【結論:めっちゃ寒い】スノーピーク奥日田で冬キャンプ【対策あり】

スノーピーク奥日田

  • スノーピーク奥日田で冬キャンプを検討中。
  • でも、冬キャンプは寒くないのかな?
  • 実際の気温や、装備、服装はどんな感じ?

こういった疑問にお答えします。

✔この記事を書いた人

▶冬キャンプ歴1,000時間以上
▶冬キャンプ専門ブログ『冬キャンプ.com』を運営
▶ブログ歴8ヵ月で16,000PV達成
  
詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /

スノーピーク奥日田には、今回で3回目の訪問。

いつ来ても場内は清潔で、設備も充実していて、景色もきれい。

でも、

冬はメチャメチャ寒いんです。

それもそのはず。標高は約950mあるのでかなり冷え込みます。

そのため、準備不足だと「寒くて眠れない」なんてことに…。

でも、安心してください。

今回は、実際に私が冬キャンプで過ごした時の気温や、装備、服装を紹介することで、最低限必要なアイテムが分かります。

スノーピーク奥日田で冬キャンプがしたいけど、ちょっと心配だな…。

そんな人はぜひこの記事を最後までお読みください。

万全の態勢で冬キャンプを楽しめますよ。

この記事を読むメリットは?

  • 32枚の画像でサイトの詳細な情報がわかります
  • 実際の気温や冬キャンプに必要な装備がわかります。
  • 事前に準備する物がわかるので安心して冬キャンプに向かえます

それでは、紹介していきます。

スポンサーリンク

スノーピーク奥日田の基本情報

スノーピーク奥日田の基本情報

【場所】大分県日田市前津江町大野64-1(旧 椿ヶ鼻ハイランドパーク)
【電話番号】代表:0973-53-2358
【営業時間】10:00~19:00(4月~10月)/ 11:00~18:00(11月~3月)
【定休日】水曜日(祝祭日除く)

フィールドマップ

プライスリスト

Check in 13:00 / Check out 11:00

フリーオートサイト(15サイト程度)1サイト6名まで/車1台/テント・タープ1張 3,500円
区画電源オートサイト(43サイト)1サイト6名まで/車1台/テント・タープ1張 3,500円
N電源オートサイト(13サイト)1サイト6名まで/車1台/テント・タープ1張 3,500円
Fサイト(13サイト程度)1サイト6名まで/車1台/テント・タープ1張 3,500円
追加料金(各サイト共通)テント1張/車1台/人数1名追加につき 1,000円
DAY利用(11:00~16:00)ハイシーズン、連休を除き受付 1,200円
※料金は税抜きです
 出典:スノーピーク奥日田
スポンサーリンク

スノーピーク奥日田のキャンプ場リポート

ここからは実際のスノーピーク奥日田のサイトや設備を紹介していきます。

まずは、サイトから。

スノーピーク奥日田のキャンプ場リポート

N電源+オートサイト(N1~N13)

N電源+オートサイト(N1~N13)

全部で電源サイトが13サイトあります。

一番高台にあって、隣に管理棟やトイレ、炊事場があるサイトです。

ですので、景色も最高ですし、利便性もとても高い場所ですよ

Fサイト

Fサイト

こちらは、管理棟から少し下ったところにあるフリーサイトです。

全部で13サイト分の広さがあります。

このサイトは眺めが一番素晴らしい!

ただし、こちらの写真のように車は端っこに寄せる必要があります。

手前にはトイレと炊事場があるので、利便性はとても良いですよ。

区画電源オートサイト(E1~E13)

区画電源オートサイト(E1~E13)

区画電源オートサイト(A1~A4、B1~B4)

区画電源オートサイト(B1~B4、A1~A6)

区画電源オートサイト(C1~C13、D1~D7)

区画電源オートサイト(C1~C13、D1~D7)

区画電源オートサイトは全部で43サイトあります。

隣のサイトと若干距離が離れており、かつ少し高低差があるので、よりプライベート感が増すサイトです。

個人的には、冬キャンプに一番おすすめのサイトです。

トイレや炊事場も各3箇所あるので、利便性はとても高い。

ただし、高台にあるわけではないので、景色も楽しみたい方は、一番最初に紹介した『N電源オートサイト』をおすすめします。

フリーオートサイト

フリーオートサイト

こちらは、フリーオートサイトです。

全部で15サイトあります。

こちらのフリーサイトの特徴は、車をに止められることです。

ただし、高台ではないので、山々を望むような景色は見れません。

そのため、荷物が多いのであれば、車を横付けできるフリーオートサイト。

一方で、景色を最大限楽しみたいのなら、高台にあるフリーサイトがおすすめです。

スポンサーリンク

スノーピーク奥日田のココが素晴らしい!!

実際に3回訪れて、来るたびに素晴らしいと感じたポイントを紹介します。

①トイレと炊事場が本当に「綺麗」

①トイレと炊事場が本当に綺麗
トイレが綺麗
個室も綺麗
炊事場も綺麗

トイレと炊事場は本当にいつ来ても綺麗です。

きちんと管理が行き届いているんでしょうね。

さすがはスノーピーク。

しかも『お湯』が出ます。

冬キャンプでお皿を洗う時や、朝起きて顔を洗う時に、お湯が出ることの素晴らしさ!

特に、女性は『洗顔』があるのでとても重宝するかと。

②区画電源オートサイトには水道が付いている

②区画電源オートサイトには水道が付いている

これも本当に素晴らしいポイントですね。

この水道は『飲料水』に使えます。

そのため、わざわざ水を取りに炊事場に行く必要がありません。

ただし、洗い物などは出来ませんので注意してください。(お湯も出ません)

③景色がきれい

③景色もきれい

やはり、標高約950mありますので、景色は本当にきれいです。

とくに、朝日がのぼる景色は圧巻です。

さらに、

運が良ければ『雲海』が見れますよ!

④管理棟には直営店あり

④管理棟には直営店あり

これは、ついつい手が伸びそうになる『甘い罠』です。

キャンプ場にきて気分が高揚している時に、こんな直営店があったら買っちゃいますよね?

もちろん、ガス缶なども売っていますので、忘れ物をした時でも安心ですよ。

スポンサーリンク

スノーピーク奥日田の気温は?

スノーピーク奥日田の気温は?

私が過去にスノーピーク奥日田に行ったのは11月末~12月中旬。

どの日もかなりの冷え込みでした。

先日おとずれた時は11月末。

その時の最低気温は-4℃でした。

恐るべし奥日田(昨年訪れた時は12月で氷点下でした)

ですが、

きちんと「寒さ対策」をしたらとても暖かく過ごせました。

その対策はこちら

  1. 電源サイトで電気カーペットを使用
  2. 3シーズンシュラフと人数分の毛布
  3. ツールームテント
  4. 石油ストーブ

寒さ対策①:電源サイトで電気カーペット

冬キャンプには電源サイトで電気カーペットが最強

電源サイトで「電気カーペット」を使用すると最強です。

そのおかげで、子供達も朝まで爆睡でした。

やはり、単純に暖かいです。

電気カーペットが地面からの底冷えを防ぎ、体を直接温めてくれます。

この暖かさは、冬には氷点下になる「スノーピーク奥日田」でも十分でしたね。

しかし、電気カーペットを使う際には、大切な『ポイント』があります。

  • ①地面
  • ②シート
  • ③テントグランドシート
  • ④銀マット
  • ⑤電気カーペット
  • ⑥ブランケット

この「順番で敷くこと」が大切ですよ。

さらには、

「電気カーペットは家でも使っているから大丈夫!」

そんな気持ちもわかるのですが「野外で使う電気カーペットの注意点」を知らないと、大変なことになるので、一度こちらの記事をご確認ください。↓

▶【冬キャンプ初心者必見】電気カーペットの上手な使い方+注意点

寒さ対策②:「3シーズンシュラフ」と人数分の毛布

冬キャンプでも3シーズンシュラフと人数分の毛布で十分

えっ?「3シーズンシュラフ」で大丈夫なの?

そうなんです。

実は、

電源サイトで電気カーペットを使うと3シーズンシュラフでも寝れます。

これで、-4℃の「スノーピーク奥日田」でも余裕でしたね。

しかも、家族分の冬用シュラフを購入しなくていいのでコスパも最強。

ただし、人数分の毛布か、電気毛布は必ずお持ちください。(予備として)

私は家族で冬キャンプに行く際には、必ず電源サイトで電気カーペットを使用して『3シーズンシュラフ』で寝ています。

もちろん、

私も初めて冬キャンプをした時は「本当に大丈夫かな?」と3シーズンシュラフの他に大量の毛布と布団を持っていきました。

ですが、電気カーペットは本当に暖かく、3シーズンシュラフの上に毛布を掛けるだけで十分です。

むしろ子供たちは暑いらしく寝汗がひどいので、夜中には毛布を外しています。

それぐらい「暖かい環境」だということです。

ちなみに、私が使っているのはコールマンの3シーズンシュラフです。

このシュラフは連結ができるので、小さなお子さんと一緒に寝ることもできますよ。↓

寒さ対策③:「ツールムテント」

アルニカ

このツールームテントで「スノーピーク奥日田」で冬キャンプができました。

寒さが限界をこえたときのテントの中での食事は『神』ですよ。

あまりの快適さに涙が出そうになります。ヌクヌクヤー(温ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )♡

特に、スノーピーク奥日田は夜になると本当に冷え込むので、ずっと外には居られません。

「焚き火がもう少ししたいな…」

そう思っても寒すぎて、テント中にこもってしまうのです。

ツールムテントのメリットは3つです。

  1. 暖房器具で暖かくゆっくりと過ごすことができる
  2. テントの中で料理や食事ができる
  3. 寝室とリビングが別なので、大人だけでも楽しむことができる。

そのため、

冬キャンプ用にテントも買い替えようかな?

そんな方には、ツールムテントがおすすめです。

こちらに、私が「ツールムテントを使った感想」と「おすすめテント」をまとめているので、興味がある方はご確認ください。↓

▶【冬キャンプにはツールームが最強な理由】+おすすめのテントも紹介

もちろん、

じゃあ、ツールームテントじゃないと「スノーピーク奥日田」で冬キャンプができないの?

そんな疑問もあるかと。

結論から言うと、ツールームテント以外でも冬キャンプはできます。

極端なことをいうと「3シーズンテント」でも冬キャンプはできるのです。

ただし、きちんとした対策が必要なので、こちらを参考にしてください。↓

▶【3シーズンテントで冬キャンプはできる?】経験者がリアルを解説

ワンポールテントの場合はこちらを参考にして下さい↓

▶【ワンポールの暖房は?】冬キャンプをワンポールテントで快適に過ごす方法

寒さ対策④:「石油ストーブ」

石油ストーブ

石油ストーブは、持ち運びには若干苦労しますが、家で使っている人も多く、暖かいので冬キャンプにピッタリです。

スノーピーク奥日田でファミリーキャンプをするなら、石油ストーブを持っていった方が無難です。

もちろん「暖房無し」で冬キャンプもできますが、難易度が高く、必要な装備も増えます。

したがって、

「子供たちに寒い思いはさせたくない」

そう思うなら石油ストーブは持っていきましょう。

ちなみに、私はこちらの石油ストーブ(火力6.66kW)を使っています。

また、

この際だから石油ストーブも検討しようかな?

こんな人にはひとつ「注意点」があります。

それは、石油ストーブの広さ目安(例:木造6畳)は、あくまでも「屋内基準」なので、屋外であるテントの広さと一緒ではないということです。

つまり、屋外であることを考慮しないと「火力不足」で暖かくなりにくいのです。

ちなみに、ツールムテントであれば、6.00KW以上の火力が必要ですよ。(先ほど紹介したトヨトミのストーブは6.66KWなのでツールムテントにピッタリです)

石油ストーブの詳しい選び方はこちらで解説しています。↓

▶【結論:火力重視】冬キャンプおすすめ石油ストーブ5選+正しい選び方

■服装はどんな感じだったの?

■服装はどんな感じだったの?

私の服装はこんな感じでした。

  • UNIQLO超極暖
  • UNIQLOベロアシャツ
  • UNIQLOダウン
  • UNIQLOマウンテンパーカー
  • UNIQLO手袋
  • UNIQLOネックウォーマー
  • UNIQLOヒートテックタイツ
  • UNIQLOジーンズ

もはやUNIQLOの広告塔ですね。(笑)

でも、暖かければそれでOK。

ですので、氷点下でもこの服装をベースに考えてもらえれば良いかと。

また、冬キャンプの服装には正しく着る順番』があるのです。

  • ベースレイヤー
  • ミドルレイヤー
  • アウターレイヤー

この順番を守ってレイアリングをすることが重要です。

詳しくはこちらの記事を↓

▶“冷え性”必見!どんな服装で行けば良いの?【冬キャンプ寒さ対策】

また、今回のキャンプでブランケットを新調したのですが、これがすごいヤツでした。

難燃素材で、暖かくて、無骨なブランケットを探してるんだよね~。

という方は必見です。

スポンサーリンク

スノーピーク奥日田の近隣情報

スノーピーク奥日田だけでなく、近隣にも面白いスポットがありますよ~♪

■木の花ガルテン 大山本店

こちらは、木の花ガルテン 大山本店です。

大分県の農業組合が経営していて、『道の駅』に近いショップです。

新鮮な野菜や焼きたてのパンが並び、近隣に来たら一度立ち寄ることをおすすめします。

特に、パン屋さんは本当においしい!

■日田 進撃の巨人 大山ダム銅像

■日田 進撃の巨人 大山ダム銅像

諫山先生の故郷である日田市大山町のダム。一部公園施設として整備されている。

『進撃の巨人』連載10周年記念プロジェクトとして、日田市民の有志が集まりクラウドファンディングで資金を募った銅像プロジェクトの第一弾、エレン・ミカサ・アルミンの少年期の銅像が設置された。

大山ダムの壁面をウォール・マリアに見立て、初めて巨人が襲ってきた「はじまりの場所」を再現。

出典:進撃の巨人 in HITA

ということで、なぜかエレン達がいました。(笑)

私も知らなかったので、スノーピーク奥日田に向かう途中で見つけてビックリしました。

特に銅像以外に何かある訳ではありません。

ただ、向かう途中にあるので、エレン達と一緒に記念写真を撮ると、友達やSNSに発信できる良いネタになるかと。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、スノーピーク奥日田の冬キャンプを解説しました。

結論として、スノーピーク奥日田は冬キャンプにおすすめのキャンプ場です。

電源サイトも充実していますし、トイレも綺麗で、お湯も出ます。

そして、景色も最高です。

しかし、メチャメチャ寒いです。

ですので、今回紹介した寒さ対策を参考にして、冬キャンプの準備を進めて下さい。

「それでもやっぱり不安だな…」

そう感じるなら、その不安を取り除くために必要なことは「知識」です。

こちらの記事で、冬キャンプで必要な「寒さ対策」をまとめたので、きちんと予習をして安心して冬キャンプへ向かいましょう。↓

▶【冬キャンプ入門】寒さ対策のまとめページ【結論:初心者必須です】

それでは、楽しい冬キャンプを。

P.S.おすすめのキャンプ場は他にもあります。

福岡近郊のキャンプ場をまとめたので、興味がある方は参考にしてください。↓

▶【秘密レポート付】冬キャンプおすすめのキャンプ場9選【最新九州】

今回紹介した商品はコチラ

コメント