7. 石油ストーブ:トヨトミ ギアミッション
  8. ガスストーブ:ミニポータブルヒーター

気温は、寒いときで-2℃前後。雪中キャンプではありません。

この装備で、スカート無しのパップテントでも快適に過ごしています。

でも、どうしてもスカートが無いことが気になる。

そんな方には3つの対策があります。

①落ち葉や枯れ木、薪や自身の荷物を利用して隙間を塞ぐ

②スカートを自作する⇒詳しくはコチラ

③パップテントの2本の支柱を、5~10cm掘った穴に入れて、テント自体の高さを低くすることで隙間を埋める。

つまりは、隙間を塞ぐことで、冷気の侵入を防ぐということですね。

あと、服装はこんな感じです。

  • 超極暖(UNIQLO)
  • 裏起毛パーカー(UNIQLO)
  • インナーダウン(UNIQLO)
  • 綿アノラックパーカー(ワークマン)
  • 焚き火パンツ(ワークマン)
  • 冬用サンダル(スブ)
  • 裏起毛靴下(しまむら)
  • ネックウォーマー(UNIQLO)

本当は、おしゃれブランドの服も着たいのですが、お金が無いのと、穴が開いたらその日はずっと落ち込みそうなので諦めました。

やっぱり、安くてガシガシ使える服装が気楽でリラックスできます。

また、冬の服装には大事な考え方があります。

  • ベースレイヤー
  • ミドルレイヤー
  • アウターレイヤー

この順番で服を重ねる必要があるのです。

詳しくはこちらを↓

▶【秒でわかる】初心者が選ぶべき冬キャンプの服装【経験者の服装も公開】

あと、足元は何気に寒いので、『SUBUのサンダル』は、暖かく値段もそこまで高くないので、おすすめですよ。↓

▶【冬キャンプ初心者向け】SUBU/スブのレビュー【2年目突入】

スポンサーリンク

まとめ

いいかがでしたでしょうか?

今回は、冬でもパップテントで快適に過ごせる方法を中心に説明しました。

まとめると、

スカート』が無くても大丈夫です。

それを補う『冬用装備』を用意すればOK。

そうすることで、暖かく快適に過ごすことができます。

男が憧れるパップテント。

その大好きな雰囲気を、冬キャンプで満喫しながら、ゆったりとした時間を楽しみましょう。

それでは、楽しい冬キャンプを。

P.S.一酸化炭素中毒だけはマジで注意してください。↓

▶【こうして私は一酸化炭素中毒になりました…】冬キャンプでの大失敗

今回紹介したアイテムはコチラ

コメント