【断捨離しました】冬キャンプで最低限必要なアイテム【コスパ重視】

冬キャンプ

始めて冬キャンプに行く人
「今年こそ冬キャンプに挑戦しようと思っています。でも、何を準備したらいいのか分かりません。寒くて眠れない夜は過ごしたくないけど、あまり荷物も増やしたくない。なので、最低限必要なものだけ教えてください!」

こんにちは。

冬キャンプ専門サイト『冬キャンプ.com』を運営しているtatsuです。

本日は、冬キャンプで『最低限必要なアイテム』を紹介します。

冬キャンプで最も大切なこと。

それは、

寒さ対策』です。

しかし、初めての冬キャンプだと、何を揃えるべきかわかりませんし、できれば荷物も少なくしたい。

そんな悩みを抱えていませんか?

したがって、今回は寒さ対策ができる最低限必要なアイテム【コスパ重視】を紹介していきます。

※注意点

最低温度は-2℃前後を想定しています。(雪中キャンプは想定していません)

スポンサーリンク

【断捨離しました】冬キャンプで最低限必要なアイテム【コスパ重視】

最低限必要なアイテムリスト
  • テント
  • 電気カーペット
  • 銀マット
  • ラグ、ブランケット
  • マット
  • 3シーズンのシュラフ
  • 毛布人数分
  • 湯たんぽ
  • モコモコの靴下
  • カイロ

ポイントとしては、

必ず、電源サイトを利用し、電気カーペットを使うこと

これが最も『コスパが高い提案』です。

冬キャンプにおける寒さ対策とは

  1. 底冷え対策
  2. 寝床対策(シュラフ内の温度)
  3. 幕内温度対策(テント内の温度)
  4. 服装対策

この4つに分類されます。

電源サイトで電気カーペットを利用することは、「底冷え対策」「寝床対策」に対して有効な手段になります。

冬用シュラフはいるの?

冬用シュラフ

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、今回のリストでは冬用シュラフを記載しておりません。

3シーズン用のシュラフのみです。

「本当に大丈夫なの?」

「寒くないの?」

そう考える方も多いと思います。

ですが、

電源サイトで電気カーペットを利用すれば『3シーズンシュラフ』でも暖かく眠れます。

私は家族で冬キャンプに行く場合は、いつもこれで行きます。

もちろん、人数分の毛布も一応準備してください。寒さの体感は個人差がありますから。

ただ、私の子供たちは、いつも毛布を掛けると熱くて飛び出しています・・・。

結局、ここで

冬用シュラフを買わないことが、費用を抑える事に繋がります。

あとは、毛布ではなく3シーズンシュラフを2重にするという方法もありますよ。

詳しくはこちら。↓

冬用テントは必要?

冬用テント

こちらも、迷われる方が多いかと。

結論、

冬用テントは必要ありません。

なぜなら、3シーズンテントでも暖かく過ごせるからです。

テントの生地も、コットンやポリコットン素材の方が保温効果が増しますが、普通のポリエステルの生地でも問題なく過ごせます。

あとは、最低限のアイテムで行くなら、テントは出来るだけ小さいものがいいです。

なぜなら、テントが小さいと『早く』『簡単に』テント内を暖めることができるからです。

ただし、お持ちのテントが2ルームなどの大型テントであればストーブも必要

石油ストーブは火力を重視しましょう。

余裕があれば揃えたい

道具を揃えたい

もし、余裕があるなら、こちらもあると助かります。

  1. ガスストーブ
  2. 電気毛布

①ガスストーブ

手軽な暖房器具といえばガスストーブです。

「そうは言っても、暖房器具が無いと心配!」

という方にはうってつけです。

メリットは、価格の安さと手軽さ。

一方でデメリットは、テント内全体は暖めることが出来ない(手足などの部分的な暖房効果のみ)

ということです。

ただし、補助的な暖房としては使い勝手が非常にいいです。

そのため、1つあると重宝しますよ。

ガスストーブはこちらを参考に。↓

②電気毛布

こちらも余裕があれば揃えたいアイテム。

電気毛布はひざ掛けにもなりますし、電気カーペットの代わりに使うこともできます。

そして、ポータブル電源を購入すると、もう一つのメリットが。

実は、電源サイトのキャンプ場は限られるので、毎回同じキャンプ場だと飽きてしまいます。

そんな時に、ポータブル電源と電気毛布があれば、自分の好きなキャンプ場で冬キャンプができるのです。

Amazon ベストセラー1位
スポンサーリンク

冬キャンプの注意点

ここでは、冬キャンプの注意点を紹介したいと思います。

冬キャンプで注意することは2点です。

  1. 結露対策
  2. 一酸化炭素中毒の対策

①結露対策

結露

結露対策とは、

冬場はテント内部と外部の温度差で、テントの内側に水滴がたくさんつきます。なので、それをいかに防ぐのかということです。

多くの方がこの問題に対して

「結露が心配。何とかならないかな・・・」

と考えています。

しかし、結論としては

結露対策は必要ありません。

なぜなら、結露はその性質上、完璧に防げないからです。

心配であれば、こちらをご覧ください。結露対策の疑問にお答えしています。

②一酸化炭素中毒の対策

ガス対策

正直、こちらの方が重要です。

一酸化炭素とは、火を使う暖房器具が酸素が少ない状態で、不完全燃焼を起こすと発生します。

特徴は下記のとおりです。

  • 無味、無臭
  • 空気とほぼ同じ重さで強い毒性
  • 軽度の頭痛、吐き気等からはじまり、その後、昏倒、致命傷
  • 発生原因⇒酸素が少ない状況での不完全燃焼

これを防ぐためには、適度な換気をして空気を入れ替えることが大切ですが、それだけでは確実性がありません。

なので一酸化炭素チェッカーがあると安心です。もしもの時のために、準備しておきましょう。

ちなみに、

私は一酸化炭素中毒になりました。

どんな状況が危険なのか?

私の失敗を反面教師にして下さい。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は冬キャンプに初めて挑戦する方への『最低限必要なアイテム』を紹介しました。

もちろん、最低限なので、余裕があれば『石油ストーブ』も購入したいところ。

テント内でもっと快適なキャンプをしたいなら必要ですね。(もちろん無くても大丈夫です)

今回紹介したアイテムはコチラ

最低限必要なアイテムは分かりました。でも、やっぱり初めて冬キャンプに行くので、まだまだ心配だな・・・。

そう思う人はコチラ。

冬キャンプの完全マニュアルを作りました。不安なら参考にしてください。

ただし、完全マニュアルなのでとても長い文章です。少しづつお読みください。

それでは、楽しい冬キャンプを。

コメント