【男前&スタイリッシュ】冬キャンプおすすめギアYOKA(ヨカ)

YOKA 焚き火台

こんにちは!tatsuです。

今回は男前&スタイリッシュなブランド『YOKA』のご紹介をしていきます。

今回の記事はこんな人におすすめです。

  • 男前で無骨なキャンプギアが欲しい!
  • 人とは少し違うオシャレなキャンプ道具がほしい!
  • YOKA製品を実際に使った感想が知りたい!

スポンサーリンク

【男前&スタイリッシュ】冬キャンプおすすめギアYOKA(ヨカ)

出典:YOKA

突然ですが、皆さん『YOKA』ってご存じですか?

YOKAは「休日を最高のものにする」をテーマに掲げ、2015年に旗揚げしたアウトドアブランドです。

まずは自然の中に「最高のベースキャンプ」を作ろうと考え、そのためのアイテムであるイスとテーブルからYOKAはスタートしました。棚や箱など、木製家具を中心に周辺アイテムが増えていくなか、2018年には鉄製品である鉄板と、焚き火台をリリース。そして2019年にはテントや、釣り竿も登場しました。徐々に製品の守備範囲を広げながらも、その中心はいつもブレることはありません。

それは使い勝手の良さ、高い耐久性、上質なデザイン

YOKAがあることで、休日が少しずつランクアップする。そんなプロダクトづくりを目指しています。

引用:https://yoka.co.jp/contents/about-yoka-3

2015年に旗揚げしたアウトドアブランドですね。

お恥ずかしながら、私は昨年までその名を知りませんでした。

しかし、昨年の12月頃、家でお酒を飲みながら、偶然見つけた無骨なワンポールテント。

「うわっ!めちゃくちゃかっこいい!」

・・・はい。一瞬で虜になりました。

それほど『インパクト』がありました。

なんというか無骨なんですが、無骨だけではない。

ある種のスタイリッシュさも混じっている感覚なのですよね。

あと色もいいんです。

『ああ。良いところついているな』って感覚です。(上からすいません)

さらには、YOKAの代表角田つのださんはYouTubeも運用しています。

その動画を通して製品のアイディアから試作品の紹介など、『視聴者と一緒にモノ作りをしているような感覚』を体験させてくれます。

とても面白い企画ですよ。

そんな『男前&スタイリッシュ』なYOKAさんの製品は、実はたくさんあります。

なので、今回はその中から個人的に『おすすめのアイテム』を紹介していきます。

それでは、紹介します。

① COOKING FIRE PIT 焚き火台+グリル+麻袋セット 

出典:YOKA

まずは焚き火台の紹介です。その名も『COOKING FIRE PIT

この商品は、はっきり言います。

非常に『重い』です。

重いです。重すぎです。

何が辛いって翌朝の撤収時ですよ。

灰をきれいにして、焚き火台を分解して洗い場に向かいます。

左右の指で全身鉄製の焚き火台を掴みながら『ヒィヒィ』水場へ。

これはもう『特訓』です。

なんか、昔テレビでアスリートがダンベルを左右の手で握りながら、浜辺をダッシュしている映像がありましたよね。

それです(笑)

ただ、そんな苦行を経験しながらも、必ずキャンプにはこの『焚き火台』を持っていきます。

なぜだと思います?

それは、無骨で男前で『カッコイイ』からです!

こちらのYouTube動画を見てください!デザインが『無骨』です。

もちろん『COOKING』の名の通り『ロストル』もついているので、料理もしやすいです。

しかし、それよりも何よりも、ただただ『カッコイイ』!!

それでよし!重くてよし。むしろ無骨。だから『男前』なんです。

あと、これも重要なんですが、他のキャンパーと『カブりません』。

私は九州在住なのですが、まあカブりません。

なので、たまに隣のキャンパーさんに声を掛けられます。

『その焚き火台かっこいいですね~!どこのですか?』

・・・その時の私の表情はご想像いただけるかと思います。(笑)

最後に以下が商品スペックになります。

【焚き火台】
組み立て時サイズ:W500 x D270 x H325 mm
収納サイズ:W500 x D270 x 40 mm
重さ:5kg
素材:鋼板 2mm
付属品:収納用麻袋
原産国:日本

【グリル】
サイズ:W500 x D230 x H6 mm
重さ:1.4kg
素材:鋼板 6mm
原産国:日本

②YOKA TIPI (ヨカ ティピ)

続きまして、YOKAのワンポールテント『YOKA TIPI』のご紹介です。

これが私が一目惚れしたテントです。ソロやデュオ用になります。

どうです。このかっこよさ。しびれませんか?

まず、テントに『白いライン』が入っているのわかりますか?テントの下側にぐるっとあります。

あれは『リフレクター』で夜は反射して、自分のテントがわかるそうなんです。

しかし、そんな機能よりもあの『デザイン』がカッコイイ!

テントが締まるというか。あのリフレクターがなければ正直『他でも見たことあるかな~』ってテントなんですが、(すみません。笑)

あのラインが入ることで、なぜかスタイリッシュなイメージが追加されます。

こういったセンスはYOKAさんにしかできないんですよね~。

あと『色』もいいんです!

出典:YOKA

『ダークカーキ』という色らしいです。

光の加減によって、ブラウン系やグリーン系に色が変わります。

もうカーキ好きにはたまらない!

更には『サイズ感』!

正直、このぐらいの『大きさ』が欲しかった。

私はバンドックのソロベースを持っているのですが、軍幕だと中に籠ってゆったりという『サイズ感』ではないのですよね。

その点、このYOKAティピはテントの中でゆっくりと出来る『広さ』です。

サイズは:W270㎝×D270㎝×H175㎝となっており、『テンマクのパンダTC』と同じぐらいの大きさです。(ちなみにパンダTCはW270㎝×D270㎝×H170㎝です。)

さらには『薪ストーブ』も使えます!

もちろん、換気には十分に注意が必要ですが、これも魅力の一つです。

ソロキャンプで、ゆったりと焚き火を眺めながら、寒くなったらテントに避難。

テントの中でも、薪ストーブの炎を眺めながら、お酒を飲みつつ、ゆったりと過ごす・・・。

もう、『最高の瞬間』です。

まだまだ凄い性能が・・・

実は、このテント『スカート』も付いています。また、入り口も2ヶ所あるのです。

『スカート』とは、外の冷たい冷気が、テントの中に入ってこないようにする生地のことです。

下の写真がスカートと、入り口を両方開けた場合です。

つまり、スカートが付いているので、ソロ用のテントとしては4シーズン使えますし、入り口が2ヶ所ありますので、タープのようにも使えます。

『カッコイイ!』だけじゃない、本当に『万能なテント』なんです。

更に詳細なイメージが知りたければ、こちらの動画をご覧ください。

| 商品詳細

商品名:TIPI(ティピ)
メーカー:YOKA/ヨカ
品番:75064
JAN:4582376521762
サイズ:W270cm x D270cm x H175cm
人数:2人用
本体素材:40Dリップストップナイロン(表面シリコン、裏面PUコーティング)
煙突部素材:シリコン+グラスファイバー防炎布(連続耐熱1000℃)
ポール素材:カーボン(高さ調節付き)
ペグ、インナー:付属しません
生産国:中国製
価格(税別):¥29,000-
スポンサーリンク

まとめ

YOKA

いかがだったでしょうか?

本日は『男前&スタイリッシュ』なYOKAの焚き火台とワンポールテントをご紹介しました。

普通のテントには無い『独特の無骨さ』をご理解頂けたでしょうか?

ちなみに、先日私の家にようやくこの『YOKAティピ』が到着しました。

もう、キャンプに行く日が、待ち遠しくて仕方ありません。

それでは楽しい冬キャンプを。

今回紹介した商品はコチラ

コメント