【暖かく眠りたい人だけ読んで下さい】冬キャンプで必要な寒さ対策

寒さ対策

冬キャンプの寒さが心配な人

「冬キャンプに行きたいけれど、寒そうだから心配。本当に寒くて眠れなかったら嫌だな・・・。必要な『寒さ対策』って何があるんだろう?経験者の方に色々教えて貰いたいな。」

こんにちは!tatsuです。

本日は、【暖かく眠りたい人だけ読んで下さい】冬キャンプで必要な寒さ対策をご紹介します。

特に、

『初めて冬キャンプに行こう』

と思っている人には必見の内容です。

ちなみに、この記事を書いている私は、冬キャンプを50泊以上経験し、様々な失敗を重ねてきました。

だからこそ分かる『寒さ対策』をまとめています。

こういった順番でお話しします。

  1. 『寒さ対策』のポイント
  2. ポイントの詳細な説明
  3. あると便利なアイテム

それでは、説明していきます。

※冬キャンプの環境は-2℃前後を想定(雪中キャンプではありません)

スポンサーリンク

【暖かく眠りたい人だけ読んで下さい】冬キャンプで必要な寒さ対策

まずは『寒さ対策のポイント』をお話しします。

ポイントはコチラです。

  1. 底冷え対策
  2. 寝床対策

この2つのポイントを押さえれば、冬キャンプでも暖かく眠ることが出来ます。

「たったの2つ?」

と疑問に思う方も多いかと思います。

ですが安心してください。たったの2つでも、対策効果はバッチリですよ。

それでは、順番に説明していきます。

①底冷え対策

寒い犬

底冷え対策とは、いかに地面からの冷気を遮断するのかに集約されます。

地面からの冷気は本当に冷たいです。

これを遮断できなければ、寒くて眠れない地獄の一夜を過ごすことに・・・。

(私は、初めての冬キャンプで経験しました)

これを防ぐために『電源サイト』を利用することをお勧めします。

■電源サイトで『底冷え対策』?

電源コンセント

電源サイトを利用することで、『底冷え対策』が出来ます。

なぜなら、『電気カーペット』を利用することが出来るからです。

本来であれば、地面からの底冷えを防ぐ為には、シートや厚手の銀マット(1.5mm以上)を敷かなければなりません。

しかし、『電気カーペット』を使うと、手軽に地面からの底冷えを遮断出来るだけでなく、それ自体が暖かいので、体を暖める暖房器具にもなります。

ちなみに、電源サイトとは、家庭用のコンセントがついたサイトの事で、価格は2,000円~5,000円となっております。

価格は、フリーサイトに比べて割り高ですが、その分『電気カーペット』によって簡単に底冷え対策が出来ます。

ですが、一つ注意点があります。

実は、『電気カーペット』を普通に使っても暖かくなりません。

上手に使うポイントがあるのです。

そのポイントは、こちらにまとめています。冬キャンプに行く前に一度ご覧ください。

でも、電源サイトを利用すると『好きな場所』でキャンプができないでしょ?

安心してください。方法はあります。

コチラをご覧下さい。好きな場所でキャンプが出来る方法を説明しています。

続いては、『寝床対策』を紹介します。

②『寝床対策』 

シュラフ

『寝床対策』とは、いかにシュラフの中を暖かくするのかに集約されます。

これは、結局『どんなシュラフを使うのか』というお話です。

本来であれば、価格が高い『冬用シュラフ』を家族分購入する必要があります。

しかし、先ほどの『底冷え対策』で『電気カーペット』を使用していれば、話が変わってくるのです。

結論としては、『冬用シュラフ』を購入する必要がありません。

今お持ちの『3シーズンシュラフ』でも、暖かく眠れます。

実際に、私が家族で冬キャンプに行く時には、電源サイトを利用し、電気カーペットを使用する事で『3シーズンシュラフ』で寝ています。

あとは、保険として人数分の毛布を持っていきます。ですが、特に子供は毛布を掛けて寝ると汗をかくので、夜中には外しています。

それぐらい暖かい環境だということですね。

ちなみに、私が使っている『3シーズンシュラフ』はこちらの色違いになります。

汚れても洗濯機で洗えますし、連結が出来るのでお子さんと一緒に眠ることが出来ます。

他にも、コスパが良いシュラフを探している方はコチラを。

■実は、電源サイトの方が安い?

考える女性

先程、お話しした通り、電源サイトを使うと『冬用シュラフ』を購入する必要がありません。

実は、この恩恵により、トータルの出費で考えると、電源サイトを使った方が出費を抑えられるのです。

なので、初めての方には『電源サイト』を利用することをお勧めします。

ですが、もちろん長い目で見れば、『冬用シュラフ』を購入する事もありだと思います。

冬キャンプに何度も行くと、必要な道具が少しづつ揃ってきます。

したがって、余裕が出来た段階で、購入していくのが良いかと。

ちなみに、私はソロキャンプ用に、まずは自分の分だけ冬用シュラフを購入しました。

とても、暖かく好きな場所でキャンプが出来るので、満足しています。

もし、冬用シュラフの購入を検討するなら下の記事をご覧ください。

実は、

冬用シュラフを普通に買うと100%失敗します。

高額な買い物です。失敗したくありません。それを防ぐポイントがコチラ。

③あると便利なアイテム

あると便利なアイテム

最後に、あると便利なアイテムを紹介します。

値段もお手頃なので、一つ持っておくと重宝しますよ。

■電気毛布

Amazonベストセラー1位

こちらは電気毛布。もちろん『電源サイト』を使うことが前提です。

寒い時にはシュラフの中に入れる事も出来ますし、簡単なひざ掛けにもなります。

私もこの電気毛布を使っています。2年以上使っていますが、まだまだ現役で使えます。

手軽な暖房器具としては、最適です。

■湯たんぽ

こちらはマルカの湯たんぽです。

湯たんぽは、昔ながらの暖房器具ですが、こちらも便利です。

特にシュラフの足元が寒いときに、湯たんぽを使うと暖かく眠れます。

また、湯たんぽは直火で使えるタイプが便利です。

更に効果的な使い方もあります。詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

やかん

いかがでしたでしょうか?

今回は【暖かく眠りたい人だけ読んで下さい】冬キャンプで必要な寒さ対策を説明しました。

最後に、もう一度ポイントを整理します。

暖かく眠るための『寒さ対策』は大きく分けて2点です。

①底冷え対策

底冷え対策とは『いかに地面の冷気を防ぐか』に集約されます

②寝床対策

寝床対策とは『いかにシュラフ内の温度を暖かくするか』に集約されます。

そして、これらを対策する為には、『電源サイト』『電気カーペット』を利用することが、手軽でコストがかからない対策でした。

ぜひ、冬キャンプで実践してみて下さい。

P.S. 「石油ストーブっているのかな?」そう思う方はコチラをご覧ください。

今回紹介した商品はコチラ

コメント