【3シーズンテントで冬キャンプはできる?】経験者がリアルを解説

USパップ
USパップ

冬キャンプに行きたい人
「3シーズンテントで冬キャンプはできますか?できれば冬用テントは買いたくありません。大切なポイントや実際の状況などいろいろ教えてください。」

こういった疑問にお答えします。

キャンプを始めて数か月。

最近思うこと。

次は冬キャンプもいきたいな

「でも、持っているテントは3シーズンテントだし」

「冬キャンプに行くなら冬用テントを買わないとだし…」

「でも、お金もないし…」

じゃあ、どうしたらいいの?

この記事は、こんな人におすすめの内容です。

今回は実際に3シーズンテントで冬キャンプをしていた私が、暖かく過ごすためのポイントを解説。

この記事を読めば、快適な冬キャンプが過ごせますよ。

まずは結論から、

結論:3シーズンテントでも冬キャンプはできます

その方法を今から解説していきますね。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶ブログ歴1年半で90,000PV達成
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

※気温は-2℃前後を想定。雪中キャンプではありません。

スポンサーリンク

【3シーズンテントで冬キャンプはできる?】経験者がリアルを解説

USパップ
USパップ

方法を解説する前に、

まずは3シーズンテントとは何なのか?

そこをかんたんに説明していきます。

基本的にテント選びで難しいことはの暑さ対策と、冬の寒さ対策が違う点にあります。

つまり、

前者であれば、を快適に過ごすために、風通りが良い構造になります。

一方で、

後者であれば、を快適に過ごすために、保温性能を高める構造になります

そして、3シーズンテントとは夏の快適さを高めるために、インナーテントの一部をメッシュ構造スカートが付いていないタイプにして風通りをよくしているのです。

したがって、3シーズンテントで冬キャンプをするためには、

テントの風通りのよさを防ぎ、逆に保温性能を高めることがポイントになります。

3シーズンテントで冬キャンプはできる

ちなみに私は、バンドックのソロベースというテントで冬キャンプをしていました。

ソロベース

このような、軍幕タイプのテントですが、実はこのテントはスカートが付いていません。

なので、テントの下から冬の冷気が『ビュービュー』

「本当に、こんな環境で眠れるの?」

最初は心配でした。

ですが、実際に対策をきちんと行って過ごしてみると、

「あらビックリ」

普通に眠れるではないですか。

あの心配はどこへやら。

そんな私が実際に行った対策は5つです。

  1. 石油ストーブ
  2. 電源サイト(家族向け)
  3. ホットカーペット(家族向け)
  4. コット
  5. 冬用シュラフ

対策①:石油ストーブ

出典:YOKA

正直、スカートは無くても大丈夫でしたね。

でも代わりに石油ストーブが必要です。

スカートが無いとテントの下から冷気が入り込みますが、石油ストーブが熱を発するので、テントの中はそこまで寒くはありません。

詳しく説明すると、暖かい空気は上にいく性質があるので、テントの上の方は暖かいですが、下の方は冷たいといった環境になります。

それでも「寒い」と感じる環境ではないですね。

あえていうなら「ぬるい」といった環境です。

したがって、

スカートが無くても石油ストーブがあれば冬キャンプはできます。

下の記事で私がスカート無しで冬キャンプをした状況をくわしく解説しています。↓

▶【スカートは必要?不要?】冬キャンプ経験者がスカートのリアルを解説

石油ストーブの注意点
パセコ 
パセコ

テント内で石油ストーブを使用すると一酸化炭素中毒の危険があります。

一酸化炭素は無味無臭なので、人間は吐き気や頭痛などの症状が出るまで気づくことができません。

そのため、必ず一酸化炭素チェッカーを用意しましょう。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

そこまで高い値段ではないので、必ず揃えておきましょう。

一酸化炭素
一酸化炭素チェッカー

ちなみに、

私は一酸化炭素中毒になりました。

私が冬キャンプで犯した最大の失敗です。

どういった状況が危険なのか?

こちらの記事でくわしく解説しています。↓

【こうして私は一酸化炭素中毒になりました…】冬キャンプでの大失敗

対策②&③:電源サイトでホットカーペット

延長コード

基本的に「3シーズンテント」でも「冬用テント」でも、家族で初めて冬キャンプをするなら、

電源サイト』をおすすめします。

なぜなら、

電源サイトを利用しホットカーペットを使用すると、かんたんに地面からの底冷えを軽減できるからです。

冬の底冷えは本当に恐ろしいです。

私も初めての冬キャンプで底冷えを経験し、寒さで眠れない夜を過ごしました。

もっと冬キャンプの情報を調べておけばよかった…。

私のように後悔しないために、家族でいくなら「電源サイト」と「ホットカーペット」がおすすめです。

また、

う~ん。それならもう少し「電源サイト」のことが知りたいわ。

そんな方はこちらで解説しているので、参考にしてみて下さい。↓

【電源サイトはコスパ最強】冬キャンプ初心者におすすめのサイト活用術

対策④:コット

コット

逆に、

電源サイトを利用しないなら『コット』が必要です。

私は、ソロで3シーズンテントを使う場合には、必ずコットを使っていました。

なぜなら、

冬の底冷えを防ぐことができるからです。

家族で冬キャンプに行くなら電源サイトがいいですが、ソロキャンプだと「できるだけ手軽に過ごしたい」という理由でコットを使います。

ちなみに、コットとは簡易ベッドのことで、地面とコットの間に空間を作り冬の冷気を軽減します。

こんな感じですね。↓

コット

コットに関しては「結局、どのコットを選んだらいいの?」と迷われる方が多いので、こちらの記事を参考にして下さい。↓

▶【高品質VSコスパ】冬キャンプおすすめコット5選【結論:リセール重視】

また、

でも、コットって高いでしょ?他に方法はないのかな?

という方には下の記事で、コットを使わずに冬の底冷えを防ぐ方法をまとめています。

特に、段ボールを使った方法がコスパ最強の底冷え対策ですよ。(ゆるキャン△でも紹介してましたね)

▶【コットなしの条件】冬キャンプで暖かく眠る3つの方法【無理は禁物】

対策⑤:冬用シュラフ

ナンガ
ナンガ

じつは、電源サイトでホットカーペットを使用すると「3シーズンシュラフ」でも眠れます。

ですが、電源サイトを使わないなら、

冬用シュラフ」が必要です。

最初に説明した通り3シーズンテントは、夏を快適に過ごすために風通りがよい構造です。

そのため、石油ストーブなどの暖房器具が必要になります。

ですが、一酸化炭素中毒の危険があるので、寝るときに点けたままにすることはできません。

したがって、

保温性能が高い冬用シュラフが必要なのです。

でも、冬用シュラフって高いでしょ?

そうですね。

正直、本格的な冬用シュラフを購入しようとすると3万円以上します。

この高額な冬用シュラフの購入が、冬キャンプのハードルを上げる要因のひとつです。

私も冬用シュラフを購入するときは本当に迷いました。

「さすがにこの出費は無理かも…」

そう思っていました。

ですが、

  • 本格的な冬用シュラフは10年使える
  • 3シーズンテントでも冬キャンプができる
  • 家でも羽毛布団として使える

という事実が「それなら買えるかも…」と購入を後押ししました。

もし、本当に冬用シュラフで迷われているなら、こちらの記事も参考にして下さい。↓

▶【失敗しないシュラフ特集】冬キャンプおすすめの冬用シュラフ/寝袋10選

ですが、

そうはいっても高すぎるよ。他に方法はないの?

そんな人は、下の記事をご覧ください。

今お持ちの3シーズンシュラフでも冬キャンプができる方法を解説しています。↓

▶【組合せの科学】冬キャンプを3シーズンシュラフで過ごす方法

3シーズンテントは少し寒い

ソロベース
ソロベース

基本的には、

新しく「冬用テント」を買う必要はありません。

冬用テントを買わなくても、先ほど説明した冬用装備を揃えることで、冬キャンプはできます。

ですが「3シーズンテントで全く寒くないか?」と言われたら

「全くではないね。正直、ちょっと寒いときもあるね…」

というのが本音です。

なんというか

我慢できない寒さではないけど、ヌクヌクでもない」

という感じです。

そのため、

今回紹介した装備(特に電源サイトホットカーペット)と3シーズンテントで冬キャンプを経験してから、冬用テントの購入を判断することがおすすめです。

寒さには個人差があるので「3シーズンテントで十分だな」と感じたら新しくテントを買う必要はありません。

しかし、

もう少し暖かい方がいいかな?

と感じたら冬用テントも検討してみてください。↓

▶【現役最強テント特集】冬キャンプにおすすめのテント12選

スポンサーリンク

まとめ

ストーブ

いかがでしたでしょうか?

今回は『3シーズンテント』で冬キャンプができるポイントを解説しました。

実際に必要な対策がこちらです。↓

  1. 石油ストーブ
  2. 電源サイト
  3. ホットカーペット
  4. コット(電源サイトを使わない場合)
  5. 冬用シュラフ(電源サイトを使わない場合)

ただし、やはり冬用テントの方が暖かいです。

そのため、一度3シーズンテントで冬キャンプをしてみて「それでも必要だな…と感じたら、そこから冬用テントを検討してみて下さい。

それが一番おすすめの方法ですよ。

それでは、楽しい冬キャンプを。

P.S.冬キャンプには服装も大切です。↓

【結論:冬は着る順番が大切】冬キャンプにおすすめの服装【初心者向け】

コメント