【激アツ】冬キャンプおすすめの暖房器具5選【結論:汗だくです】

焚き火

暖房器具を探している人

「来月、冬キャンプに行こうと思っています。だけど、寒さが心配…。どんな暖房器具を選べばいいのかな?おすすめの暖房器具を教えてください。」

こういった疑問にお答えします。

こんにちは!

冬キャンプ専門サイト『冬キャンプ.com』を運営しているtatsuです。

いきなりですが、

冬キャンプの暖房器具が欲しくても、何を買えばいいのかさっぱり分からない。

困ったお母さん

こんな悩みを抱えていませんか?

今回はそんなお悩みを解決するために冬キャンプにおすすめの暖房器具5選を紹介します。

ちなみに、

この記事を書いている私は、冬キャンプを1,000時間以上経験し、様々な暖房器具を試してきました。

そんな経験の中から、私が本当に必要だと感じた『暖房器具』を紹介しますね。

実際に試したからこそ分かる『注意点』も含めて解説します。

スポンサーリンク

【激アツ】冬キャンプおすすめの暖房器具5選

焚き火

①電気カーペット

まずは、電気カーペットです。

電気カーペットは『電源サイト』を使うことを前提としています。

電源サイトとは、家庭用のコンセントが使える区画サイトのことで、初めて冬キャンプに行くのであれば、絶対におすすめするサイトです。

この電源サイトで電気カーペットを使うと、地面からの『底冷え』を防ぐことができます。

地面からの底冷えは冬の大敵。

この底冷え対策を怠ると、寒くて眠れない夜を過ごすことに…。

私は初めての冬キャンプでこれを経験しました。

そのため、電気カーペットを使って、確実に冷気を遮断しましょう。

詳しい電源サイトの説明はこちらを。↓

電気カーペットは『敷き方』も大切です。

実は、野外で電気カーペットを使うためには、正しい敷き方と注意点があります。

ポイントは『空気のミルフィーユ』を作ること。

詳しくはこの記事をご覧ください。

②電気毛布

2つ目は、電気毛布です。

電気毛布は、どんな状況にも使える万能の暖房器具です。

テント内で過ごす際のひざ掛けにもなりますし、寝るときにシュラフに入れると、本当に暖かく寝れます。

また、価格も非常にお手頃なので、そこまでの負担になりません。

さらに、電気毛布は『電源サイト』だけでなく『ポータブル電源』でも利用できます。

ポータブル電源

実は、電気毛布に必要な電力はたったの40Wなので、ポータブル電源でも十分なのです。

これが、電気毛布のメリット

これによって、電源サイトを利用することなく『好きな場所』でキャンプができます。

電気毛布が最強な理由はこちら。↓

③石油ストーブ

続いては、石油ストーブになります。

石油ストーブはテントの中で暖かく過ごすために必須の暖房器具です。

実は冬キャンプでは、日が暮れると気温が下がりすぎるため、焚き火があっても外に居続けることが難しくなります。

そんな時に、ストーブがあるとテントの中で食事も出来ますし、子供たちとトランプなどで遊ぶこともできます。

子供達と遊べる

そのため、石油ストーブは冬キャンプに必須の暖房なのです。

ちなみにデメリットは、持ち運びの労力と価格ですね。

価格に関しては確かに値段が高いストーブもありますが、家でも使えるので、そのぶん電気代が抑えられます。

そのため、長い目で見れば十分に金額を回収できますよ。

実際に私はコレを家でも使っています。↓

お気に入りのギアミッションです。

興味がある方はこちらを。↓

もし、この機会にストーブを検討するなら、下の記事を参考にしてください。

実は、普通に石油ストーブを買うと

100%失敗します。

なぜなら、『畳数=テントの大きさ』では無いからです。

ん?どういうこと?

と思われる方はこちらを参考にして下さい。

一酸化炭素中毒には要注意

テントの中で火気を使用する際には、一酸化炭素中毒に注意しましょう。

一酸化炭素の特徴は下記のとおりです。

  • 無味、無臭
  • 空気とほぼ同じ重さで強い毒性
  • 軽度の頭痛、吐き気等からはじまり、その後、昏倒、致命傷
  • 発生原因⇒酸素が少ない状況での不完全燃焼

ちなみに、

私は『一酸化炭素中毒』になりました。

どんな状況が危険なのか?

私の事例を参考にしてください。

④ガスストーブ

4つ目は、ガスストーブです。

ガスストーブは、補助的な暖房器具として最適です。

ガスストーブのメリットは手軽さ。

一方で、

デメリットはテント全体を暖める火力が無いことです。

ですが、ガスストーブはピンポイントで手や足といった部位を暖めることに適しています。

実は、対流型の石油ストーブでは、テント内の空気を暖めることはできますが、手や足などを直接暖めることができません。

だから、ガスストーブが必要なのです。

価格も手頃なので1台あると重宝しますよ。

ガスストーブも種類は豊富。

特にアラジンガスストーブは大人気です。↓

⑤湯たんぽ

最後に、紹介するのは湯たんぽです。

『湯たんぽ』はカイロと同様に古典的ですが、実力は本物です

私はこれを寝る前にシュラフの中に入れて、シュラフを温めるために使っています。

寒い夜は、シュラフに入った瞬間から暖かいと快適ですよ。

また、湯たんぽ』を選ぶなら、絶対に直火OKなものを選んでください。(直火OK=ストーブの上でもOK)

なぜなら、湯たんぽを使うためにお湯を注ぐ作業が、一番手間がかかるからです。

ちなみに、私はこんな感じです。↓

もう少し詳しく湯たんぽのことが知りたいな…。

それならこちらの記事を。↓

スポンサーリンク

まとめ

みんなで焚き火

いかがでしたでしょうか?

今回は、『冬キャンプおすすめの暖房器具5選』を紹介しました。

最後にまとめると。

  1. 電気カーペット(電源サイト)
  2. 電気毛布(電源サイトorポータブル電源)
  3. 石油ストーブ
  4. ガスストーブ
  5. 湯たんぽ

上記の5点があれば、冬キャンプでも快適に過ごすことが出来ます。

でも、すべて揃えるとお金が…

そうですよね。

でしたら、まずは

『電気カーペット』『石油ストーブ』だけを購入する。

②その後、余裕ができた時に残りの暖房器具を検討する。

こちらが、良いかと。

電源サイトであれば、この2つの暖房器具さえあればなんとかなります。

ただし、人数分の毛布を持っていたり、ホッカイロや暖かい服装を準備するなど、十分に対策をしていきましょう。

それでは、楽しい冬キャンプを。

今回紹介した商品はコチラ

他に初心者が気をつけるポイントはあるのかな?

それならこちらを。

経験者の意見をまとめています。

コメント