【トイレが綺麗】宇美町昭和の森キャンプ場で冬キャンプ【福岡無料】

宇美町昭和の森キャンプ場ってどんなところ?あんまり情報が無いから、よく分かりません。無料なんですよね?他には何がありますか?たくさん教えて!

こういった疑問にお答えします。

最近、キャンプ仲間の先輩から言われたこと。

昭和の森キャンプ場はトイレが『ホテル並み』だよ

え?トイレがホテル並み?

そんなキャンプ場が福岡にあるの?

しかも、よくよく聞くと『無料』らしい…。

そんな、キャンプ場があるなら急がねば!

と、先日偵察に行ってきたので、その時の情報を皆さんにも共有します。

結論から言うと、

これは、絶対に行った方がいいよ!!でも、あまりみんなに広めないでね(笑)

というキャンプ場でした。

では、何がすごかったのか?

今回は、こういった順番でお話しします。

  • キャンプ場の基本情報
  • トイレが綺麗って本当?
  • 間違いやすいポイント
  • 近隣情報
スポンサーリンク

宇美町昭和の森キャンプ場の基本情報

出典:一本松公園(昭和の森)バンガロー

【利用方法】基本的に予約も届け出も不要

※ただし、7/1~9/30までは管理人さんがいるので、予約が必要です。

【利用料金】無料

【キャンプ場の区画】フリーサイト

【電話番号】092-932-1111  宇美町役場 都市計画課

【注意事項】全エリア焚き火は直火禁止です。また、洗剤の使用も水質汚染を防ぐため禁止です。あとは、車を横付けにできないので、荷物を車から運ぶアウトドアワゴンは必須です。(大体駐車場から100M以上あります)

場所はココです。

全体図はこんな感じです。

赤丸の所がキャンプが出来る場所です。

なので、キャンプサイトは2つですね。2つのキャンプサイトの違いは後述します。

公園の利用案内はこちら

スポンサーリンク

トイレは本当に綺麗だった…。

トイレは、本当に綺麗です!!

最初見たときは、巨大バンガロー?とも思いましたが・・・。

本当に出来たばかりで、新築の木の匂いもしましたね。

男子トイレはこんな感じです。

小便器が4つあり、個室が2つありました。

本当に綺麗ですね。

ですが、私には一つ疑問が…。

結局、何がホテル並み?

便器のメーカーの事?

まあ、綺麗ですけどね。(笑)

先輩が下した『ホテル並み』の真偽はともかく、女性や子供が気兼ねなく使えるトイレでした。

※あと、正面入り口の真ん中に多目的トイレもあります。

ですが、1つ注意点が・・・。

先程も説明したように、昭和の森キャンプ場には、2つのキャンプサイトがあります。

赤いマル青いマルで書かれた場所がそうです。

ですが、この綺麗なトイレは『赤いマル』で囲まれた、キャンプサイトにしかありません。

おそらく、公園内もあちこち工事していたので、これからトイレは順番に綺麗にしていくのでしょうね。

なので、青いマルのトイレは昔のままです。

ちなみに、こんな感じです。

個室は、昔ながらのボットン便所でした。

…まあ、ある意味『風情』はありますね。

でも、無料のキャンプ場ですし、これが普通ですよ。

プラス思考で行きましょう!

2つのキャンプサイトの分かれ道

2つのキャンプサイトは、下の緑のマルの地点で、道が分かれます。

先日、初めて来たときに迷ったので、紹介しておきます。

この緑のマルの地点には、このような看板があります。

左の一本松方面に行ったら、綺麗なトイレの『一本松キャンプサイト』

右の猫石方面に行ったら、風情あるトイレの『猫石キャンプサイト』

こう覚えておいてください。

ちなみに、猫石キャンプ場に行く道は、塗装されてなく、ゴツゴツした石が結構ありました。

運転しづらいので、気を付けて下さいね♪

結局、トイレが綺麗なサイトが良いのかな?

いえ、そんなことはありません。

実は、サイトの広さは『一本松キャンプサイト』よりも、『猫石キャンプサイト』の方が広いのです。

ちょっと写真が少ないですが、こちらがそうです。

一本松キャンプサイト(綺麗なトイレ付き)

う~ん、写真が分かりづらいですよね?

次に行ったときに、もう少しサイトの写真を撮っておきます。

ただ、見た感じでは、トイレが綺麗な『一本松キャンプ』サイトの方は、家族用のツールームテントが使えるスペースは、ほとんどなかったです。

家族で行くなら、『ドーム型のテント』であれば大丈夫です。

私が行ったときは平日の昼間でしたが、すでに10組くらいのキャンパーはいました。

最大でもドーム型のテントが、10~20張りくらいしか、張れるスペーが無かったですね。

おそらくですが、こちらはバンガローがたくさんあるので、バンガローをメインとしたサイトなんだと思います。

一方で、猫石キャンプサイト(風情あるトイレ付き)

どちらのサイトも同じですが、区画も何もないので、自分たちで好きな場所を探して、キャンプを楽しめます!

こちらは、ツールームテントも張れるようなスペースが、いくつもありましたね。

大体、ドーム型のテントで30~40張りは、張れるスペースがあります。

ただし、トイレは風情がある感じなんですよね。

う~ん。そうなると、どっちにしようか迷いますよね?

個人的には、ソロなら猫石キャンプサイト。逆に、家族と一緒なら、ドームテントで、一本松キャンプサイトが良いかと。

まとめると、

一本松キャンプサイトは、トイレは綺麗だが、サイトは狭い

一方で、

猫石キャンプサイトは、トイレは風情があるが、サイトは広い

といった感じですね。

近くには『温泉』もあるよ!!

車で20分くらいの所には「都久志の湯」という温泉もありました。

出典:都久志の湯


営業時間
平 日16:00~24:00
土日祝11:00~24:00
家族風呂最終受付は24:00となります。
休館日:毎週水曜日

スポンサーリンク

まだまだ、知らない人が多いはず!

いかがでしたでしょうか?

無料でトイレも綺麗な『昭和の森キャンプ場』は、まだあまり知られていない【穴場のキャンプ場】ですよ。

特に、トイレが綺麗になったのは、ここ最近なので、本当に知らない人が多いと思います。

個人的には、

川沿いのスペースで、まったりソロキャンプ!!

が楽しめる『最高のキャンプ場』だと思いました。

あと、このキャンプ場に行くなら、このアイテムは持っていった方がいいです。

  1. アウトドアワゴン
  2. ハンモック
  3. スラッグライン

①アウトドアワゴン

駐車場から、キャンプサイトまで距離があり、坂道も多いので、こういったアウトドアワゴンは絶対に必要になります。

リアカーありませんでした。

②ハンモック

キャンプサイトには、ハンモックに最適な木がそこら中にあったので、とても張りやすいと思いました。

また、実際に私が行ったときには、半分くらいの方は、ハンモックを利用していましたよ。

③スラッグライン

スラッグラインもうってつけのサイトですね。

子供たちとこの機会に始めてみてはいかがですか?

これはね~、大人がハマるんです♪

それでは、楽しい冬キャンプを!!

P.S.他にもおすすめのキャンプ場をお探しならこちらの記事を。

コメント